日記

こともなし

晴。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第二番 BWV826 で、ピアノはクラウディオ・アラウ(NML)。Bach J.S: Works for Pianoアーティスト: Claudio Arrau,J.S. Bach出版社/メーカー: Polygram Int'l発売日: 2006/06/27メディア: CDこの商品を含むブロ…

参議院選挙雑感 / 小熊英二『日本社会のしくみ』

自分は今回の参議院選挙は木曜日に期日前投票を済ませていて、山本太郎の「れいわ新選組」に投票していた。なので、昨日夜はネットで開票速報を見たりツイッターを見たりしていて、ま、じつは Ruby の記事を読んでいる方が長かったりするのだが(笑)、つい…

こともなし

日曜日。曇。NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第三番 op.2-3 で、ピアノはスティーヴン・コヴァセヴィチ(NML、CD)。■バッハのフランス組曲第二番 BWV813 で、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル(NML、CD)。昼寝。珈琲工房ひぐち北一色…

こともなし

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのソナタ ニ短調 BWV964 で、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル(NML、CD)。編曲はバッハ自身によるものなのだろうな。かなりシンプルなトランスクリプションだが。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第十三番 op.138 で、演…

未熟さについて

雨。昼から県営プールに行くも、駐車場が入場規制で入れず。仕方がないので金華橋から鶯谷トンネルを通って帰ってきた。泳いでさっぱりしたかったのだが残念。世界が意味でがんじがらめになっている。ついに日本も全面的にそうなって、希望がどこにもない。…

こともなし

深夜起床。昨日から安藤礼二の『大拙』を読んでいるが、つまらなすぎて挫折。というか、頭のよくない自分にはむずかしすぎるのですな。青空を見たことのない人間が、膨大な文献と鋭い知性をもって「青空の本質」を理解しようとしているのが本書である。こう…

こともなし

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのソナタ ハ長調 BWV966 で、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル(NML、CD)。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第二番 op.2-2 で、ピアノはスティーヴン・コヴァセヴィチ(NML、CD)。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第十二…

土井隆義『「宿命」を生きる若者たち』

曇。 昨晩は澁澤龍彦を読んで寝た。午前中はぼーっとして二度寝してまたぼーっとしておしまい。山形さんが「ノマド」の現実的知見を我々に届けてくれたわけだが、そうするとモンゴル帝国がアジア全域を席巻した「戦争機械」だったというのも誤りなのだろうか…

『エリアーデ著作集第十三巻 宗教学と芸術』 / 『吉本隆明全集 16 1977-1979』

休日(海の日)。曇。 昨晩は吉本隆明全集を読んで寝た。シーモヌ・ヴェイユに関する小文(おそらく講演が元になっているのだろう)に感銘を受けた。吉本さんはのちに『甦るヴェイユ』という著作をまとめておられるが、もう中身は覚えていないので読み直して…

吉田秀和『カラヤン』

日曜日。曇。NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンの交響曲第一番 op.21 で、指揮はルネ・レイボヴィッツ、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(NML)。Beethoven: The Nine Symphonies, Vol. 1アーティスト: ルネ・レイボヴィッツ出版社/メーカー: Naxos Cla…

こともなし

曇。肉屋。自分のはてなアンテナに登録しているダイアリーはすべてはてなブログにインポートされ終ったようである。旧ダイアリーのリダイレクトも自動化されているのかな?雨。 AOJ をやっていた。

飯山陽『イスラム教の論理』

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのイタリア協奏曲 K.971 で、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル(NML)。コチシュが「(かわいそうに)リヒテルは一文なしで死んだ」と言っていて、本当かどうか知らないがそれが仮に正しいとして、どういうことなのかちょっと…

こともなし

曇。 昨晩は中沢さんの増補改訂版『アースダイバー』を読んで寝た。「東京下町」の章にささやかだが力のこもった吉本論があって感銘を受けた。旧版にはまったくないものである。中沢さんはこれまであちらこちらで吉本さんについて書いているが、その中でもこ…

長谷川四郎『長い長い板塀』 / 比佐篤『貨幣が語る ローマ帝国史』 / 野呂邦暢『随筆コレクション2 小さな町にて』

曇。 昨日は安永祖堂老師の新刊(?)を読んで寝た。老師は好んで文章を書かれる方ではないが、一本にまとめられたものを拝見するとやはりもっと書いていただきたいものだと思う。それにしても老師もかつてインターネットの匿名サイト(かつての「2ちゃんね…

こともなし

曇。 二度寝して合わせて 12時間くらい寝たが、意味があったと思う。電車でトンネルを抜けるとパラレルワールドといった一連の夢を続けて見た。世界の終りの夢でもあったと思う。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第二番 BWV826 で、ピアノはシェン・…

こともなし

曇。またよく寝た。寝すぎて危機感を覚えますね(←アホか)。昼から米屋。肉屋。 夕方、散歩。曇っているけれども、蒸し暑い。テキトー写真です。 いろいろとりとめもなく考えながら、たらたら歩いていた。早寝。

こともなし

日曜日。晴。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第三番 BWV827 で、ピアノはシェン・ユエン(NML、CD)寝た寝た、すごく寝た。気分すっきり。 暑い。車外は33, 34℃というのだから暑い筈である。 珈琲工房ひぐち北一色店。コーヒーチケット購入。長谷川…

津原泰水『11 eleven』

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第一番 BWV825 で、ピアノはシェン・ユエン(NML、CD)。■モーツァルトのピアノ・ソナタ第四番 K.282 で、ピアノはレオン・マッコウリー(NML、CD)。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第十一番 op.122 で、演…

深沢七郎未発表作品集『生きているのはひまつぶし』 / 伊藤比呂美『新訳 説経節』

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第五番 BWV829 で、ピアノはシェン・ユエン(NML、CD)。■ブラームスのスケルツォ 変ホ短調 op.4 で、ピアノはジャン・マルタン(NML、CD)。初めて聴く曲。 昼から県営プール。夏期半額。 参院選にあたって - …

こともなし

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第四番 BWV828 で、ピアノはシェン・ユエン(NML、CD)。■モーツァルトのピアノ・ソナタ第三番 K.281 で、ピアノはレオン・マッコウリー(NML、CD)。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第十番 op.118 で、演奏…

多和田葉子『雪の練習生』

曇。ちょっと PC をいじる。夕方、珈琲工房ひぐち北一色店。多和田葉子さんの小説の続き。残りを全部読んでしまうつもりだったが、真ん中の短篇を読み終えて終了。いま自分の頭がふやけているせいだろうが、じつに読みにくい。多和田さんが読みにくいとは聞…

こともなし

曇。NML で音楽を聴く。■モーツァルトのピアノ・ソナタ第三番 K.281 で、ピアノはレオン・マッコウリー(NML、CD)。昼寝。■バッハのパルティータ第一番 BWV825 で、ピアノは市川高嶺(NML)。演奏会のライブ録音であるが、冒頭のこの曲以外聴けなかった。さ…

こともなし

曇。 昨晩は小林秀雄全集を読んで寝た。わたしは今までいちばん読み返した本が小林秀雄全集というへんな人である。いまでは小林秀雄という人は大変に評判が悪いので、自分にももう古くさすぎるかなとか思いながら読み始めたが、たちまち惹き込まれてだいぶ読…

津野海太郎『最後の読書』

日曜日。雨。昼から雨の中、肉屋。寝ていた。起きたら夜だった。#NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第三番 BWV827 で、ピアノはシェン・ユエン(NML、CD)。自由を感じさせるバッハ。少しシェン・ユエンがわかってきた感じ。■モーツァルトのピアノ・…

水島治郎『ポピュリズムとは何か』

曇。 寝た寝た、10時間くらい寝た。へんな夢もいっぱい見た。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第二番 BWV826 で、ピアノはシェン・ユエン(NML、CD)。■ベートーヴェンの交響曲第七番 op.92 で、指揮はルネ・レイボヴィッツ、ロイヤル・フィルハーモ…

こともなし

曇。 昨晩は柴田宵曲を読んで寝る。「子規居士の周囲」を読み終えた。続けて読む。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第一番 BWV825 で、ピアノはシェン・ユエン(NML)。Bach, J.S.: Complete Partitasアーティスト: J.S. Bach出版社/メーカー: Piano…

鈴木大拙『一禅者の思索』

曇。 暴力とセックスと純情のハードボイルド冒険活劇を夢に見るというのは、オレの頭の中は相当にお花畑だな。どうなっておるのだ。精神分析学的「補償」かな?NML で音楽を聴く。■バッハのフランス組曲第三番 BWV814 で、ピアノはシェン・ユエン(NML、MP3 …

河合隼雄『私が語り伝えたかったこと』

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのイギリス組曲第四番 BWV809 で、ピアノはファブリツィオ・シオヴェッタ(NML、CD)。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第六番 op.101 で、演奏はフィッツウィリアム弦楽四重奏団(NML、CD)。そういえば昨日老父が見つけた…

BOOK OFF 江南赤童子店へ

晴。早起き。 昨晩は鈴木大拙を読んで寝た。とてもよい。自分は未熟で、いろいろ参考・勉強になる。少しわかるところもある。なお、大拙はあんまり若い頃のは(人にもよるけれど)あまりお勧めしない。まだまだ真の大拙じゃない時期もあるので。NML で音楽を…

「アジア人としての日本人」の終焉

曇。 昨晩は柴田宵曲を読んで寝た。これぞ不要不急の読書というべきだろう。ヘイトとフェイクニュースの時代に柴田宵曲を読む意味がどれほどあるかは知らない。明治は鎌倉時代なみに遠くなった気がする。NML で音楽を聴く。■バッハの組曲 変ホ長調 BWV819a …