岩城宏之『音の影』

晴。

ウチの裏にある木蓮の落ち葉を掃く。まだあと何回かやらねばならなそうだ。

社会正義を語るある文章をネットで読んでしまって、論調に納得できるところもあったが、全体としていやーな気分になる。いや、社会正義、立派だし、どういう動機でそれを語るのかはどうでもいいといわれるかも知れないが、自分の知力を見せつけたいという欲望が透けて見えて、なんだかなーとつい思ってしまう。社会正義、誰でも語ってしまえるし、また一方で、誰でも語る社会正義にロクなものはない、本をしっかり読んで知力の優れた人間が考えたものでないと、ものの役に立つものでない、という人もいて、いずれにせよいやーな感じ。そして、どちらにせよ、ここでわたしが書いているようなふんわりした文章は、百害あって一利なし、あるいは無意味という対応なんだよね。論理ってのは感情に比べれば雑であるがゆえに、その意味でわかりやすく確実だという点で、多くの人に届く。確かにそれはいいことだ。で、つまるところ、悪貨は良貨を駆逐する。ここでわたしがいっている「悪貨」と「良貨」が何を指しているかは、敢てここでは語らないことにする。

昼から県図書館へ行こうと思って準備をし、そこで図書館の HP を見たところ、長期閉館中だと知って当てが外れる。では、代わりに、というわけではないけれど、市の図書館も返却期限が近づいていたので、こちらを訪れる。特に読みたい本もないのだが、書架の間をぶらぶら歩いて、適当に何冊か借りる。小説でもと思ったのだが、膨大な量の中からどれを選んだらよいか、見当もつかない。ひさしぶりに綿矢りさ、それから新着にあった『李良枝セレクション』(白水社)を借りてみる。

茶店に寄って本を読もうかとも思ったのだが、憂鬱でめんどうくさく、帰宅する。インスタントコーヒー。


図書館から借りてきた、岩城宏之『音の影』(2004)読了。いやー、楽しいエッセイ集、一気に読むとかバカなことをしてしまった。指揮者・岩城宏之(1932-2006)さんの名前は、クラシック音楽好きでないと知らないかな? 本業の指揮以外に、軽いタッチの文章もうまく、かつて文庫本を何冊か読んだことがある。日本エッセイスト・クラブ賞も獲ったことがあるんですよ。わたしには、日本の現代音楽をたくさん初演した指揮者で、武満さんは信頼する指揮者として、小澤征爾と岩城さんの名前を挙げていた。メシアンも岩城さんを信用していたことは、本書の記述からよくわかります。岩城さんの楽しい本から、クラシック音楽に入るというのもとってもいいと思う。
 岩城さんの創立したオーケストラ・アンサンブル金沢がかつてよく名古屋に来ていたから、御存命のうちに聴きに行っておけばよかったのに。わたしは出不精で、いけないなあ。

「グッドナイト&グッドラック」(2005)を観る

曇だけれど、時々太陽もあらわれる。

スーパー。

長時間、昼寝。

どんよりと低く雲が垂れ込めている。
肉屋。豚ロースしゃぶしゃぶ肉×3。
ガソリンスタンド。

NML で音楽を聴く。■ベートーヴェン弦楽四重奏曲第二番 op.18-2 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NMLCD)。■フォーレのヴァイオリン・ソナタ第一番 op.13 で、ヴァイオリンは千葉清加、ピアノは上田晴子(NML)。なかなか伸びやかなヴァイオリンで、あ、いい曲だなと思わせるレヴェル。それに比べるとピアノは凡庸で、ちょっと気になった。

ハイドン交響曲第二十番 Hob.I:20 で、指揮は飯森範親、日本センチュリー交響楽団NML)。へー、飯森範親ハイドン交響曲全集を録音中かあ。 

夜。
U-NEXT で「グッドナイト&グッドラック」(2005)を観る。監督はジョージ・クルーニー。いつも楽しみに読んでいるブログ日記でちょっと前に言及されていて、調べてみたら配信終了が迫っていたので、この機会に観てみた。1950年代のアメリカで猛威をふるった「赤狩りマッカーシズム)」に抵抗し、その終焉を促した硬派なテレビ番組を題材にしている。映画としては終始緊迫感があり、少しもダレることなく観終わった。マッカーシー上院議員=悪、主人公のマロー=ヒーローという構図はゆるがず、そこに気の弱い同僚の自殺や、番組の打ち切りというエピソードを入れて、単純な勧善懲悪は回避しているという作り。敢てモノクロで撮ったというのは、雰囲気があるし、それから誰もがのべつまくなしに煙草をパカパカやっているのが印象的だった。
 最後、マローの演説で、エンターテイメントに侵されたテレビはクソっていうのでおしまいなんだが、それはさすがにどうなの、っていいたくなるところはあるよね。人間、マジメだけでは生きていけないから。しかし、敢ていってしまえば、現代日本を見ると、エンタメの大洪水で、「良質なマジメ」っていうのがどこにあるんだという、そういう気分にならないこともない。マジメな人間はいまでも腐るほどいて、それはそれで立派なのだけれど、「単純なマジメ」が多いような気もする。いや、例えば林達夫のような「複雑なマジメ」は、本当にむずかしいのだけれど。

坪内祐三『文庫本を狙え!』 / わたしたちの根源的なフェイクぶりと村上春樹

曇。

NML で音楽を聴く。■ベートーヴェン弦楽四重奏曲第三番 op.18-3 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML)。

 
モーツァルトクラリネット五重奏曲 K.581 で、クラリネットはザビーネ・マイヤー、ウィーン弦楽六重奏団(NML)。この曲が聴きたくなって、NML でいろんな録音の冒頭を試し聴きしていたのだが、ザビーネ・マイヤーのとろけるような音に抗し難かった。無名の演奏家のよいものを探していたのだが、メジャーレーベルの有名演奏家のになってしまいました。伴奏の弦楽四重奏ともよく溶け合っていて、素直で中庸を得た演奏であり、申し分がない。クラリネットと弦楽の録音バランス(クラリネットの音が小さいのが少なくない)も堅実で、そのへんもメジャーレーベルで安心なのかと。この曲、カール・ライスター+プラジャークQのコンビってのが NML にあるんだな。そのうち聴いてみるか。


ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。きなこリング+ブレンドコーヒー429円。ひさしぶりに近くのイオンモールのフードコートで本を読んだ。冬になって、窓から夕方の直射日光が入ってくる。
 坪内祐三文庫本を狙え!』の続きを読む。前に読んだのが 2022.3.11 か。随分放ったらかしにしておいたな。著者は雑誌のコラムにぴったりの人だったのかも、と、わたしは雑誌は全然読んでこなかったし、コラム本もあまり読まないのだが、そう思う。この本は坪内さんの比較的初期のものなのではないかと思うのだが、この頃の坪内さんは自慢話も少なく、悪くない。抽象的な超越性の弱さは感じるが、むしろ具体物、固有名詞に拘るところが坪内さんのよさだろう。それにしても、世紀が替わる頃の文章だが、その古くさいことといったら、わたしも古くさい人間だと痛感しているけれども、坪内さんの古くささはそんななまやさしいものじゃない。しかし、少なくとも本書では、その「古くささ」はちゃんと生きている、同時代を呼吸している。そこが、いまでも読ませる所以だろう。

 
帰りに金属団地を出るところで、道路に車の破砕片がちらばっていて、これはやったなと思ったら、どてっ腹がグシャグシャになった車が歩道に乗り上げていた。事故って間もない感じ。

坪内祐三文庫本を狙え!』読了。


夜。
村上春樹1Q84』の続きを読む。ものすごくおもしろい。まるでアニメのような薄っぺらさ、ウソだらけの、飛んでもないニセモノだ。すばらしいフェイクぶり。このことは意図的にアニメを見始めなければ、わたしには決して理解できなかっただろう。これこそが現代の「物語」なのだ。
 村上春樹の、あの独特な比喩、あれは何だろう。例えば、青豆が自分の裸を鏡で見ての内的独白。「陰毛は行進する歩兵部隊に踏みつけられた草むらみたいな生え方をしている。」こんなのは村上の小説に頻出して、幾らでも挙げることができる。わたしはこういう比喩にほとんど憎悪を覚えるのだが、それはどうしてだろう。自分でもよくわからない。そういう比喩を作る能力がないからの、嫉妬? いや、たぶんちがう。世の中には二種類の人間がいる。こういう比喩こそが「文学」であると思う人間と、その正反対の人間と。わたしはもちろん後者で、そしておそらく前者こそが、「文学」のわかる選ばれた人間なのだ。

いっておくが、わたしは村上春樹がフェイクだというのではない。フェイクなのは現代そのものだ。誤解なきよう。

こともなし

晴。
早く目覚めるも、二時間くらいふとんの中でうとうとする。

朝からヒヨドリがずっとキーキー鳴いている。

午前中、ごろごろうとうと。


ヨスガノソラ」(2010)第6話まで観る。原作はギャルゲーらしくHな描写が一部で有名な作品で、検索してみたら U-NEXT にあったので、観てみた(しかし U-NEXT、何でもあるな)。まず絵はきれい。話はわりとシリアスで、ギャルゲーってやったことないけれど、そんなものなのかな。中身0ってことはなくて、なんとか作品として観ていられるレヴェルではある。と、これ、マルチエンディングなのね、驚いた、さすがにゲームが原作というか。官能描写は、U-NEXT では規制が入っているせいもあるのか、これまで観た一葉、瑛ルートの限りでは(わたしには)別になんということもない。OP、EDはいいね。ED1のあとにギャグのショートアニメがあって、そのあとにED2(ももクロなんですね、これが)があるというのが変わっている。

しかし、オレの脳マジで腐ってるな…。

夜。
ヨスガノソラ」第12話(最終話)まで観る。奈緒、穹ルートは合わせて観ないと意味ないようになってる。ウワサどおり、穹ルートはかなりキてました。しかしこれ、一応ハッピーエンドということだけれど、ここまでやっておいてハッピーエンドってのは、ちょっとムリがあるような*1。なおこの作品、原作ファンは怒っているみたいだなあ。怒りをぶちまける文章をいくつか読んで、まあ何だかよくわからんけれども笑。全体として、B級アニメにも到達できなかった感じではあるが、楽しめたことは楽しめた。上にも書いたが、絵はきれいだし、OPはムダによい。

*1:後記。バッドエンド説もあるんだ。なるほど、湖で…

こともなし

日曜日。曇。

スーパー。

昼寝したり、ネットを見つつだらだらしたり。何か判で押したかのように同じ毎日。いや、「反復」こそが幸せなのだと、とあるえらい人がいっているな。

ウチのみかんを食う。
20221204155513
メシアンの「ハラウィ」

夜。
「鎌倉殿の13人」もいよいよラストスパートだな。来週は承久の乱、再来週最終回で、義時の死、かな。

早寝。

「ファンシイダンス」(1989)を観る

晴。
ここ数日、明け方に同じ夢を見続けている。そのせいか知らないが、寝坊気味だ。

今朝の新聞の訃報欄に、ドウス昌代さんの名を見かけた。ノンフィクション作家で、デビュー作の『東京ローズ』を随分昔に読んだことがあり、記憶に残っている。たぶん学生のとき、古本屋で買ったのではなかったか。『マッカーサーの二つの帽子』も、家のどこかにあると思う。2000年の『イサム・ノグチ』が代表作のようだ。

 
昼寝。

本でも買うかとカルコスへ。しかし何も買わず。ひさしぶりに近くの BOOKOFF でもと思っていたが、まあいいやという感じになって止める。
東の青空に半月がかかる。
 
20221203155917
今年の冬野菜はよくできているようだ。

弱ってきた樹からみかんをひとつ捥いできて食う。すっぱいかと思ったら、もう充分に甘い。売っている甘ったるいだけのみかんとはちがい、多少の酸味が鮮烈である。種あり。

NML で音楽を聴く。■バッハのピアノ協奏曲 ニ短調 BWV1052 で、ピアノはエレーヌ・グリモー、指揮はフローリアン・ドンダラー、ブレーメン・ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団NMLCD)。


スタノヴィッチの『心は遺伝子の論理で決まるのか』の続きを読んでいたが、(わたしには)バカバカしすぎて、半分(200ページ)くらいまで読んで挫折。わたしより遥に優秀な人が、何でこんな「雑な」思考しかできないのか。悪い意味で科学バカだな。

小倉紀蔵『弱いニーチェ』を読み始めるも、冒頭から中二病すぎて一瞬で挫折。ごめんなさい。

しかしおまえら、むずかしい本ばかり読んでいないで、下らないアニメでも観よとでもいいたくなるな。生きることのすべては下らないアニメの中にあるんだぜ。

夜。
U-NEXT で「ファンシイダンス」(1989)を観る。監督は周防正行。最高におもしろかった。岡野玲子による原作はもともととっても好きで、学生のとき、新装版を買って繰り返し読んだ傑作。この映画版は原作とだいぶちがうといえばちがうが、雰囲気というか、エッセンスはよく掴んでいて不満はない。原作はあの時代としては相当におしゃれだったが、映画の方は徹底してコメディにしてあって、これはこれでよかったと思う。そうそう、もっくん(本木雅弘)の俳優としての出世作でもあるよね(僕は俳優としてのもっくんの大ファンです)。あと、バブル期の風俗がなつかしい。

岡野玲子は『陰陽師』が大ヒットしたが、若い人はもはや『ファンシイダンス』を知らないだろうね。いまでは Kindle版しか生きていないんだな。

合理性は感情で基礎づけるしかない

晴。
昨晩は中沢さんを読んで寝る。

サッカーW杯、それほど興味はないが、ドイツ、スペインに勝ってグループリーグ一位通過とは、さすがに驚いた。へーって感じ。ゴールシーンの動画を見ただけだが、堂安の名前は覚えました笑。


第617回:『虚ろな革命家たち 連合赤軍 森恒夫の足跡をたどって』〜あの事件がこの国に残した呪縛。の巻(雨宮処凛) | マガジン9

一般国民は戦争を望みません。ソ連でも、イギリスでも、アメリカでも、そしてその点ではドイツでも、同じことです。政策を決めるのはその国の指導者です。……そして国民はつねに、その指導者のいいなりになるよう仕向けられます。国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。このやり方はどんな国でも有効ですよ。

ナチス・ドイツの幹部ヘルマン・ゲーリングの戦後の言葉だそうである。なるほど、このやり方は国家が存在する限り極めて有効だろう。現在のネットでもよく見かける。

昼から珈琲工房ひぐち北一色店。『武満徹著作集5』の続きを読む。武満さんの文章にはいつも(わたしのように才能のない人間は何だろう)という卑小な思いが湧いてくるのと、一方で強く鼓舞されるところがあるのだが、何者でもないわたしがいまさら鼓舞されたって…ということはどうしてもある。まあしかし、それでも元気が出るならよいことだ。この世に何も残さず、つまり「没蹤跡」(もっしょうせき、2022.8.3)というのは、人の基本的な生き方であろうと思うし、いや、そんなことをグダグダいっていること自体が執着ではないかとも思う。ま、この問題からはなかなか離れられないことだな、未熟者だからね。もう老年も遠くないのに、名誉心、名利の心、承認欲求というものを解体し尽くすのは、愚かなわたしには難事である。

 
肉屋。特別売出しで、いい肉が安かった。
いちょう通りの黄色く色づいたいちょうが、夕日に照らされてとても美しく、思わず声が出てしまった。

スタノヴィッチ『心は遺伝子の論理で決まるのか』の続きを読む。合理性合理性って、そら確かに、合理性は大事なのだが。しかし例えば、完全に合理的に思考した答えが、人類は滅んだ方がよい、という結果だったらどうすんのかね。いや、冗談ですけれども。そもそも、感情に惑わされない、完全に合理的な人間は、恋愛とかしない、できないよね。いや、冗談ですけれども。合理性も、ほどほどに。
 マジメにいうと、究極的な合理性というのはあり得ない。究極的に合理的な判断には絶対的な根拠が必要だが、そのような根拠は存在しないから。というか、そんな根拠は、「絶対唯一神」でも持ち出すしかない。逆に、そのような「絶対唯一神」を信じる人になら、究極的な合理性もあり得るだろう。ってのは初歩的な話だが。
 もうひとつ。合理性への信仰はまさに「信仰」であって、合理的なものではない。これも、初歩的な話。「絶対唯一神」を信じない限り、合理性の要求を合理的に基礎づけることはできないのだ。って、合理性はアカンっていってるわけじゃないよ。合理性は大事だけれど、あくまでもほどほどに。合理性は感情で基礎づけるしかないのだ。


夜。
NML で音楽を聴く。■マーラー交響曲第九番で、指揮はベルナルト・ハイティンクバイエルン放送交響楽団NML)。2011年12月の録音。ハイティンクは当時80歳を超えているが、たるみのようなものは一切感じられない。そして、誇張も一切ない。この曲の巨大さと異常さを、ただそのままに再現している。なのだけれど、第三楽章の途中から終楽章を終えるまで、とんでもないことになっているな。ひさしぶりに鳥肌が立つ感覚だった。

しかし、ヤンソンスが逝き、ハイティンクが逝き、小澤征爾はほとんど指揮ができなくなって、わたしの指揮者たちがいなくなってしまったな。何ともさみしいことである。