日野行介『原発再稼働』

雨。

行き詰まったとき、閉じていっているときは、劣等感や嫉妬心、シャーデンフロイデなどのネガティブな感情が、突破口になり得るのではないか。少なくとも、何も足がかりがないよりもマシだと思う。

D=G が「逃走線を引く」ということを言っていたけれど、味わい深い言葉だな。

生だけでなく、象徴としての「死」もまた重要だ。硬直化は、結晶化、ひとつの造形でもある。スタイルというものはつまりは「死」だ。生と死の循環は、個人の精神的レヴェルでも必須である。


昼から雨の中、ミスタードーナツ イオンモール扶桑ショップ。外気16℃。もっちりフルーツスティック シナモン+ブレンドコーヒー429円。
『コレクション瀧口修造7』の続き、一時間くらい、たくさんの展覧会批評を読み続ける。70年前の展覧会批評など、読んで意味あるのか?と思われるかも知れないが、わたしに限っては真剣に読む価値があるのだ。瀧口修造と現在は何がちがうか? それは、例えば瀧口の扱っているものは「芸術」「美術」であり、現在に存在しているのは「アート」である、といってみてもよいかも知れない。(ここでいう「アート」は、ひとつの象徴である。)瀧口の根本には、「芸術」の底にはつまるところ何らかの「感動」がある、という核心があるように思える。それはナイーブであろうが、そのようなやわらかい傷つきやすさ、感じやすさこそが感受性なのだ。アートに、そのようなヴァルネラビリティがあるだろうか? 知性による操作。目新しさ。そこには天使が不在なのである。

 

日野行介『原発再稼働』読了。承前。読んで感傷的になってしまった。以前半藤一利さんの『昭和史 1926-1945』を読んだとき、昭和の戦争において日本の為政者たちは、「起きては困ることは起きない」と信じ込んで戦争に深入りしていったことがはっきりと書いてあったが、(あれほどの原発事故があったのにもかかわらず、)いまでもそれがまったく変わっていないというのには愕然とさせられる。これが我々日本人の特質だと思わざるを得ない。皆よ、これは自分自身のことなのだ。我々も行政を進める立場になれば、ほとんどの人間がこうしてしまうのはまちがいない。これが日本の「国策」の姿なのだ。いけないこととはわかっていつつ、かかる「国策」に流されていき、辻褄を合わせるために、隠蔽し、国民にウソをつく。そして、仕方がないことで、自分にはどうしようもないと思い込む。我々なら、ほとんど誰でもきっとこうするのだ、これが日本人だ。

あー、くさくさする。夜は下らないアニメでも観て現実逃避しよう。


夜。
ホリミヤ」第9話まで観る。尊すぎて死亡💀
原作者の HEROさんは女性なのかな。まあ偏見かも知れないけれど、何かそんな感じがする。宮村くんがフェアリーのよう。一方で、堀さんの造形は地に足がついているというか。登場人物にやたらと美少年が多いし、そもそも宮村くんが、地味なメガネ君なのが、メガネを取ると超イケメンだとかね。

こともなし

曇。
これまでと同じ服だと肌寒い。この秋初めて長袖にした。

NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第三番 BWV827 で、ピアノはエレノア・バインドマン(NMLCD)。

スーパー。外気温18℃で寒い筈だ。
 
俳優や有名料理店店主、学生による性加害 〜逮捕や「謹慎」がどこか「運次第」「空気次第」という現実にモヤる | 連載コラム | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス
時代がちがうとはいえ、自分の過去の言動にゾッとする。わたしの頭は古かった。また、幸いにして性犯罪を犯したことはなかったけれど、若くて性欲が強かったときは、ほんと性犯罪を犯していてもおかしくなかったと思うし。いまの男女の関係が昔とはちがう世の中だと、男性の性欲を抑える薬のようなものがあるとよいのではないかと真剣に思う。若い男性で自分の性欲に苦しむ人は結構いるのではないか。

昼寝。家の壁の下の方だったかに、ちらちらと小さな火が着く夢を見る。夢で「火のエレメント」とは、何か危険な感じがする。

(市の)図書館。入り口のところで、県図書館の利用者カードが作れるというキャンペーンをやっていた。通りがかったら勧められたので、「あ、カードもってます」といったら、「ありがとうございます」っていわれた。そんなに県図書館の利用者が少ないのかな。
 本日借りた本。新着で伊波普猷『孤島苦の琉球史』。その他、町田康の『しらふで生きる』。スーザン・ソンタグの『イン・アメリカ』これは小説。あとは、伊藤比呂美さんの詩集、若山牧水随筆集、といったところ。
 新着コーナーはわくわくするんだけど、他の書架を見て回っていると鬱々してくる。

ごろごろだらだら。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第五番 op.10-1 で、ピアノはスティーヴン・コヴァセヴィチ(NMLCD)。■ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第五番 op.24 で、ヴァイオリンはユーディ・メニューイン、ピアノはヘプツィバ・メニューインNMLMP3 DL)。メニューイン兄妹、とてもいいな。「スプリング・ソナタ」は通俗曲だけれど、僕は好きだ。

夜。
寒くて暖房を入れる。

こともなし

曇。

日野行介『原発再稼働』を読み始める。第一部読了。あれだけの世紀の大事故があったのだから、わたしは原発政策は当然、原発のメリットとデメリットをしっかり考えてなされねばいけないと素朴に思っていたのだが、大事故があろうが、原発推進という「国策」は立ち止まって考えられることもなく、いちどもブレたことがなかったのがよくわかる。つまるところ、原子力規制委員会というのも、始めから原発再稼働のために設置されたのだった。第一部では、更田委員長を半ばワナに嵌めてそのウソを暴露するという厳しい追求により、原子力規制委員会と電力会社のズブズブの(内密の)協力関係を浮き彫りにしている。
 いつも同じ、結局、そうなっちゃうんだ。ちょっと主語が大きいかも知れないが、我々日本人の特性(徳性?)というものを、つらつら考えさせられる、そうせざるを得ない。別に更田委員長だけがクソなのではない。我々は、自分たちがいかにクソか、己がいかにまともに考えることができないか、自分の問題として、よく認識すべきであろう、少なくともそれからだ、すべては。もう、大事故のことをもすっかり忘れてしまったしな。

 
昼から県営プール。九月は一度も泳いでなかったな。
肉屋。2000円以上買ったら、国産豚モモカツ2個をサービスでくれた。キャンペーン中ってことね。

近所にあった大きな桜の樹が切られていた。毎年咲くとカメラを向けていた、よい桜だったのだが。どこでも大きな樹は手入れが厄介で邪魔ものなので、仕方がないのだけれども。


NML で音楽を聴く。■モーツァルトのピアノ協奏曲第二十五番 K.503 で、ピアノと指揮はゲザ・アンダ、カメラータ・ザルツブルクNMLCD)。よい。■ラフマニノフのチェロ・ソナタ op.19 で、チェロはマイケ・ラーデマーケルス、ピアノはマタイス・フェルスホール(NMLMP3 DL)。先日聴いたショスタコーヴィチのチェロ・ソナタがすばらしかったので、こちらも聴いてみた。ロシアの大作曲家の、比較的マイナーな室内楽曲をカップリングした意欲的なアルバムで、高いレヴェルの演奏を聴かせてくれる、なかなか稀なそれである。わたしがこの曲を聴くのはたぶん初めてで、何だ40分もあるのかよと正直聴く前は思ったのだが、演奏が充実していたので、あっという間に聴き終えた。マイナーレーベルで、また(恐らく)有名な演奏家たちではないのだろうけれど、そういうのにもよいアルバムがあるという、証拠になっていると思う。

 

夜。
ホリミヤ」(2021)第5話まで観る。あー、こういうのめっちゃ好きだ、どストライク。たまらん。
堀さんと宮村くんのカップル、尊すぎて萌え死にそう笑。しかし我ながらキモすぎるおっさんで草。

こともなし

曇。

午前中は何をしてたっけ。

細野晴臣『Mercuric Dance』(1985)を聴く。天才って言葉は使っちゃいけないんだけれど、細野さん、天才だな。いまや誰も聴かないアルバム、になっているのか? 日本という国は、武満徹細野晴臣を生んだのだった。

 
鈴木大拙の「肘は逆に曲がらない」、わかった気もするのだが、さてどういうもんだか。

夕方、電動草刈り機で草を刈る。涼しくなったので助かる。
わたしの誕生記念樹として畑に入れたみかん、夏みかん、金柑に随分と枯れ枝が出てきて、さみしい。柑橘類の寿命は50年くらいという。まあ、これも諸行無常だな。

ロールズの社会は「地獄」なのか?(読書メモ:『<責任>という虚構』) - 道徳的動物日記
この人の「社会正義」好きはわかった。わたしは小坂井氏は知らないけれど、ブログ主は小坂井氏が「社会正義」を腐すのに、強烈にむかついているのがよくわかる。
それから。

人間には「対等願望」や「承認欲求」と共に、自分の能力を発揮して他人から抜き出た人間になりたいという「優越願望」が生得的・生物学的に備わっているというフランシス・フクヤマの議論のほうにわたしは同意する。

「『優越願望』が生得的・生物学的に備わっている」というのは、いまのところ生物学的に証明されたわけではないでしょう。これは科学的でないと思う。それから、人に「優越願望」があるということは、「劣等感」もまたあるということだ。たぶんブログ主は「自分の能力の優越性」を強く確信しているという幸せな人で、あまり「劣等感」に苛まれたことがないのだろうな(憶測です)。少なくとも、「劣等感」しかないような人間の苦しさがわかっていれば、書けないようなエントリに思える。つまりは、「強者の論理」に見えてしまうということだ。ま、「強者の論理」で何が悪い、っていわれれば、別に悪くはないんですけれども。
 財の配分を個人の「能力」によって「公正に」定めるということは、もちろん劣位の人間も(また優位な人間も)、一生それを可視化されて生きるということだ。それはいわば「公正な身分制社会」に近い。そこに現れる感情の劇は、劣位者には「地獄」のようなものかも知れない。


夜。
「魔女の旅々」第12話(最終話)まで観る。お、おう、第9話、グロかった…。全体として、まずまずってところ?

本作の評価をいろいろ見てみたのだが、皆さん、思ったよりずっと高評価が多くて、ちょっと意外だった。一話完結型だけれど、正直いって話はどれも薄っぺらかったと思う。とにかく絵はきれいだった。でもまあ、最後まで観られたわけだしな。

こともなし

曇。
昨晩は遅くまで「青ブタ」つまみ食いして観ていた。オレ、よっぽどこのアニメ好きなんやなー。脳みそが中高生レヴェル。劇場版も観返したいのだけれど、トラウマ展開すぎてまだ一度もしたことない。

午前中は睡眠の後始末でおしまい。
朝、本を読んだり音楽を聴いたりして心を汚染するか、よく迷う。

昼食はコメダ珈琲店各務原那加住吉店にて。ミックストースト+ブレンドコーヒー。カツパンも半分食べたので、これはもうお腹いっぱい。
スーパー。昼どきは客が少ないな。

岸田文雄は池田勇人の夢を見るか または 職務給の見果てぬ夢: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳)
もしこれが現実になるなら、日本人の働き方の一大転換点になるというわけだが…。社会のあり方にも大きな影響を及ぼさずにはいないだろう。日本型雇用の終焉、か。

長時間、昼寝。


日没前、30分あまり散歩。もう暗い。






無意識を涵養する。無意味な平凡写真。
用水の水が流れなくなった。

夜。
「魔女の旅々」第7話まで観る。

日野行介『原発再稼働』(集英社新書)をネット注文する。
玄侑さんの『祈りの作法』を再読し始める。玄侑さんの3.11。

梅田孝太『ショーペンハウアー』 / ボリス・ヴィアン『北京の秋』

日曜日。晴。

NML で音楽を聴く。■エセル・スマイス(1858-1944)の弦楽四重奏曲 ホ短調で、演奏はヴィリアーズ四重奏団(NML)。まったり。

中世ドイツのミンネゼンガーの歌
 
長時間、昼寝。
お八つにとっても甘い和菓子を。運動していないのに、いけないよ。

ヴォーン・ウィリアムズ弦楽四重奏曲第二番で、演奏はティペット四重奏団(NML)。

String Quartets 1 & 2

String Quartets 1 & 2

Amazon
 

梅田孝太『ショーペンハウアー』読了。講談社「現代新書100」の一冊。ショーペンハウアーの哲学は比較的わかりやすく、しかも基本的に納得できて、生きていく上で役に立つ、よい哲学だ。本書は100ページあまりでコンパクトに纏まった、読みやすいよいショーペンハウアー入門書としてお勧めできる。主著『意志と表象としての世界』をまとめて、驚くほど短く抽出してあるが、実際これだけ理解しておけばとりあえずは充分なのかな。ショーペンハウアーの哲学は、根本的にはカントの超越論的観念論であり、そこに盲目的な「意志」というものを導入して、最終的に「意志の否定」を目指すことになる。わたしの考えをちょっと述べさせてもらえば、意志というものはいわば「機械的」で、消滅させることはできないと(わたしは)考えるので、ショーペンハウアーのいう「意志の否定」はムリだと思うが、「意志」を「欲望」と読み替えれば、新たなパースペクティブが広がってくるだろう。なお、フロイト的な「欲望」は、ショーペンハウアー哲学に影響を受けているのだと思う。
 晩年の『パレルガ・ウント・パラリーポメナ』(『余録と補遺』)について、一章を割いて言及してあるのもよい。実際に多くの読者が触れるショーペンハウアーは、主著よりもむしろこちらの方だろう。日本でも『読書について』『幸福について』『自殺について』などという題で、出版され、多くの読者を得ている。個人的なことをいうと、わたしが古典を読み始めた最初の頃に、岩波文庫の斎藤忍随訳の『読書について』を読んで、とても印象的だったのを覚えている。翻訳もすばらしかった。いまから思っても、若い人の読むとよい最良の哲学エッセイのひとつであろう。

 

図書館から借りてきた、ボリス・ヴィアン『北京の秋』読了。野崎歓訳。

 

夜。
「鎌倉殿の13人」を観る。これまで屈指の緊張感の漲っていた回。これで時政は伊豆に隠棲することになり、義時が執権になった。これからは、承久の乱へ一直線ということになるのか、どうなのか。実朝の暗殺はいつだっけ?

「魔女の旅々」第5話まで観る。題名で検索したとき検索ワードに「鬱」とか「グロ」とか出てきてギョッとしたが、なるほどそれほどではないけれど、確かにちょっとビターな回もあるな。魔法使いの少女が箒に乗って世界をあちこち旅するという、旅先のエピソード一話完結型なのね。絵がきれい。

『吉本隆明 没後10年、激動の時代に思考し続けるために』

晴。

大垣。
ミスタードーナツ大垣ショップ。ホット・スイーツパイ りんご+ブレンドコーヒー404円。『イリノイ遠景近景』の続き。軽くて明るいエッセイ集だと思っていたら、それだけではなかった、「ギヴ・ミー・シェルター」の章など。ナチス・ドイツ下で、ユダヤ人の子供としてと、ドイツ軍の少年兵、さらにはヒトラー・ユーゲントの一員としてとの二つの矛盾する生を送った、少年の話とか。彼は戦後、イスラエルに渡って生きるのだが、ヒトラー・ユーゲントとしてナチス・ドイツを愛した自分も、確実に存在すると、講演ではっきりと述べたそうだ。わたしには、そういうことを述べるのはひどく勇気が要るように思えるのだが、やはり、真実を伝えるべきという「静かな正義」の感覚が常識に近いのだろうか。わたしには、かかる「静かな正義」の感覚が日本人には乏しいように思える、よくはわからないが。日本人の「正義」は、あるとしても、なんかうるさい感じがする、これも、よくわからないが。わたしなんかには、正義の感覚は薄いのだろうと思うし、むしろ正義というものに警戒感すらあるわけで。

 

夜。
ブラタモリ」今日は「深海」がテーマで、何をやるのかと思っていたのだが、おもしろかった。原初の地球は表面がすべて海だったわけだが、そこに大陸というものができた最新理論つーのは知らなかったな。それから、JAMSTECのしんかい6500、僕も乗ってみたい笑。僕が科学少年だった頃は、まだしんかい2000だったと思う。日本の深海探査能力って、すごかったんだぜ。いまはどうなのかな。
 調べてみたら、しんかい2000って、「機械遺産」というのに認定されているんだってさ。いまは新江ノ島水族館で見られるのだそう。


河出書房新社の『吉本隆明 没後10年、激動の時代に思考し続けるために』をだいたい読んだ。いまの人では小田原のどかさん、あとは竹内好鮎川信夫鶴見俊輔あたりの吉本論がよかった。他はおおよそ、吉本隆明という人の「音色」を捉えていないように思われる。思想家・吉本隆明の文章は、へんなことをいうようだが、あまりに抽象的に読みすぎてはいけないのだ。吉本さんは、観念の空中楼閣を建設して喜んでいる「思想家」ではなかった。吉本さんの「観念」は、吉本さんの「庶民としての日常生活」と連続している。むずかしいのが好きな人は、その「庶民」とは何か、どう定義されるのか、とか例えばいいたくなるだろうが、よくも悪くも吉本さんはそういう人にあまり向いていないと思う。吉本さんの中では、すべてが、日常の一挙一投足と思想が、繋がっているのだ。いわばその「関係性の総体」において、吉本さんは読まれねばならない。ま、わたしにそれができているかというと、まだまだ全然なんだけどね。
 わたしは吉本さんの全集で、何ということもない、ささやかな短文をたくさん読んでみることをお勧めしたい。吉本さんにおいてはすべてが繋がっているのだから、比較的わかりやすい断片的文章から、むずかしい思想書へ辿っていく道もあるのだ。そこが、ふつうの思想家(?)とはちょっとちがうところである。

 

NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンピアノ三重奏曲第七番 op.97 で、ヴァイオリンはユーディ・メニューイン、チェロはモーリス・ジャンドロン、ピアノはヘプツィバ・メニューインNML)。すばらしい。特に全体をリードする、ヘプツィバ・メニューインのピアノが生き生きとしている。