写真

最果タヒ『きみの言い訳は最高の芸術』

曇。蒸し暑い。中沢さんを読んで昼寝。 バカになりすぎて困る。反省する。カルコス。ちくま学芸文庫×2と最果タヒさんのエッセイ集を購入。ウチのアジサイとブーゲンビリア。 最果タヒ『きみの言い訳は最高の芸術』読了。エッセイ集。きみの言い訳は最高の芸…

「SPY×FAMILY」を読む

晴。クリーニング屋。スーパー。ウチの山椒の実が、少しだけ採れた。 昼寝してごろごろしていたら夕方。 TSUTAYA へ行く。ここ、そのうちきっと潰れるな。いまはサブスクの時代だからね。 『SPY×FAMILY』第8巻(レンタル最新巻)まで読む。いまアニメ版が人…

家族で朝日遺跡、海津木曽三川公園へ / 中村雄二郎&上野千鶴子『<人間>を超えて』

晴。いい天気。もう暑くなってくる前では最後くらいかと、家族で意味もなく遊びに行ってきました。まずは愛知県清須市の、あいち朝日遺跡ミュージアムへ。ここは道路工事の際に広大な弥生遺跡が見つかり、発掘されたところで、その「朝日遺跡」は東海地方最…

さわやかな日和

晴。きれいな青い空。 再び受験して、東大に入る夢を見る。わたしは若くて、なぜかフェミニンな感じ。自己採点してみると、国語(だったかな)と生物学がよくできていたらしい(現実の自分は、高校で生物学は履修していない)。そのあと、東京(なのだろうな…

こともなし

日曜日。曇。老父がビワの実を大量に採ったので、またコンポートを作る。昨日ウチで撮った写真。昔はそれほど虫は好きでなかったのだけれど、随分と好きになった。身近にいるので、特にチョウが好きだ。家の中のクモや、またゴキブリでさえも、積極的に殺そ…

岐阜・柳ケ瀬散歩

晴。英文学者の川端康雄さんが、『オーウェル「一九八四年」 ディストピアを生き抜くために』という本を出されたことが、新聞の読書欄に載っていた。図書館には入っていないようである。スーパー。#さわやかな天気なので、昼から岐阜市中心部の柳ケ瀬あたり…

宇野重規『民主主義のつくり方』

曇。午前中、何をしたっけ。何かぼーっとしてた。昼食後、新しい冷蔵庫がやって来た。前より小さいので、ビン類など、収納するのに少し考えねばならなかった。 ミスタードーナツ イオンモール扶桑ショップ。エンゼルクリーム+ブレンドコーヒー429円。宇野重…

こともなし

日曜日。晴。スーパー。とりあえず西洋に限った話をする。個性的な文体をもった書き手が少なくなったような気がする。いま、西洋人で個性的な文体をもった人って、誰ですか? 教えてもらいたいのだけれど。文は人なり、という言葉があるが、どういうことかわ…

性の暴力性・女性原理

曇。「月曜日のたわわ」を人々はどう見るか/田中辰雄 - SYNODOS データ分析。若い人たち、さすがに冷静なんだな。ちょっと意外だったのだが、当たり前といえばそうか。頼もしい話である。 ちなみに、この問題に関するわたしのスタンスは分析の選択肢になかっ…

河合隼雄&中沢新一『仏教が好き!』

日曜日。晴。午前中、ごろごろ。昼寝。 河合隼雄&中沢新一『仏教が好き!』(2003)再読了。後半を読んだ。仏教が好き!作者:河合 隼雄,中沢 新一朝日新聞社Amazon河合先生が脳梗塞で倒れられたのは 2006年か。そして先生は、目を覚まされることなく 2007年…

こともなし

晴。 早起き。NML で音楽を聴く。■バッハのヴァイオリン協奏曲 ホ長調 BWV1042 で、ヴァイオリンはダニエル・ホープ、ヨーロッパ室内管弦楽団(NML、MP3 DL)。■武満徹の「ノスタルジア」で、ヴァイオリンはダニエル・ホープ、指揮はウィリアム・ボートン、…

家族で滋賀(野洲・近江八幡)へ日帰り

いい季節のうちに滋賀まで行こうということで、家族で遊んできました。天気はあまりよくないという予報。いつものごとく東海北陸自動車道、名神高速を使い、滋賀県蒲生スマートICで降りる。家から二時間くらいで、まずは野洲の苗村(なむら)神社へ。苗村神…

こともなし

日曜日。晴。結婚してない、子供いない、仕事で自己実現できていない中年はどう生きるべきなのか シロクマ先生の「ロボットやアリとして『現代人らしく生きる』ということ」というブログエントリで知った増田*1。増田はまさにタイトルどおりの中身で、シロク…

古松崇志『草原の制覇 大モンゴルまで』 / 岐阜市民会館で落語

祝日(こどもの日)。晴。 夢。犯罪的行為による自己犠牲。古松崇志『草原の制覇 大モンゴルまで』読了。岩波新書「シリーズ 中国の歴史」第三巻となる。北方遊牧騎馬民族史。いままでと視点がちがうので、画期的といえばそうだが、なかなかむずかしいな。中…

こともなし

日曜日。雨。今日も肌寒い。スーパー。ごろごろ。雨の中、珈琲工房ひぐち北一色店。『コレクション瀧口修造2』「16の横顔」を読み始める。本は特に何も読みたくないが、瀧口修造なら読めるかと思ってもっていった。ピエール・ロワという画家はまったく知らな…

タルコフスキーの「惑星ソラリス」

曇。スーパー。 今年の初もの。ウチのイチゴ、何とか絶えずに残っている。露地ものだ。あらゆるコミュニケーションは侵襲であるがゆえに暴力的である。危険というものから徹底して遠ざけられて育てられるいまの若い人たちは、コミュニケーションの暴力性に耐…

河合隼雄『明恵 夢を生きる』

雨。 六時ころ目覚めるが、一時間ほど布団の中。いろいろ夢を見たが、覚えているのは友人と Rogue で遊ぶ夢。Rogue は延々とダンジョンを下りていくゲームで、そういう意味があるのだろうかと思ったり。そもそも、ダンジョンというのが夢的である。雨あがる…

オウィディウス『悲しみの歌 / 黒海からの手紙』

晴。暑いくらい。こういうものがあるべきだと思っていたものを得た感じ。あらゆる手持ちのカードを使い、できるだけのことをしても、待つしかないということはあるものだとつくづく思う。心を強く持たねばならぬということはやはりある。それにしても、当た…

こともなし

晴。午前中、ごろごろ。回復してきた感じ。そのときに応じて適切にどうすべきかというのが、まだまだわかっていないな。散歩。平凡写真。 ウチの牡丹。 ウチの椿。 用水に水が入った。早寝。九時くらいに寝る。明日から一泊の家族旅行に行ってきます。

こともなし

曇。 朝起きると、意識の底の方がゴミ溜になっていて、その中にいるのを感じる。ネット中心の暮らしで、ネットのノイズを大量に吸収・消化しようとしているわけだが。こんなことをして、何かしら意味があるのかとも思うけれども。昨晩は暑くて窓を開けて寝た…

現代詩文庫『天野忠詩集』

晴。NML で音楽を聴く。■ブリテンの無伴奏チェロ組曲第二番 op.80 で、チェロはピーター・ウィスペルウェイ(NML、CD)。このアルバムは名盤といえるだろうな。どこに一流の演奏家がいるかは、わからないものだな。■ベートーヴェンの創作主題による三十二の…

名古屋市美術館で「ゴッホ展」

晴。暑いくらいの天気だ。名古屋市美術館へ、ひとりで「ゴッホ展」を見に行く。時間予約制なので、10:30の入場開始時間に間に合うよう、九時頃に家を出る。国道22号を使い、高速には乗らない。少し早めに着く。 建物は黒川紀章の代表作ともいう。さて、「ゴ…

妹一家来訪

晴。名古屋市美術館での「ゴッホ展」の事前予約チケットをオンライン購入する。とてもいい天気なので、桜を見がてら散歩する。 ウチのチューリップ。 ウチの桜。 ウチの桜。 小さな橋を悠然と歩いている。 以下、高田橋の桜。 あまり人がいなくて、よく見ら…

千葉雅也『現代思想入門』

曇。花曇りというべきか。午前中、カルコス。千葉雅也さんの新書本新刊を探しにいき、首尾よくゲット。この人は若い世代(わたしよりはという意味だが笑)の中では、なかなかもののよくわかった人。他に棚を見ていたら、河合隼雄先生のエラノス会議講演録が…

正宗白鳥『白鳥随筆』 / 松浦理英子『最愛の子ども』

晴。昼食に焼きうどんを作る。新境川堤の桜が満開だというので出かけてみたら、渋滞で近づけない。皆んな、考えることは同じだ。子供たちは春休みだしな。仕方がないので途中で道を折れて、反対方向の珈琲工房ひぐち北一色店へ。講談社文芸文庫の『白鳥随筆…

こともなし

晴。 朝起きたらまた老母の体調悪し。いつもの、原因不明の高熱が丸一日出るパターン。洗濯。 桜が昨日にまして咲いている。いい天気だ。NML で音楽を聴く。■スカルラッティのソナタ K.87, K.1, K.193, K.386 で、ピアノはクララ・ハスキル(NML)。ころころ…

こともなし

日曜日。晴。ウチの桜。一分咲きくらい。 木蓮。 桜と木蓮が咲くと、本格的に春だという感じ。曇。スーパー。ノイズを吸収。『装飾と犯罪』の続きを読む。 エドマンド・フィニスの弦楽四重奏曲第一番&第二番 フィニスの「センター・イズ・エヴリホエア」夕…

こともなし

曇。不穏な天気。 よく寝た。十時間くらいか。ブラームスのワルツ No.15 は誰でも知っているだろう。No.6, No.14 が好きだ。ブラームスはわたしの中心に近い感じがする。 トゥオネラの白鳥 バッハのリュート作品雨。 七つのバガテル 十一つのバガテル メトネ…

こともなし

曇。眠たいなか朦朧としながら数独ソルバーの続きを書いていたが、区切りがついて少し転がっていたら、昼過ぎに付き物が落ちた感じがある。もうこれで、憑かれたようにプログラミングをやっていたのはたぶん一段落した。ウクライナの戦争が始まってからだか…

小林信彦『生還』

祝日(春分の日)。曇。NML で音楽を聴く。■モーツァルトのクラリネット五重奏曲 K.581 で、クラリネットはザビーネ・マイヤー、ウィーン弦楽六重奏団(NML)。モーツァルト:クラリネット五重奏曲、ホルン五重奏曲アーティスト:マイヤー(ザビーネ)ワーナーミ…