Thinkpad Edge 11 2545RW4 落手 / F・ヴェデキント『春のめざめ』

日曜日。晴。

NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第一番 BWV1002 で、ヴァイオリンはヒラリー・ハーンNMLCD)。■ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲第七番 op.108 で、演奏はボロディン四重奏団(NMLCD)。さほど長くはないが印象的な曲である。次の第八番と対になっていると考えてよいのかな。■ドビュッシーの「英雄の子守歌」、「アルバムのページ(負傷者の服のための小品)」、「エレジー」、「燃える炭火に照らされた夕べ」で、ピアノはタンギ・ド・ヴィリアンクール(NMLCD)。ドビュッシーのあまり耳にしないピアノ曲たち。

何だか今日はいろいろあった。まず Linux Mint を 19 にアップグレードしたら、プリンタが使えなくなった(参照)。いろいろやってみたのだがダメで、ドライバが古くなったのかと思ったのだが、某サイトによると system-config-printer のバグらしい。それもよくわからないのだが。

いづれにせよこれではいけないので、といっても自分はプリンタはほとんど使わないからいいのだが、母の PC ではそうはいかない。なので、母の PC の Mint 19 を Timeshift で 18.2 に戻す。これでプリンタが使えるようになったのを確認した。それにしても既に何回も Timeshift のお世話になっているなあ。メモリをバカ喰いするのだけ難点だが、Linux をメインマシンとして使っている者には非常に便利である。


それから、風呂に入っているときにオモチャが到着。じつはミニノートPC が欲しくなって、このところヤフオクをウォッチしていたのだが、昨日落札したのです。えらく早く届いたな。機種は LenovoThinkpad Edge 11 2545RW4 で、11.6インチ(1366×768)のミニノート。2011年の発売だから、まだ Windows XP の時代かな? 大まかなスペック。CPU は AMD Athlon (tm) ll Neo K345 Dual 1.40GHz で、これは一応 2コアである。メモリは 4GB に増設、内蔵HDD は 320GB、OS は Windows 10 + Office、ACアダプタ電源ケーブル付きという、自分のおおよその期待をみたしていたので買いました。落札価格は 11,600 円即決で落としたのですが、高いと見るか安いと見るか。ヤフオクを眺めていたところでは、ミニノートとしてはかなりいい条件だと思います。

自分はじつは Windows 10 は消してしまって Linux を入れるつもりだったのですが、回りが「Windows は残しておいたら」というので、Linux とのデュアルブートにしてみることにしました(システムが UEFI じゃなくてよく知った MBR だったので、ちょっと助かった。UEFI は新しいのだが、結構扱いが面倒)。下は Windows 10。
20181021210351
Windows 10 は Cドライブが 100GB で、Dドライブにはシステムのバックアップがあるだけで 200GB あったので、ここに Ubuntu Budgie 18.04 LTS を入れるつもり。いま、Gparted で Dドライブを分割し、swap 領域(8GB)と Budgie を入れるパーティションを作成しているところ。何か領域のコピーをしていて一時間以上かかるみたいなので、いまこれを書いているという次第。(PM10:22)

インストール終了。Windows 10 と Ubuntu Budgie 18.04 が共に立ち上がることを確認した。ひととおり設定やカスタマイズもおこなった。Budgie の画面はこんな感じ。
20181022015543
深夜になってしまったので Ruby のインストールなどは明日だな。(AM02:00)


F・ヴェデキント『春のめざめ』読了。酒寄進一訳。新訳である。どうも岩波文庫旧訳は読んでいないようだ。読み始めると、現代日本語の若者言葉やくだけた表現をふんだんに取り入れた凝った翻訳であることがわかる。「〜じゃん」「ヤバイ」「イケメン」「マジ」「ヘタレ」等々。かつては本書を一種のポルノグラフィとして読んだ年長世代もあったらしいが、いまではまあ何ということはない。しかし本戯曲はその内容ゆえ、書かれてから初演まで十五年もかかったらしい。本書はもちろんポルノグラフィではなくて、一種の風俗批評というか、偽善打破的な効果を狙ったものであろう。ここでは大人たちは性を隠蔽して子どもたちに事実を伝えない態度し終始し、子供たちとの和解がなされる場面は一切ない。それゆえに、子供たちは却って道をあやまっていくことになる。だから、本書は「性の解放」なるムーブメントの先駆けであったのだろうか?
 しかし、PTAママ的な偽善は、現在でも猛威を奮っているのではなかろうか。我々の世代なのか知らないが、例えばキズナアイちゃんのかわいさそのものに勝手にセクシュアルなものを過剰に読み込んで糾弾した愚か者たちのような人種は、ますます増えているように思われる。しかし、わざわざそんなことをしなくたって、いまの若い人たち(特に男性)は性的に充分淡白である。性はもちろん幻想と深く関わりがあるが、子供のときから性的な幻想の氾濫の中にいるのだ、もはや幻想のドライブは弱いのである。キズナアイちゃんを叩いたって、逆効果というものです。それにまったく、コンビニからエロ本を撤去してどうするというのだ。バカものたちよ。

春のめざめ (岩波文庫)

春のめざめ (岩波文庫)

いまや男性は性的な幻想をすぐに消費してしまい、内圧を下げるのはいとも簡単なことだが、自分にはでは女性はどうなのかわからない。AV に出る女性たち、コスプレをする女性たち、はたまた乱立する女性アイドルたちは、そのような幻想の「生産者」として、どういう気持ちでいるのだろうか。自分は、不思議な時代に生きていると思わざるを得ない。(AM02:40)

フランツ・キュモン『ミトラの密儀』

晴。いい天気だな。

NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第一番 BWV1001 で、ヴァイオリンはヒラリー・ハーンNML)。

Plays Bach: Violin Sonata

Plays Bach: Violin Sonata

ダウランドの「ラ・バターリャ」、ファンタジア 29、ファンタジア 41、前奏曲 15r、ファンタジア 67v、ファンシー、前奏曲 27r、ファンタジア 16r、ファンタジア 65v、ファンタジア 19、「シュザンヌはある日」、前奏曲 24v、「わが夫人の別れ」で、リュートはマイク・フェントロス(NMLCD)。素朴でなかなかいい。■平尾貴四男のフルート・ソナチネ上田真樹の「抒情小組曲」、「献呈」で、フルートは北川森央、ピアノは碓井俊樹(NMLCD)。何てことない曲たちなのだけれど、自分は日本人なのだなあと思う。■ブリテン無伴奏チェロ組曲第二番 op.80 で、チェロはアレクサンドル・ラム(NMLCD)。ブリテンは好ましい。

■バッハのフランス組曲第四番 BWV815、第二番 BWV813、第三番 BWV814 で、ピアノは岡田美和(NMLCD)。この岡田美和のフランス組曲はどこか好ましいのだよなあ。そんなにすごい演奏というわけではないけれども、これまでよく聴いてきた。まさにこの曲集の僕のイメージに近い演奏なのである。■ブラームスのピアノ協奏曲第二番 op.83 で、ピアノはスティーヴン・コヴァセヴィチ、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団NMLCD)。ピアノとオーケストラが渾然一体となった深い名演。コヴァセヴィチのピアノはすばらしい深さをもっていて、カッコいいブラームスだ。サヴァリッシュの指揮もこの曲にふさわしいよい出来。サヴァリッシュというのはこんなによい指揮者だったのだな。これまで聴いたこの曲の演奏のなかでも、特筆すべきそれであると思う。

グールドはコヴァセヴィチに演奏会で弾くことを止めるように忠告したということだが、グールドは何を感じていたのだろうね。もちろんよいピアニストだと思っていたからこそ、そんなことを言ったのだろう。コヴァセヴィチは男性的なというか、男らしいピアノを弾くひとだと思う。印象的な深さをもっていて、もはやいまではこのような音楽家はほとんどいない。

曇った。寒くなってきたなあ。
ガソリンスタンドで給油。いまガソリン高いのだね。


フランツ・キュモン『ミトラの密儀』読了。小川英雄訳。文庫版解説によれば、キュモンは十九世紀から二十世紀始めに活躍した宗教史家、古典学者で、そのミスラ(ミトラ)研究はとても有名なものらしい。本書もいまや古典的な位置づけにある学術書であるという。ミスラ教は古代ペルシアの宗教で、かつてはローマ帝国においてキリスト教と派を争った有力な宗教であったために、西洋の本を読んでいるとよく出てくる。「背教者」ユリアヌス帝が信仰したことでも知られていよう。自分はさほどの知識がなかったので、本書はなかなかおもしろく読んだ。何ゆえミスラ教が衰退し、キリスト教が勝利したかという理由は、結構な難問であるようで、本書でもはっきりした答えは書いていない。それから、ミスラ教にはキリスト教の「聖書」に当たる存在がない。というか、今日まで文献がきわめて少ないようだ。なので、それほどまでに有力であったのに、後世ではその教義すらおぼろげであるということになっている。まあそんなだ。本書は大著から結論部を転用増補したもので、一般人が読んでもおもしろく読める本になっていると思う。

ミトラの密儀 (ちくま学芸文庫)

ミトラの密儀 (ちくま学芸文庫)

回復してきた

晴。
何とかしんどいところから抜けられたようだ。結構大変だった。基本が大事。

NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏チェロ組曲第三番 BWV1009 で、チェロは毛利伯郎(NMLCD)。■ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲第六番 op.101 で、演奏はボロディン四重奏団(NMLCD)。■ドビュッシーのヴァイオリン・ソナタ ト短調で、ヴァイオリンはイザベル・ファウスト、ピアノはアレクサンドル・メルニコフ(NML)。いい演奏だな。

Les Trois Sonates

Les Trois Sonates

ダウランド前奏曲、ファンタジア、「主よ、私はあなたの慈悲に期待した」で、リュートはマイク・フェントロス(NML)。
To Dowland or Not to Dowland

To Dowland or Not to Dowland

 

 

NEC LaVie M LM750/ES6W の Ubuntu 18.04 LTS を 18.10 へアップグレードする。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo do-release-upgrade

 
にわか雨。
ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。ホット・スイーツパイ りんごとカスタード+ブレンドコーヒー486円。文庫本のキュモン『ミトラの密儀』を読む。あまり頭に入ってこなかったが、まあこれもリハビリだ。太陽が低くなってきたので、フードコートのテーブルのところまで日が差し込んでくる。

ハイドン交響曲第九十一番 Hob.I:91 で、演奏はフランス・ブリュッヘン18世紀オーケストラNML)。

Haydn;Symphonies 90, 91, 92

Haydn;Symphonies 90, 91, 92

 

ThinkPad T410i の外付けHDD に入れていた Ubuntu 18.04 LTS を 18.10 にアップグレード。よく考えてみたら Ubuntu 18.10 が二つあっても仕方がないので、LaVie に入れていた方を元に戻すことにする。こちらには Timeshift が入っているので、Windows の「復元ポイント」みたいにシステムを過去の時点に戻せるのだ。しかし、ディストリビューションのダウングレードまで出来るのだろうか、というわけでやってみたところ、見事に 18.04 LTS に戻った。こういうことが出来るのは Linux がシンプルなシステムになっているからであろう。これで LaVie の方は LTS(二年間サポートされる長期サポートバージョン)として使うことにする。以前もそうしていたのだったな。

ThinkPadUbuntu Budgie も 18.04 LTS のままでいくことにする。これはデスクトップのカスタマイズが気に入った風にできたので、変えたくないということもあるし、それにちょっと考えていることもある。ThinkPad のデフォルトで立ち上がる Xubuntu も 18.04 LTS だな。あとは短期でアップグレードさせるつもりだ。それから、Ubuntu MATE が ThinkPad の内蔵HDD に入っているのだが、これがあんまり気に入っていなくて使っていないので、何かに替えるか。ここのパーティションに Budgie を入れればよかったのにな。

こともなし

晴。
何にも持たず、インターネットからも孤絶して、森の中で孤独に修行したい気分。いや、そういう気分というだけです。

早朝、検査のため母を病院へ送っていく。

珈琲工房ひぐち北一色店にて昼食。オムカレーセットうまかった。
医療器具販売店。米屋。肉屋。


何もしたくないのだけれど、とりあえずプログラミングでも。

直径ABの円とAの地点に点Pがある。直径(線分)ABが円に沿って等速で一回転する間に点PもAからBへ等速で移動する。このときの点Pの軌跡を書きなさい。

こともなし

晴。

午前中、図書館。
モスバーガーのドライブスルーで昼食。

NML で音楽を聴く。■バッハの「聖霊はわれらの弱きを助けたもう」BWV226 で、指揮はハワード・アーマン、バイエルン放送合唱団(NMLCD)。■ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲第五番 op.92 で、演奏はボロディン四重奏団(NMLCD)。この冥い音楽に心底慰められる。人類の終わりのための長篇詩などというものを夢想するが、その背後に流れているのはこんな音楽なのかも知れない。


気が滅入り気味なので Ruby で遊ぶ。
obelisk.hatenablog.com

堀江敏幸『オールドレンズの神のもとで』

曇。
早起き。

NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏チェロ組曲第二番 BWV1008 で、チェロは毛利伯郎(NMLCD)。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第七番 op.10-3 で、ピアノは園田高弘NMLCD)。園田高弘がすばらしいと思うのってもちろん僕だけじゃないと思うのだが、それにしても何で皆んな聴かないのかね。これこそ正統なベートーヴェンなのに、「生真面目」で片付けていいのかな。「音楽評論家」って何だろう。■ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲第四番 op.83 で、演奏はボロディン四重奏団(NMLCD)。■バッハの「主に向かって新しき歌をうたえ」BWV225 で、指揮はハワード・アーマン、バイエルン放送合唱団(NML)。すばらしいな。

Motetten

Motetten

ブリテンの「冬の言葉 」op.52 で、テノールはエリック・リーガー、ピアノは J・J・ペンナ(NMLCD)。ブリテンはホント好ましい。■ヤナーチェクカプリッチョ「挑戦」で、ピアノはアンドラーシュ・シフ、他(NMLCD)。


昼から県営プール。めずらしく西洋人の男がひとりで泳いでいた。今日は全体としては結構人がいた。自販機にポカリスエットがなくなって、アクエリアスにするしかなくなったのは残念。泳いだあとにスポーツドリンクを飲むのは、暑い日に冷えたビールを飲む以上の快感である。なお、泳いで消費したであろうカロリーは、これで相殺です。別に泳いで痩せようとかまったく思っていないので。

夕食後、寝てしまう。深夜起床。


図書館から借りてきた、堀江敏幸『オールドレンズの神のもとで』読了。短篇集。この人の文章はなかなかすばらしいものであるが、小説にせよエッセイにせよ、どこか作り物めいた感じがしてそれがどうしても気になってしまう。別に作り物で何がいけないのだといわれればそうなのだが、著者の文章は自然なさり気なさとでもいうべきものを指向しているように自分には思われるので、そんな風に感じられるのかも知れない。何というか、NHK の地域発ドラマの断片でも見ているかのようだ。といったところで、本書には少なくとも二篇、幻想小説めいた短篇が収録されてるが、これはおもしろく読んだ。意外と著者と幻想小説は、相性がよいのではないか。少なくとも自分は、著者はリアリズムの人ではないと思っている。

オールドレンズの神のもとで

オールドレンズの神のもとで

 
ブラームス交響曲第四番 op.98 で、指揮はズービン・メータ、イスラエルフィルハーモニー管弦楽団NMLMP3 Download)。ライブ録音であるから、よほど評判がよかったのだろうか。こういうのがいいという人がいるのはわかるが、申し訳ないけれども許し難く凡庸といわざるを得ない。先日聴いたコバケンの方がずっとよかったことを申し添えておこう。■コルンゴルトピアノ三重奏曲 op.1 で、演奏はボザール・トリオ(NML)。コルンゴルトとツェムリンスキーのピアノ・トリオを収めた、意欲的な一枚。この選曲では、つい聴きたくなってしまうではないか。特にコルンゴルトは気になっている音楽家。マイナー・ポエットのおもしろさがいっぱいに詰まっている。
コルンゴルト:ピアノ三重奏曲

コルンゴルト:ピアノ三重奏曲