pha『ひきこもらない』

晴。


モーツァルトのピアノ・ソナタ第十八番 K.576 で、ピアノはフリードリヒ・グルダ。これはすばらしい。これまで聴いた中で、この曲の最高の演奏だと思う。音楽の喜びに満ち溢れている。また装飾音の生きていることといったら! 他の凡庸なピアニストたちはグルダを聴いて拳々服膺するとよい。もう、録音状態が悪いのが残念でたまらない。


バッハのピアノ協奏曲第四番 BWV1055 で、ピアノはシプリアン・カツァリス、指揮は Yoon Kuk Lee。好演。

昼から図書館。ミスタードーナツ バロー各務原中央ショップ。ポン・デ・リングブレンドコーヒー。ここは明後日で閉店なので、たぶん今日が最後。粗品(?)でかわいい弁当箱をもらった。どうしようか知らん。pha さんを読む。おもしろいな。pha さんは自分と全然ちがうのだけれど、ブログも愛読している。いまの時代とシンクロしているひとりだろう。才能があるなあ。

pha さんもたまたま書いておられたけれど、あまり混雑していなくて落ち着ける店っていうのは、つまりは流行っていないということだな。なかなかうまくいかないものである。


図書館から借りてきた、pha『ひきこもらない』読了。pha さんは本当に文章がうまい。そしてどの文章も、いまの時代の最先端とゆるやかにシンクロしている。pha さんについては少し紹介が必要だろうか。ネットをよく見ている人なら知っているだろうが、pha さんは以前は「日本一のニート」などと呼ばれることもあった。二〇代で会社を辞め、そこから色いろふらふらしながらシェアハウスを作り、その自由な生き方が注目されて有名になった人である。でいいですかね?(笑) いまは本を書いたりまあ何だかしたりで自活しておられるから、「ニート」というのはおかしい。最近の pha さんのツイートでは「仕事しすぎ」みたいなのがあったくらい。以前はよく pha さんのブログのコメント欄に、そんな生き方をして将来どうするのだとか、色いろお説教を書く人が絶えなかった。pha さんの活動(?)は、「ふつうの人」のような生き方ができない、社会をいわば「ドロップアウト」するしかない人間がいることを世に知らしめてきたと思う。そういう人間だって生きていていいし、楽しくすら生きられるということを示したのだ。本書を読んでいると、お金があまりなくとも、考え方次第でこんなに人生楽しめるのだということに驚かされる。本当にささいなことで人は楽しめるものなのだ。これは「悟りの道」ではないかとすら思ってしまう(笑)。まあそんなことを言わなくても、いまの息苦しい世界を楽しめるものにするという、無限の叡智が詰まった、本書はそういう本である。
 それにしても pha さんの筆の力はすごくて、本書の「冬とカモメとフィッシュマンズ」と「京都には世界の全てがあった」の二つの文章を読みながら、涙を抑えるのが大変だった。どちらも既にネットで読んでいるのだが、再読してまた感動させられてしまった。pha さんはいまは東京に住んでおられるが、大学生活は京都で、この二つの文章はそれに関係している。付記しておけば僕も大学は京都で、pha さんは僕よりちょうど一〇歳年下の後輩ということになる。pha さんからヘミングウェイを孫引きしよう。「もしきみが幸運にも / 青年時代にパリに住んだとすれば / きみが残りの人生をどこで過ごそうとも / パリはきみについてまわる / なぜならパリは / 移動祝祭日だからだ」(福田陸太郎訳)。まさしく pha さんにとっても僕にとっても京都は、ヘミングウェイの言った「移動祝祭日」だったのだ。pha さんも僕も、拙いささやかな青春時代をそこで送ったのであり、おそらくそこから出たとき、我々の青春時代は終ったのだと思う。

ひきこもらない

ひきこもらない

世界の名著『プロティノス / ポルピュリオス / プロクロス』

雨。


バッハのフランス組曲第一番 BWV812 で、ピアノはマレイ・ペライア。この曲のピアノによる演奏の選択肢があまりない。リヒテルは録音していないしグールドのは聴きすぎた。シフは手癖があってイヤ。で色いろつまみ食いすると、結局ペライアかなと。CD だとガヴリーロフなんかもいいのだけれど。ペライアも、じつをいうと装飾音は気になるので、できればない方がうれしかったのだが。結局オリジナルよりよくなることはないという。

フランス組曲第二番も色いろ聴いたのだけれど、どの動画も全部途中で切れているのだもの。何故?

自分にはさほど興味がないことなのだが、いまの日本は失業率は驚異的に低いけれど、どうしてこんなに賃金が安いのか、ちょっと疑問に思ってしまう。リフレ派の経済学者たちは「そのうち上がるよ」といってあまり関心をもっていないようだが。まあ「そのうちに」上がるかもしれないけれど、とにかくいまの若い人たちがオーストラリアや中国で働くようになりつつあるのは事実だ。日本よりはるかに余裕があるから。そんなに楽観視できることなのだろうか。いずれにせよ、自分などにはよくわからないことだし、どうしようもないことではあるけれど。


『エネアデス』(抄訳)を読み終えた。論文集であるから抄訳でもいいのかも知れないが、全訳も読んでみたいものである。訳文のレヴェルは高いのではないか。ただ、有名な「流出」(ラテン語でエマナティオ)はこの訳書だと何に当たるのだろうか。気をつけていたつもりだが、よくわからなかった。

世界の名著『プロティノス / ポルピュリオス / プロクロス』読了。頑張って読みました。まあ、読んだだけですけれど。読み終えたあとに田中美知太郎氏他による解説を読んだが、これは役に立った。索引を見ると、「発出(流出)」の語は本抄訳版では一箇所以外、ほとんど出てこないようである。プロティノスはエジプト人という説もあるが、彼の活躍する主要な舞台はローマである。三世紀のひと。49歳から執筆活動を始め、66歳で病を得て(癩病だったともいう)死んだと伝えられる。著作の内容について自分が語るべきことはない。この抄訳か全集版かどちらかで、もう一度読み直したいものである。たんなる哲学者というには、あまりにも中身が詰っている感じ。プロクロスもおもしろいのだが、この人は哲学者のイメージを外れることはない。ただ、プロティノスを「神秘主義者」の一言で片付けてしまうわけにもいかない。井筒先生の『神秘哲学』を読み返したい。

世界の名著 15 プロティノス・ポルピュリオス・プロクロス (15)(中公バックス)

世界の名著 15 プロティノス・ポルピュリオス・プロクロス (15)(中公バックス)

こともなし

日曜日。雨。
寝坊。寝過ぎ。

何かだらだら。

墓銘。呉茂一訳。

大いに飲みまた大いに啖(くら)い、さてまた
    大いに他人(ひと)の悪口を
 吐(つ)いたあげく、此処に、わし、ロドスの人
    ティーモクレオーンは眠る。

ちよつぴり啖(くら)い、ちよつぴり飲み、
  さて大いに病気をしたあげく、
 やつとこさと、だがとうとう私も死んじまつた、
  みなも一緒にくたばるがよい。

有名な「テルモピュライなるスパルタ人の墓銘に」。

行く人よ、
ラケダイモンの国びとに
ゆき伝えてよ、
 
この里に
御身らが  言(こと)のまにまに
われら死にきと。

ギリシア・ローマ抒情詩選―花冠 (岩波文庫)

ギリシア・ローマ抒情詩選―花冠 (岩波文庫)

テオクリトス『牧歌』

雨。


アルヴォ・ペルトの「Vier Leichte Tanzstücke」で、ピアノはイェローン・ヴァン・ヴェーン。


バルトークのヴァイオリン協奏曲第一番+アンコールで、ヴァイオリンは諏訪内晶子、指揮はイヴァン・フィッシャー。

昼から仕事。

図書館から借りてきた、テオクリトス『牧歌』読了。古澤ゆう子訳。後世引用されて知っている詩句が結構あった。それから、また澁澤龍彦晩年のエッセイを思い出した。『サド侯爵 あるいは城と牢獄』の中に「呉茂一さんの翻訳について」という題の短いエッセイがあって、そこにテオクリトスの「まじないをする女、シマイタ」一篇について書かれている。この詩には十回繰り返される呪文があるのだが、これは恋を成就させるための呪文なのだった。呉茂一によるその訳を澁澤から孫引きしておこう。「ありすい車、くるくると手繰り寄せろよ、あの男を、わたしの家へ」。軽妙な訳で、今回読んだ学術的な訳書では、さすがにこのようなものではない。この「ありすい車」(ユンクス)についても、澁澤龍彦は別のエッセイでこれを考証している。澁澤というのは、じつにおもしろい人だったな。

テオクリトス 牧歌 (西洋古典叢書)

テオクリトス 牧歌 (西洋古典叢書)

サド侯爵 あるいは城と牢獄 (河出文庫)

サド侯爵 あるいは城と牢獄 (河出文庫)

呉茂一さんは西洋古典学の往年の大先生で、自分などは呼び捨てにするのはとても気が引けるのだが、流れでこうなってしまった。昔の岩波文庫ホメロスは呉茂一先生の訳で読めたのだけれど、岩波文庫はいまでは新訳に替えてしまっている。澁澤のいうとおり、呉先生の「趣味的な」翻訳は、好まない人が多かったのだろう。そうだな、呉先生による古典詩の翻訳でも読んで寝るか。
ギリシア・ローマ抒情詩選―花冠 (岩波文庫)

ギリシア・ローマ抒情詩選―花冠 (岩波文庫)

こともなし

晴。


シューベルト弦楽四重奏曲第十三番 D804 で、演奏はハーゲンQ。これはまた随分と皆んな若い頃のハーゲンQだ。この曲、終楽章は長調だったのだな。いわゆる「ロザムンデ」四重奏曲。


ショパンスケルツォ第一番 op.20 で、ピアノは小林愛実ショパン・コンクール予選での演奏。この人、いま世界の若手人気ピアニストの平均と比べると、多少技術の切れ味が劣るのがあまりにも惜しい。音色がちょっと地味だし(音色は技術に大きく左右される)。でも、ホントにユニークで才能のあるピアニストだな。子供の頃から世界中にファンがいるくらいで、それも当然だと思う。どこか地道なレーベルが契約して、色いろ録音させるといいのに。でも、いまの時代ではこういうピアニストはどうしても埋もれがちかもな…。

自分のツイッターは自分と意見が近いひとも遠いひとも両方とも少なからずフォローしているのだが、自分はパヨクだけれども、いわゆる「リベラル」っぽい人たちの劣化ぶりには絶望したくなる。特に、いまでも「アベノミクスはまちがっている」とか言っている人たち…。どうしてこういう人たちは、勉強もせずに自分のよく知らない概念についてもっともらしいことを言って勝手に納得しているのだろうか*1。数字とかグラフの使い方もめちゃくちゃで、いかにも数字を挙げて説得的に見せてはいるのだが、お話にならないのである。もちろんこういう愚かしい意見のどこがまちがっているか、丁寧に説明しているツイートもたくさんあるのだが、そもそも彼ら彼女らはそういう人たちをフォローしていないし、だいたい思うのだが、どうも人は自分とはちがう意見だとそれだけで内容が頭に入らないのですね。つまり、自分に近い意見だけ読んでいるという。それに、自分の実感そのものは結構であり、それがファクトのひとつであることは当然だが、またファクトのひとつにすぎないことも明白だ。自分の実感は大切だけれども、それですべてを切ることはできないのである。
 きちんと勉強する。論理的に考える。これだけのことだが、これがじつにむずかしい。特に、いまのような「専門家の時代」になると。正しく判断するには、専門家並の能力が必要とされてしまうので、まあ実際にはそれはホントにむずかしい。せめて、自分とは異なる意見のひともフォローするとか、そういうことをしないとただの困ったひとになってしまう。これは自戒でもあるが。

ツイッターは頑張って見ているのだが、もうやめた方がいい気もする。あまりにもダメージが大きい。坂本龍一さんはかなり昔からツイッターをやっておられたが、もうやめたそうだ。自分も見ていると、時間を食われるし精神の健康によくないし、何で皆んなこうツイッターをやっているのかとつい思ってしまう。まあ、もう少し頑張りますが。

しかし思うが、意見のちがう人を説得するとか、まず不可能なことではないか。たいていの人は、どうしても説得させられざるを得ない事態に陥ると、むかついたり、怒り出したりするくらいである。これは自分を省みてもそう思う。「事実」なんか、何の役にも立たないのかも知れない。


これまでほとんど興味がなかったので書かなかったが、ついでなので書いておこう。いわゆる「加計学園問題」についてである。これは pro 安倍と con 安倍で主張のボタンが掛けちがっている。con 安倍の方の主張は、安倍首相が加計学園理事長と友達なので、おそらく獣医学部新設に安倍首相の「意向」が働いていたにちがいない、これは不正だ*2というものである。それに対し、pro 安倍の方の主張は、そのようなことはあり得るはずがないものだし、そのような(con 安倍側の)主張は推測にすぎず、証明のできない「言いがかり」にすぎない、というものである。僕がこの問題に興味がないのは、まあそもそも自分にはどうでもいいことだからであるが、とにかくこの問題がにっちもさっちもいかないからでもある。なるほど、筋がとおっているのは(残念ながら)pro 安倍の方である。con の主張は確かに推測で「言いがかり」にすぎず、証明することはできない*3ものである。しかしまた、それは con 安倍の主張が事実としてまちがっているかどうかには関わらないのでもある。「言いがかり」が正しいこともあるし、自分はこの場合、そうであってもまったく驚かない。実際、委員会での質疑応答などをテレビで見ていると、あやしいにおいはぷんぷんする。しかし、やはり「『言いがかり』が正しいかも」というのは、常識的にちょっとまずい気がする。とにかく、どうしようもなくて、どうでもいいのである。しかし、このような自分の態度は、どちらの側からも指弾されるであろう。何だかなである。

で、バカな自分の基本的態度をいうと、とにかく自分は安倍首相の顔がきらいである。ホントにわたくしはバカとしかいいようがない。だから、このような自分のいうことは、当然信用されないであろう。当り前だな。

何かあとから読むとエラそうなことを書いたな。しょうもな。

しかし


リスペクトする飯田先生もバカと話すのは時間のムダという人なのか。バカに対して愛がないのね。あーあ、俺も中年半ばすぎていまだにバカなんすけどね。ツイッター無情。

それからこんな記事。
僕も人を教える仕事をしていると、この事実には気づかされる。生まれつき足が速い人がいるように、生まれつきかしこい人もいる。逆に、なかなか努力がむくわれない人もいる。それにしても、「頑張っても伸びない人は、早くあきらめて道を変えた方が合理的」というのは、真実にしてもあまりにもきびしい。何だか、真実とわかっていても割り切れないものを感じる。確かに、幸せになりたかったらそうするのが合理的なのだが。


ブラームスのピアノ協奏曲第一番 op.15 で、ピアノはクン=ウー・パイク、指揮はエリアフ・インバル。クン=ウー・パイクというピアニストは初めて聴くが、かなりの力量をもっていることは明らか。たぶん、既によく知られたピアニストにちがいない。


ブラームス交響曲第三番 op.90 で、指揮はアラン・ギルバート。

*1:言っておくが、自分は「アベノミクスは完璧である」と言いたいわけではない。「アベノミクスはおおよその方向性として、全体的に見て経済学的に正しい」と言いたいだけである。また、アベノミクスは確実に日本経済を好転させ、それは提示された中ではベストの方策であった。アベノミクスは完璧ではないが、これ以上の施策は提示されていない。これは経済学的には否定できない事実である。自分個人に好景気の実感がないとか、そんなことはここでは関係ない(自分の財布の中身が乏しいからアベノミクスはまちがっているとかいう人が少なくないが、まあ気持ちはわかるけれども、それは自分の主張するところとは関係がない。実際、僕の財布の中身も乏しい。同様に、自分の財布の中身が豊かだからアベノミクスは正しいというのも、自分の主張するところとは関係がない)。しかし、そもそも自分は政治的には反安倍なので。

*2:なお、仮に安倍首相の「意向」が実際にあったとしても、それだけでは犯罪にはならない。なので田中秀臣氏などは、それで何の問題があるのかという。さて、そうだとして、道義上は問題ないのか。それは自分は知らない。田中氏は「道義的責任もない」とする(参照)。田中氏の議論が論理的に首尾一貫していることはまちがいない。しかし、それならそうと首相もそうはっきり言えばよい。なぜそう言わないのか。首相が言えないことを、田中氏が先回りして言ってみせても仕方がない気がするが。首相はそのような「意向」はないとはっきり言ったのだから。

*3:というか、そもそもの発端となった、朝日新聞に掲載された文書の真偽で、ことは決ってしまうのである。しかし、既にこの文書についてはいまや忘却されているように見える。この文書が本物であれば首相は少なくともウソをついたことになるし、そうでなければ朝日新聞民進党による文書の捏造すら疑われることになる。つまり、この文書の真偽がクリティカルである。そして、現在それがはっきりしていない以上、事実は藪の中というしかない。

オリヴィエ・ブロック『唯物論』

曇。起きたときは時雨れていた。


モーツァルト弦楽四重奏曲第十五番 K.421 で、演奏はエマーソンSQ。どうやらエマーソンSQ の「ハイドン・セット」がすべて You Tube に上っているようだ。これは嬉しい。


ベートーヴェンのピアノ協奏曲第五番 op.73 で、ピアノはスティーヴン・ハフ、指揮はアラン・ギルバート、ニューヨーク・フィル。これはすばらしい! この曲は聴きすぎてもうめったに聴く気がしないのだが、聴いてみるとやはり超カッコいい。ピアノも指揮も最高ですね。ピアニストのハフは知っていたが、指揮のアラン・ギルバートという人は知らなかった。いま NYPO の音楽監督なのだな。この演奏のすばらしさの半分はギルバートのおかげだろう。ハフのピアノは正攻法で真正面からこの曲にぶつかり、最高の結果を得ているというものである。いやあ、聴いてよかった。


シューベルトのピアノ・ソナタ第十四番 D784 で、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテルリヒテルのこの曲の演奏はやりすぎだといつも思うのであるが、つい聴いてしまう。これより深い演奏がないからだろうな。

昼過ぎから県図書館。帰りに図書館の隣のミスタードーナツ バロー市橋ショップに寄る。メープルエンゼルフレンチブレンドコーヒー。今朝の新聞に出ていたが、ミスドはやはりだいぶ売り上げを落としているらしい。軽食メニューを増やすと出ていた。コンビニのスイーツなどに押されているのだな。理解できるところである、って僕はコンビニのスイーツを食べたことがないおっさんですが、なかなかのものらしいですね。自分の好きなものがどんどん落ち目になっていくわたくしでありますけれども、ミスドは自分には居心地がよいので頑張って欲しいものである。
ミスドでは文庫クセジュを読んでいた。


図書館から借りてきた、オリヴィエ・ブロック『唯物論』読了。新書版の入門書というよりは、本格的な哲学史に近いというべきであろう。おおよそは自分の能力を超えるので、思いつきだけを少し書く。というか、自分のことなのだが、自分は敢て分類すれば、唯物論者ではなく、ふるくさい心身二元論者であろうと思う。物理学を学んだ人間が唯物論者ではないのかと思われるかも知れないが、むしろ物理学を学んだゆえであるような気がする。というのも、最先端の物理学はきわめて抽象的であり、そこには物質のリアリティなどかけらもなく、常人には到底理解できそうもない極度に抽象的な数学で書かれているからだ。だから、むしろそれはほとんど観念論の世界に近いのである。そこにあるのは、モノというよりはコトなのだ。そういう次第である。
 むしろ、脳科学者などが現代における唯物論者であろう。自分も脳の物質的状態と精神の状態が密接に関連していることははっきりと認める。アルコールや薬物で、精神の状態は簡単に変わるからだ。しかし、脳の物質的状態が意識を生み出しているのか、これは自分には正直言ってわからないというしかない。つまりは、物質は思考しうるかということである。それには特に自分の意見があるわけではないが、物質が数学を考え出したのかと考えると、不思議な気持ちになってしまうのである。もちろん心身二元論は「思考」を例えば「魂」で置き換えただけで、何の説明にもなっていないという批判はよくわかる。だから、自分の考えは曖昧なものである。これはたぶん、30代の頃から変っていないと思う。
 それから、物質は自己組織化をするのかということがある。しかしこれは、あり得ないことではなかろう。最近ではさっぱり言わなくなったが、オートポイエーシスという考え方はいまだに魅力的だ。
 それにしても、これだけ分子生物学が発展しても、人間の力で化学物質を組織化して0から生命体を創り出せていないのは不思議な気がする。これが可能になれば、自分も唯物論者になるかも知れない。しかし正直言って、人間がそこまでやってもいいのだろうかという気持ちは残る。けれども、科学がその目的に向かっていくことは誰にも止められないだろう。
 そしてあとは、近年急速に発展してきた AI 技術である。本書では当然ながら、この問題はまったく扱っていない。AI がある意味で「思考」することはすでに疑う人はいない。もはや人類の誰も Alpha Go に囲碁で勝てない。音楽や小説すらも AI に作らせようという試みすらある。しかし AI が「思考」するというのは、いまのところ AI が「思考しているようにしか見えない」ということでもある。さらに言って、AI に自由意志をもたせることが可能なのか。尤も、最近の脳科学にあっては、人間に「自由意志」は存在しないという考え方が既に異端ではない。こうなってくると、もはや何が何だかわからなくなってくる感じである。いずれにせよ、我々が社会生活を送っていくには、人間が自由意志をもつと見做してやっていくしかない。何だかもうどうしようもないというか。
 しかし、例えば「観念論者である AI」というものが存在できれば、「唯物論」の勝利となるような気もするな。もう、自分にはどうでもいいですが。

唯物論 (文庫クセジュ)

唯物論 (文庫クセジュ)

それから本書を読んで気づいたのだが、マルクスエンゲルスのいわゆる「史的唯物論」というのは、その「物質」というのはじつは「社会」なのである。その意味で、物理学的な意味での「唯物論」ではない。
 もうひとつ。本書では唯物論無神論の間の関係がほぼ無視されている。この点では、やはり林達夫は鋭かった。唯物論者は必ずしも無神論者ではないが、無神論者はすべて唯物論者であると林達夫は言っていたと思う。それを敷衍すれば、東洋思想で唯物論が重要でなかったのは、ユダヤキリスト教的な意味での「神」が存在しなかったからであろうとは、言えるような気がする。

タイモン・スクリーチ『江戸の大普請』

晴。

タイモン・スクリーチ『江戸の大普請』読了。アレゴリーの優越。しかし、江戸を構築するのに、これほどまでに風水が重要視されたのか。本書からの印象だと、「まず何よりも風水を」とすら見える。もとより、その真偽は自分などにはまったくわからない。

 
夜、仕事。
いまひとつ元気がない。下らないことをしているからだ。

思い出話をしたくなるのは気が弱っている証拠である。