神崎宣武『社をもたない神々』

曇。
よく寝た。印象的な夢を見た。

睡眠の後始末。寝るのがいちばん充実している気がする。バカですね。

障子の張り替え終了。できたできた。

いまにも雨が降りそうな中、ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。エンゼルクリーム+ブレンドコーヒー408円。石牟礼道子さんの続き。何だか悲しすぎる。犬の「ごん太」の話を読んだらさすがに続きは読めなかった。果たして図書館の返却期限までに読めるのか知ら。

帰りにカルコスに寄る。ブログ「本はねころんで」さんの紹介しておられた中公文庫新刊などを見る。中公文庫新刊は全部買ってもよかったのだが、何故か一冊も買わなかった。『成城だより III』の金井美恵子さんによる解説は立派なものだったが、いつもながらわたしには高級すぎる感じ。「成城だより」は「I」だけ単行本でもっているのだが、カルコスに全部揃っていれば文庫本、まとめて買ってもよかったのだけれども。わたしは大岡昇平さんの(文庫本だけだけれど)ずっと忠実な読者だったです。
 岩波文庫新刊はカルコスに入らなくなったと思い込んでいたのだが、そんなことはないようだ。ただ棚の中に入れてしまってあるので、どれが新刊かわからないという。各一冊しか入らないから、平積みにはできないのですね。これは困る。

神坂次郎の続き。

『驢鞍橋』おもしろいなあ。時々二三ページづつ読んでいる。例えばこんなの。自分の死骸の話で、ある人が自分の死骸は見苦しいから袋に入れてとかいうと、師曰く「(前略)慚愧懺悔の法と云うは、我が悪しきところをぶっさらすことなり。またそれほど見苦しきものと知らば、何ぞにくみ捨て給わぬや。死人は結句きれいなり。生き身に増したるむさきものあらんや。目汁、鼻汁、大小便、一つとして清きことなし。内には悪業ばかりを包み置く。さてもむさい糞袋かなと睨み付けて、にくみ捨てられるべしと也。」(p.28、表記はだいぶ変えた。)わはは、まったくそのとおりだけれど、まあそんなことは無理なのが当時であり、現在はさらなり。


神崎宣武『社をもたない神々』読了。著者は民俗学者にして、神社の宮司さんであるという方であり、それゆえの知見が多い。たまたまわたしの老父と同年の方であるから、もうかなりのお年であろう。「もう時機を失したかもしれない。気づくのが遅かった」(p.245)とあとがきにあるが、なるほどそうであったかと思う。本書を読んだくらいでははっきりとはいえないが、しかし著者の郷里の中国地方では、まだかなりのものが残っているのかなとも思った。わたしの住んでいるあたりは、もはや伝統的な習俗の多くが跡形もなく消滅してしまっているし、そもそも古来の伝統という発想がきわめて少ないように思える。つまり、著者のいう「アニミズム」的発想というものが根こそぎやられている感じだ。まあしかし、それこそわたしなどには、詳しいことはわからないのだが。エラそうなことを言いながら、恥ずかしい話である。

社をもたない神々 (角川選書)

社をもたない神々 (角川選書)

こともなし

日曜日。曇。

NML で音楽を聴く。■バッハのヴァイオリン・ソナタ第一番 BWV1014 で、ヴァイオリンはヘンリク・シェリングチェンバロはヘルムート・ヴァルヒャ(NML)。

■イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第四番 op.27-4 で、ヴァイオリンはノエ・乾(NMLCD)。

昼から障子を張り替える。桟が歪んでいて枘(ほぞ)が外れてしまっていたり、家が古いのでどうしようもない。もうここのところは二度と張り替えることがないのではと笑う。

神崎宣武『社をもたない神々』を読む。第二章まで読了。わたしにとってはよい本であることがすぐにわかった。田舎に住んでいて、古いことに興味がある方には勧められるかも知れない。考えるための材料が、生に近い形で提供されている。古来の習俗慣習が滅びていくこともよくわかるが、まあこれは強調しないことにしよう。読みやすい本ですよ。

早寝。

こともなし

昧爽起床。

NML で音楽を聴く。■バッハのトッカータ ホ短調 BWV914、ト短調 BWV915、ハ短調 BWV911、ト長調 BWV916 でチェンバロは西山まりえ(NMLCD)。なかなかよい。トッカータはバッハの若い頃の作曲に係るが、栴檀は双葉より芳しというけれど、既に見事にバッハらしい。わたしは好きだ。■モーツァルトのホルン協奏曲第二番 K.417 で、ホルンはデイヴィッド・ジョリー、オルフェウス室内管弦楽団NMLCD)。■イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第三番「バラード」 op.27-3 で、ヴァイオリンはノエ・乾(NMLCD)。すばらしい。■シューマン弦楽四重奏曲第一番 op.41-1 で、演奏はクイケン四重奏団NML)。なかなかよい。

 
雨。
午前中、甥っ子の勉強を見る。

コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲 op.35 で、ヴァイオリンはダニエル・ホープ、指揮はアレクサンダー・シェリー、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団NML)。

Escape to Paradise

Escape to Paradise

シェーンベルクの三つのピアノ曲 op.11 で、ピアノはピーター・ゼルキンNML)。こんなシェーンベルクは聴いたことがないな。個性的なピアノだ。さすがピーター・ゼルキンというべきか。
Piano Works (Dig)

Piano Works (Dig)

シェーンベルク弦楽四重奏曲第二番 op.10 で、ソプラノはエルザ・ドライシヒ、カルテット・アロド(NMLCD)。

魔法少女まどか☆マギカ」第1話を観る。
20191019202403

こともなし

雨。
よく寝た。どれだけでも寝られる。森の中を歩く夢を見た。こういう夢は好きだ。

NML で音楽を聴く。■バッハのトッカータ ニ長調 BWV912、嬰ヘ短調 BWV910 でチェンバロは西山まりえ(NMLCD)。■ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第一番 op.78 で、ヴァイオリンはジョン・フェイディアル、ピアノはアンドリュー・ハーレー(NML)。なかなかよかった。

 
昼から県営プール。ガソリンスタンド。

岩波文庫の鈴木正三『驢鞍橋』落手。鈴木大拙校訂。まずは大拙の解説を読んでみたが、頗るおもしろい。非常に意に満つ。わたしに読めるかどうかわからないのだが、とりあえずは楽しみだ。

人間の深いところは時代が変ってもなかなか変わるものではない。しかし日本人の表層は完全に変ってしまったし、「中層」も大きく西洋化しつつある。いずれは深層も少しづつ西洋化し、やがて東洋は消滅していくだろう。我々はもはや、かつての日本人が何を感じ、思い、考えていたかわからなくなっている。特に知識人ほどそうだ。その例証が日本仏教である。もはや日本の知識人は、日本仏教がどういうものかわからなくなり、そもそも日本の仏僧自身が、中国、日本での大乗仏教の展開をブッダからの逸脱として無価値視するようになってきたように思える。まあはっきりいえば、日本仏教は(極少数の例外を除き)既にほとんど死に絶えたと言ってよいので、それも当然であろう。東洋の消滅が悪いことなのかは知らないが、西洋的思考は人類の思考の中では特殊なものであったのに、それがすべてになろうとしているのは紛れもない現実だ。そして、世界はすべて計算可能なもので覆われつくされるようになりつつあると思われる。

わたし自身、既に日本の古典に自然に入っていける世代ではない。むずかしい時代になったものだと思う。

もはや、「東洋と西洋」という区別が意味をなさない時代になりつつある。東洋が消滅しつつあるとすれば、西洋的なターム、文脈で「東洋」を記述する方向にもっていかざるを得ない。結局、わたしのいま参照している人たちは、ほぼすべてそちらの方向へ舵を切ったように思える。

自分などはそのうち「ありもしない『東洋』を仮構する人」ということになるに決まっている。というか、もはやそうなのだろうな。


鈴木正三を読む。これは元気の出る本だ。正三はよく自分はまだまだだと言っているが、わたしなんぞはそれどころでない。思い上がりはその都度やっつけないといけない。

早寝。

ジョルジョ・アガンベン『事物のしるし』

曇。涼しい。
よく寝た。

ジョルジョ・アガンベン『事物のしるし』読了。

電気工事屋さん来訪。部屋の照明器具を取り付けてもらう。すごく簡単だったのだけれど、やはり自分ではわからなかったなあと。


荻原魚雷さんのブログを読んでいたら、開高健の『白いページ』を読む話が出てきた。わたしはこの『白いページ』(角川文庫版、全三冊)で開高健にめぐり合ったので、とてもなつかしかった。いまでも覚えているが、名古屋の町の小さな書店で、題名に惹かれて文庫本を手に取って開いてみたところ、活字が立ち上がってきたのである。この「活字がむくむくと立ち上がってくる」というのは、開高のよく使う表現だが、まさにこれであった。それはわたしの十代の最後、一年間だけ名古屋で一人暮らしをしていたときで、その本屋の佇まいはいまでも記憶に残っているが、まったくふつうの町の本屋だった。もちろんいまではその書店はない筈である。あの一年間のことは、思い出すだになつかしい。充実した楽しい日々だったが、既に何となく悲しみに染められた記憶になっている。わたしは本当に若かった。

ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。もっちりフルーツスティック シナモン+ブレンドコーヒー418円。石牟礼道子さんの続き。紀行文集であるが、身につまされすぎて読むのがつらい。あんまりつらいので、読むのをやめようかと思ったくらい。まあしかし、これをイオンモールのフードコートなんぞで読んでいるわたしの矛盾を思わざるを得ない。いや、そこだからこそ、余計に身につまされるのかも知れないが。

落ちた柿の実を集めて処分。落ちて腐るくらいなので、樹に生っているのを採ってみたら、もうおいしく食べられた。今年はかなり生っている。

神坂次郎の続き。一度に少しづつしか読めない。

NML で音楽を聴く。■バッハのソナタ ニ短調 BWV964 で、ピアノは野平一郎(NMLCD)。周知のごとく、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第二番のバッハ自身による編曲。■イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第二番 op.27-2 で、ヴァイオリンはノエ・乾(NMLCD)。すばらしいのだが、何で「怒りの日」が全篇に織り込まれているのだろうね。別によいのだけれど、「怒りの日」が使われている曲はこれまでありすぎるほどあるので、ちょっと陳腐にも聴こえてしまう。いや、イザイ、いいんですよすごく。バッハも織り込まれている。

マーラー交響曲第四番で、ソプラノは森麻季、指揮はエリアフ・インバル東京都交響楽団NML)。全体として疑いなく名演であるし、特に第一楽章と第三楽章に感銘を受けた。この曲は本来天上的に澄み切った、牧歌的な曲といっていいと思うが、第一、第三楽章では切迫した、熱量の多い感動的な演奏になっている。もちろん、それを好まない人もいるだろうが、わたしは感動してしまったので仕方がない。インバルと都響には脱帽である。これまであまたの名演のある曲であるし、これからもすばらしい演奏が現れるであろうが、この録音の価値が失われることはないと思っている。

マーラー:交響曲第4番

マーラー:交響曲第4番

こともなし

晴。涼しい。
昨晩は安永祖堂老師を読んで寝た。

NML で音楽を聴く。■バッハの「四つのデュエット」 BWV802-805 で、ピアノは野平一郎(NMLCD)。■ウェーベルンの緩徐楽章で、演奏はカルテット・アロド(NML)。これは甘い。まだ調性音楽時代のウェーベルン

Mathilde Album -Digi-

Mathilde Album -Digi-

■バッハのトッカータ ニ短調 BWV913 で、チェンバロは西山まりえ(NML)。なかなかよい。

 
窓を開けて部屋掃除をしていたら、キンモクセイの香りが漂ってきた。どこにあるのだろう。とか書くとキンモクセイ警察がぶいぶい言って飛んでくるので、ここまでにしておこう。

ツイッターでホームレスはくさいとか精神障害者だとか好きでホームレスをやっているとかで、そうだとかちがうとかだから何だとか人々が罵り合って殺伐としている。まあ必要な罵り合いなのかも知れないが、見ていて気が滅入る。これが市民的公共圏ですよ。ちがうか。

しかし、つい「必要な罵り合い」と書いたけれども、たぶんこれで問題は解決しないよね。ホームレスは没落者であると同時に、いわば神様なのだという健全な(?)視点がまったくないのだと思う。え、こいつ何言ってんのでしょうな。ま、おれバカだから。

ツイッターはほんとマウント取りごっこで、マウント取りごっこはクソというマウントの取り方もあって、まじ面倒くさい。よくそんなことばかりやっているよ、皆んな。

部屋の照明がダメになったので家電量販店へ行ったのだが、いろいろ話が通じなかったりメーカーに電話したりで結構時間がかかった。僕の部屋の照明は蛍光管だったのだけれど、もう蛍光管用の照明器具は基本的にないそうで、みんな LED になっているらしい。まったく家も古いのだよね、我が家は。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第九番 op.14-1 で、ピアノはスティーヴン・コヴァセヴィチ(NMLCD)。■モーツァルトのホルン協奏曲第一番 K.412 で、ホルンはデイヴィッド・ジョリー、オルフェウス室内管弦楽団NMLCD)。■イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第一番 op.27-1 で、ヴァイオリンはノエ・乾(NML)。これはすばらしい。イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタって、こんなにシリアスな曲だったのか。演奏も迫力がある。

早寝。

こともなし

晴。
よく寝た。楽しい夢を見た。ネットの知人とか出てきた。本当は顔がわからない人でも、こういうイメージだというのがあるらしい。

NML で音楽を聴く。■バッハの「三声のシンフォニア」 BWV787-801 で、ピアノは野平一郎(NMLCD)。■シューマンの「クライスレリアーナ」 op.16 で、ピアノはアンドレアス・エッゲルツベルガー(NML)。自分はこの曲が好きなのだなあとつくづく思った。

Dystonia

Dystonia

デューク・エリントン(デイヴィッド・シフ編曲)の「デュカル組曲」で、クラリネットはデイヴィッド・シフリン、ドーヴァー四重奏団(NML)。
Clarinet Quintets for Our Time

Clarinet Quintets for Our Time

 
昼からミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。フレンチクルーラーブレンドコーヒー385円。石牟礼道子さんの『煤の中のマリア』を読む。暗澹。鈴木重成という人については調べてみないといけないなと思った。天草の乱の後に代官として天草を治め、老齢になったのち天草の住人のために割腹して果てたという(Wikipedia ではその説は否定されていて、病死とのことである)。その兄が禅僧の鈴木正三(しょうさん)で、この人については聞いた覚えがある。

カルコス。ちくま学芸文庫一冊購入。

早く落ちた多量の柿の実が腐ってくさいので、集めて捨てる。数箇所蚊に噛まれてしまった。これだけ涼しくなっても、まだしつこい蚊がいるのね。

神坂次郎の続き。

録画しておいた、NHKスペシャル「大廃業時代」を観る。
20191015213129
あまり暗い印象にならないように番組が作ってあったが、自分はかなり暗鬱な気分になった。来年一年間で、日本の企業の五分の一が廃業する可能性があるという(あくまでも「可能性」である)。番組では語られなかったが、廃業する企業の半分が黒字で、理由の多くは後継者不足である。とにかく、番組内で当然とされていたのは、「大廃業時代」が確実に来るということで、それはいずれの専門家でも同じであった。廃業する企業のほとんどは地方の中小企業である。この番組で特に焦点を当てられていたのは、どうせ廃業するなら余力のある内にした方がよく、にっちもさっちもいかなくなってから「倒産」すると、他へ及ぼす影響が大きすぎるということであった。番組ではそれをアドバイスする経営コンサルタントに密着していて、企業の「おくりびと*1と呼ばれていた。
 番組の中で、生き残れない企業は積極的につぶした方が日本のためという論者がクローズアップされていて、そうすれば新しい中小企業が出てくると楽観的であったが、なんともそれは希望的観測という他あるまい。その論者は、これから大企業はますます雇用を減らしていくから、質的に価値の高い新しい中小企業が生まれてくるしかないといっていた。これもさらなる希望的観測である。まあ、それしか希望はないのであろうが。

唐突にいわせてもらうが、日本は地方を切り捨て、それゆえに没落していくのではないか。首都圏という頭部は元気であるが、他の全身はひどい病に罹患していて、頭部はそのことを大したことではないと思っている、そんな気がするのだが。首都圏の知識人たちよ、十年間くらい日本のふつうの地方都市に住んでみたまえ。

*1:というのはわたしはヘンだと思う。「おくりびと」は死んだ後のための存在なのだから。むしろ、企業の「安楽死」アドバイザーとでもいうべきであろう。