晴。

午前中、甥っ子の勉強を見る。

夕方、ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。エンゼルクリーム+ブレンドコーヒー399円。東さんの哲学的エッセイ集である『テーマパーク化する地球』をさらに読む。東さんは思想家なのではないかと僕は思っているのだが、本人は「批評家」と名乗ることが多い。で、本書を読んでいると、東さんが「批評」をどのように考えているのか、ほとんど執拗なまでに考察されている。そして、東さんの若い頃(?)とはちがって、それはかなりネガティブなのが印象的である。例えば、「批評=病院」説。ふつうの「健康な」人には批評は必要ないのだが、人生そんなうまくいくばかりでない。人生が深刻な事態に立ち至ったとき、そのある場合で文学や批評は必要になるという感じ。また、「批評=ゲーム」説。批評なんて何の意味もない、ゲームにすぎないけれども、観客は生む。そのことを考えるべきだという論。また、批評は自己嫌悪の瞬間に胚胎するという、興味深い「放言」もある。確かに、東さんはときどき「自己嫌悪」を表明するような文章を書かれる。とにかく、東さんは優秀すぎて、また資質もあるだろうが、すぐ議論を思いついてしまって、それで執拗に批評について批評的に語ってしまう。それはわたしには実際おもしろい。なぜ東さんはここまで反省的なのだろうと、つい興味がもたれてしまう。
 やはり批評を読むのはおもしろいし、刺激になるところがある。で、先日も書いたとおり、本書は「適度に読みやすく、適度に反発させられ、適度に考えさせられる」。それは日常の中に「句読点を打つ」ようにも思われるが、それはよくない読み方であろうか。そもそも、なぜ本を読むかということが、自分には決して答えられない問いである。僕は東さんのことはそれほど好きではないけれど、やはり読むのである。これだけ「成功している」人が自己嫌悪とか、それだけでもおもしろい。下らない読み方だったらすみませんというところだ。

テーマパーク化する地球 (ゲンロン叢書)

テーマパーク化する地球 (ゲンロン叢書)

いずれにせよ、東さんはアカデミズムの人ではない。わたしは、アカデミズムの優秀な人はどちらかというと苦手である。

一方で、東さんには若い頃から、批評は(一定多数の)読者をもたねばならないという信念もあることは確かだ。柄谷行人や浅田さんの『批評空間』の行き方は、あれが多数の読者をもち得ないということで否定される。

それから、東さんには過去の自分の仕事に関する言及が際立って多い(つまり反省的である)。これはこの人の特徴だと思う。たぶん、自分は適切に読まれていないという思いが強いのでもあろう。また、ある世代以降の批評家として「ひとり勝ち」であったという事情も反映していそうである。

こともなし

晴。

午前中、甥っ子の勉強を見る。

蒸し暑い。
昼過ぎ、散髪。さっぱりした。


NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第二十一番 op.53 で、ピアノはダヴィデ・カバッシ(NMLCD)。いわゆる「ワルトシュタイン」。なかなかおもしろい。■ベートーヴェン交響曲第五番 op.67 で、指揮はルネ・レイボヴィッツ、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団NMLMP3 DL)。すばらしい。終楽章、むちゃむちゃカッコいいやんけ。■ラヴェルピアノ三重奏曲イ短調で、演奏はトリオ・ツィンガラ(NML)。

Ravel/Shostakovich;Piano Tr

Ravel/Shostakovich;Piano Tr

細川俊夫の「ランドスケープ I」で、演奏はアルディッティ弦楽四重奏団NMLCD)。


岩波文庫のサルスティウスを読む。

こともなし

曇。
昨晩寝る前は、AtCoder過去問をずっと考えていた。とても自力ではムリなのでぐぐったりしていたが、それでも実装できるか自信がない。結局二時間くらい考えていて、何とか実装できそうになるところまでいったので寝た。むずかしいなあ。

午前中、甥っ子の勉強を見る。

ずっと AtCoder の過去問をやっていた。むずかしいですな。

こともなし

晴。

午前中、甥っ子の勉強を見る。

曇。
ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。ふんわりドーナツ ホイップ+ブレンドコーヒー399円。東浩紀さんの哲学的エッセイ集を読む。僕は東さんは才能のある思想家だと思っているし、リスペクトしていないわけではないが、それにしても自分と東さんでは生きている環境がまったくちがう。比較するのもバカげているが、東さんは東京在住で、娘さんと奥さんとの三人家族であり、基本的にオタク文化を擁護肯定している。わたしは地方在住で、老父母との三人家族であり、基本的にオタク文化を知らない、端的にいって能力も大してなく時代遅れの人間である。たぶんそのせいもあって、東さんの言葉はどうしてもわたしの心に強く響いてくることがない。おそらくわたしなどは、東さんの眼中にない類の人間なのだと思う。別に自己卑下しているわけではありませんよ、わたしは。素直にそう思っているだけだ。まあしかし、この本は適度に読みやすく、適度に反発させられ、適度に考えさせられる。それで何がいけないだろうか? これからも東さんの本は読むだろう。

NML で音楽を聴く。■シューマンの「ダヴィッド同盟舞曲集」 op.6 で、ピアノは片山敬子(NML)。また片山さんを聴いてみた。射程の大きさがまずは印象的である。ゴツゴツしたピアニズムで、お世辞にも流麗とはいえないが、そのぶん魂に食い込んでくるかのようだ。感動的な部分もたくさんある。わたしは充分満足した。

片山敬子 ピアノ・リサイタル シューマン モーツァルト ショパンを弾く

片山敬子 ピアノ・リサイタル シューマン モーツァルト ショパンを弾く

ショスタコーヴィチピアノ五重奏曲 op.57 で、ピアノはジョン・ビンガム、メディチ弦楽四重奏団NML)。
Octet Pieces / Quartet 8

Octet Pieces / Quartet 8

バルトークの「コントラスツ」で、クラリネットマイケル・コリンズ、ヴァイオリンはシャンタル・ジュイエ、ピアノはマルタ・アルゲリッチNML)。

カンタン・メイヤスー『有限性の後で』

日曜日。晴。
よく寝た。十時間くらい寝たのではないか。寝ているのがいちばん楽しい気がする。

昨晩は中沢さんの『レンマ学』を読んで寝た。第五章まで読んだ。あんまり大袈裟なことを書く気が起きないが、現在存在するのが奇跡のような本だと思っている。わたし個人としては、一生読めるのが確実な本だ。学生のときに『森のバロック』を読んで感動したが(大きな影響を受けた)、またそんな体験ができるとはわたしは幸せ者だと思う。

NML で音楽を聴く。■バッハの平均律クラヴィーア曲集第二巻 ~ 第十三番 BWV882 - 第十八番 BWV887 で、ピアノは園田高弘NMLCD)。■メンデルスゾーンの弦楽八重奏曲 op.20 で、演奏はメディチ弦楽四重奏団、アルベルニ四重奏団(NMLCD)。おもしろかった。よい曲だな。メンデルスゾーンはハズレがない。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第二十三番 op.57 で、ピアノはダヴィデ・カバッシ(NML)。へー、こんなピアニストがいたのか。残りを聴くのが楽しみ。

Sonata Appassionata

Sonata Appassionata

ジリジリと焼けるような暑さ。
昼から米屋。肉屋。


カンタン・メイヤスーの『有限性の後で』を読む。むずかしくてさっぱりわからないが、おもしろい。「信仰主義とは、強い相関主義の別名(二字傍点)である」(p.86)というのは、なるほど、こういうところに接続するのかと思った。わたしのテキトーな言い方でいうと、徹底的な合理的思考の極致が、宗教的不合理性を擁護するということである。これは著者ほど厳密な言い方をしなくても、わたしにもわかるところだ。またまたテキトーにいうと(著者の議論をはみ出るが)、ある意味では人間から宗教性を抜くことは不可能である。なぜなら、それが人間だから。別様にいうなら、人間は合理主義だけでは生きていけないのである。これは著者が言ってないことであるが。わたしは自分が合理主義者だと思っているが(ホント?)、わたしも合理主義だけでは生きていけない。続けて読む。

図書館から借りてきた、カンタン・メイヤスー『有限性の後で』読了。といってもむずかしくてよくわからなかったが、上に書いたとおりおもしろいことはおもしろい。しかし、第四章以降は素人のわたしには寝言としか思えないのですけれども。著者は「偶然性こそ、そしてそれのみが必然的」と主張するので、自然法則(物理法則のこと)は必ず変化しなければならない、と相当無理なことを主張する。そしてその理由としていろいろ屁理屈を述べているが、基本的には「自然法則がこれまで変化していないのは偶然である、それが明日変化しないということの証明はできない」ということに尽きている。これは確かに論理的には正しい。わたしが明日の朝目覚めたら、甲虫になっていないという保証はどこにもないのだから。しかし、これはわたしにはバカバカしく感じられる。もちろん、それはわたしが素人だからで、哲学の専門家には説得力があるのであろう。さらに、証明のためにカントールの定理を持ち出してきて、「思考可能なものの(量化可能な)«全体»とは、思考不可能なものである(全文字傍点)」(p.173-174)と断言しているが、これはまったく論理的な説得力をもたない言葉遊び、ただの「断言」に思える。そもそも「思考可能なもの」が無限であっても例えばその冪集合による「連続体仮説」は思考可能であるし(真でも偽でもないことが証明されている)、有限であるとすればその冪集合も有限であるにすぎない。これは(素人から見ると)著者の勇み足に見える。ま、といってもむずかしくてよくわからないのですけれどね。
 訳者解説によると(かなり参考になった)、本書の目的はカントの「物自体」を思考可能であるものにするということだが、へえそんなものなのですか。全然気づかなかった、さすがプロだな。しかし、この「物自体」というやつは、人によって何だか意味がブレていて、わたしにはよくわからないのだな。カント自身は、あんまり説明していなかった気がする(もう細かいことは忘れた)。本書みたいに「事実論性」とかいわれると、さらによくわからない。何でそんなものの「回復」が必要なのかというと、「相関主義」というのがアカンというのですな。ここらあたりはおもしろい。よくわからないけれど。

有限性の後で: 偶然性の必然性についての試論

有限性の後で: 偶然性の必然性についての試論

吉松崇『労働者の味方をやめた世界の左派政党』

晴。

午前中はごろごろしていた。

Linux Mint 19.1 を 19.2 にアップグレードする。


吉松崇『労働者の味方をやめた世界の左派政党』読了。題名からするとちょっと羊頭狗肉じゃないか? 確かにそういう話題はあるけれど、それが主というわけではないと思う。飯田先生は本書からポピュリズムの話題を引き出していたように覚えているが、実際にはポピュリズムそのものの話題はほとんどない。それから、飯田先生は本書のあとがきで感謝のリストに入っている。悪い本ではないと思うけれど(何様)。EU が緊縮政策というのはよくわかった。まあ、そんなに驚くような話はなかったと思う。「総花的」にいろいろ話題を盛った本。著者はいわゆる「リフレ派」ってことになるのかな。確かにお勉強にはなりました。

労働者の味方をやめた世界の左派政党 (PHP新書)

労働者の味方をやめた世界の左派政党 (PHP新書)

なお、わたしはリテラシーが高くないので、あんまり上の感想を信じないで下さい。たぶん、飯田先生のまとめが適切なのだと思います。正直言って、優秀でない自分にはちょっと退屈だっただけという話です。

早寝。

岡谷公二『郵便配達夫シュヴァルの理想宮』

雨。

NML で音楽を聴く。■バッハの平均律クラヴィーア曲集第二巻 ~ 第七番 BWV876 - 第十二番 BWV881 で、ピアノは園田高弘NMLCD)。■モーツァルト交響曲第三十六番 K.425 で、指揮はジョン・エリオット・ガーディナー、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ(NMLCD)。いわゆる「リンツ」。

晴。台風一過で(?)蒸し暑い。
午前中、甥っ子の勉強を見る。

昼から、ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。もっちりフルーツスティック シナモン+ブレンドコーヒー410円。岡谷公二さんによる、フランスの郵便配達夫シュヴァルの宮殿についての本を読む。これは新装版で、かつて河出文庫でも出ていたようであるが覚えがないのは不思議である。シュヴァルの奇怪な宮殿については、つとに澁澤龍彦経由で知っていた。わたしは岡谷さんや澁澤ほどシュヴァルの宮殿に惹かれるわけではないが、わたしのごときふつうの感覚でも、おもしろいことは随分おもしろい。シュルレアリストたちが絶賛した、奇怪な想像力の産物である。写真を見ているだけで興味が惹かれるし、サクサクと読んでいける。エキゾチズムなる異教的想像力の所産であるが、これはやはり西洋人の「執着気質」ゆえに成し遂げられたものであろう。日本人では、なかなかここまで(三十三年間!)粘れない気がする。

帰りにカルコス。ひさしぶりにいろいろ買った。


図書館から借りてきた、岡谷公二『郵便配達夫シュヴァルの理想宮』読了。

郵便配達夫シュヴァルの理想宮

郵便配達夫シュヴァルの理想宮

シューベルトの「四つの即興曲」 op.90 D899 で、ピアノは片山敬子(NML)。僕はこの演奏がよいものかまったくわからないが、シューベルトならこれくらいの射程は欲しいし、またこれくらいの射程が滅多にないことは確かである。少なくとも、きれいごとの演奏ではない。なお、「敬子」は「よしこ」と読む由。

片山敬子 バッハ:フランス風序曲他

片山敬子 バッハ:フランス風序曲他

■バッハの「フランス風序曲」 BWV831 で、ピアノは片山敬子(NML)。よいものを聴いたが、さてしんどかった。年配のピアニストということであるが、大きな射程だ。それから、バッハとシューベルトカップリングはめずらしいと思う。■フランクのピアノ五重奏曲で、ピアノはジョン・ビンガム、メディチ弦楽四重奏団NML)。大好きな曲で、フランクの中でいちばん好きかも知れない。フランクは何も新しいところがないといわれる作曲家で、ブラームスを尊敬していたが、ブラームスはフランクのことをこれっぽっちも認めていなかったそうである。武満徹は伝記によると、フランクが好きだったらしい。武満の若い頃だけだったかも知れないが。
String Octet / Piano Quintet

String Octet / Piano Quintet

シマノフスキの九つの前奏曲 op.1 で、ピアノはジュディット・ハウレギNMLMP3 DL)。スクリャービンっぽくって、ロマンティックで好きな曲集だ。切なくなってくるくらい。■スクリャービンの幻想曲ロ短調 op.28、ショパンノクターン第二十番(遺作)で、ピアノはジュディット・ハウレギNMLMP3 DL)。スクリャービンよいな。ピアノ・ソナタ第三番とかこのピアニストで聴いてみたいな。