熊代亨『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』

日曜日。曇。

午前中、スーパー。

昼から県図書館。もう勉強机が使えるようになっていた。
肉屋。牛のランプステーキを買ってきた。


熊代亨『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』読了。おもしろかった。シロクマ先生は精神科医であると同時に著名なブロガーでもあり、わたしもシロクマ先生のブログは多くはムカつくために愛読している。シロクマ先生はわたしより一回り年下で、このような本を書くには絶好の位置にいるようだ。本書は高度資本主義のある種の日本的展開に対する違和感の表明であるが、シロクマ先生の立ち位置が絶妙なのは、シロクマ先生が地方出身者でありながら、現代日本における「成功者」であり、その(都市的)規範意識を内面化していることにあるだろう。一方で著者は「オタク」というかつてのマイノリティに所属し、「現代の若者文化」にも造詣が深い(笑)。さて、ほとんどインターネット経由でしか現代を知らない世間知らずのわたしは、本書に対してどう接したらよいのか。他人からしたら現代の「敗者」という他ないわたしは、本書を読んで「何をいまさら」という感じもある。田舎に引き籠もった独身の後期おっさんでもあるわたしは、現代における「敗者」という本書の当事者である筈なのに、いまひとつ当事者感が乏しいのである。いや、それは誤読であるかも知れない。本書の対象読者は、田舎に引き籠もった独身の後期おっさんではなく、やはり(大都市圏の)生きづらい若者たちなのであろう。そうであれば、本書がわたしにどうも遠かったのも、当り前なのかも知れない。
 いや、本書の中身について何も書かなかった。勝手に要約すれば、若い人たちよ、君たちはきわめて「(経済)合理的に」「正しく」人生を考えているが、その考え方は外部(人、社会、あるいは環境)から「インストール」されたものであり、君たちが「成功者」でなければ、かかる考え方に基づくこの時代は生きづらいよ、それでいいのですか? という感じだろうか。まあ、勝手な要約てなもんである。しかしそう要約してみると、わたしに当事者感がないのも当然であるな。わたしには、正直言って「そんなこと知るか」といいたい気持ちが、半分くらいある。社会が健康的で清潔で、道徳的な秩序あるものになったのはもちろん進歩で、しかし進歩が常によいことばかりでないのは、別にいまの時代に限ったことでない。河合隼雄先生はよく仰ったな、「二つよいこと、さてないものよ」と。もちろんだからといって問題を座視していてはいけないらしく、著者は著者なりに果敢に攻めていったのであろう。立派なことである。

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて

  • 作者:熊代 亨
  • 発売日: 2020/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
本書のキモは「不自由さ」なのかも知れない。たぶん、我々は意図的に「不自由さ」を求めているのである。「自由」というのはリスクだから。恐らくシロクマ先生は、過度のリスク回避思考(指向)はいけないと仰りたいのだとわたしは思っている。しかし、高度資本主義と結びついた我々のリスク回避思考(指向)を止めることはたぶんできない、それがわたしの認識だ。
 本書の「清潔」というのは、わたしにはどうもピンとこなかった。「清潔」というのは、生の都市化・人工化の話だと思う。リスクとはまた別問題だ。

こともなし

細かい雨。

午前中、甥っ子の勉強を見る。

曇。
NML で音楽を聴く。■バッハのブランデンブルク協奏曲第三番 BWV1048、第四番 BWV1049 で、指揮はフィリップ・ピケット、ニュー・ロンドン・コンソート(NMLCD)。なかなかよいな。■ベートーヴェンのチェロ・ソナタ第五番 op.102-2 で、チェロはルイス・クラレット、ピアノは岡田将(NMLCD)。■ブラームスのチェロ・ソナタ第二番 op.99 で、チェロはフランソワ・サルク、ピアノはエリック・ル・サージュ(NMLCD)。チェリストもさることながら、よくも(ピアノの)ル・サージュみたいな人がいま居るよ。■シュトックハウゼンピアノ曲 I - V, VII - IX で、ピアノはヴァネッサ・ベネッリ・モーゼルNML)。

[R]Evolution

[R]Evolution

  • アーティスト:Benelli Mosell
  • 発売日: 2015/03/24
  • メディア: CD
■カロル・ベッファ(1973-)の「ピアノ、またはチェンバロのための組曲」で、ピアノはヴァネッサ・ベネッリ・モーゼルNML)。
 
いまの経済学は、いかに効率よく「管理」していけるかという発想と不可分になりつつある。「管理社会」というのはまさしく現代の最重要論点のひとつだ。みずから進んで「管理」されるということ。内面化された「管理」。

熊代亨を読む。

こともなし

昧爽起床。曇。

昨晩はテレビで野球を見て、少し興奮して寝た。明け方に、バスに乗ったりの不思議な(昭和的雰囲気の)ロードムービー的夢を延々と見て、しかしそれはあまり覚えていない。昔の友人たちも出てくる、チンケな詐欺的(?)シーンとか。ただ、最後は何故か、共に牛のようなヤクザと刑事の一対一の果し合いになった。最初はナイフで、次いでスローモーな凄まじい殴り合いになって、最後は刑事がぶちのめされて地面に横たわるシーンで目が覚めた。これほど暴力的な夢を見たのはしばらくぶりだと思う。

NML で音楽を聴く。■バッハの平均律クラヴィーア曲集第二巻 ~ 第十番 BWV879 - 第十八番 BWV887 で、ピアノはセドリック・ペシャ(NMLCD)。■ショーソンのヴァイオリン、ピアノと弦楽四重奏のためのコンセール op.21 (NML)。

■バッハのパルティータ第一番 BWV825 で、ピアノはジャンルカ・ルイージNML)。
J.S. Bach: Partitas Nos. 1-6, BWV 825-830

J.S. Bach: Partitas Nos. 1-6, BWV 825-830

  • 発売日: 2020/06/19
  • メディア: MP3 ダウンロード
シューマンの「森の情景」 op.82 で、ピアノは梅村知世(NMLCD)。なかなかよかった。■ブラームスの二つのラプソディ op.79 で、ピアノはヴィルヘルム・バックハウスNML)。これは驚くべき録音だ。1932年録音ということだから、バックハウス48歳のときで、恐らくは全盛期ということになろう。わたしはこれほど古いバックハウスの録音は初めて聴くが、以前から聴けたものなのであろうか。バックハウスというと、吉田秀和さんの「晩年にテンポがむしろ速くなって、せわしない演奏になった」という評言をわたしなどは思い出すが、晩年どころではない、じつにせわしないといえばせわしない演奏である。しかし、何という深さであろうか。ブラームスってこんなに深かったっけ? というくらいのものである。例えば上のルイージのバッハなどは現代の知的な演奏であり、深さのかけらもなくて、これとはまったく共通点がない。現代とは何というめんどうくさい時代だろうと思わせられる。
Plays Brahms Vol.3

Plays Brahms Vol.3

  • アーティスト:Backhaus
  • 発売日: 1994/08/19
  • メディア: CD
 
老母が手芸屋へ連れていけというので乗せていったのだが、駐車場でぼーっと待っていると車がどんどん入ってくるのでちょっと驚いた。もちろん女性たちなのだが、ニーズがあるのね。へえという感じ。
肉屋。


若い人たちの底の浅さが何に起因するかというと、グローバル資本主義が根を切っていくせいだと段々わかってきた。「サブカル」が世界中に移植可能なのも、そのせいなのだ、たぶん。でも、若い人たちだって誰だって生命力の領域は深くしかあり得ないのであり、そこいらをどう処理するかが彼ら彼女らの大きな課題になっている。
高度資本主義は高度な知性へと人を連れていく。と同時に根を切る。

そういえばわたしの育ってきた時代の知的雰囲気では、「深さ」はいかがわしいものだった(例えば「表象」文化論)。現在ではさらにそうだろう。

雨。
■ヨゼフ・スーク(1874-1935)のピアノ五重奏曲 op.8 (NML)。

Suk: Piano Quintet in G Minor, Op. 8 & Životem a snem, Op. 30

Suk: Piano Quintet in G Minor, Op. 8 & Životem a snem, Op. 30

  • 発売日: 2020/06/19
  • メディア: MP3 ダウンロード
■ヨゼフ・スークの「命と夢」 op.30 で、ピアノはキヴェリ・デルケン(NML)。

魔法少女まどか☆マギカ」第四話を見る。
20200703175239
 
ゆたさんにこちらに来てもらって会う予定だったのだが、コロナの状況で勝手ながら延期してもらう。忸怩たる思い。ゆたさんには老母の体調を気遣って頂いた。すみません。

シンクロニシティ

晴。
昨晩はロナルド・H・コースを読んで寝た。印象的な夢を見た。高校の同窓会に出たのだが、彼ら彼女らの顔があの頃の若いままだったのだ。そりゃそうだ、わたしは学生のとき以来、同窓会というものに出たことはないから、老けた彼ら彼女らの顔を知らないのである。それは、何故か不思議に甘美な体験だった。わたしは目が覚めて、洗面台の鏡に写った自分の顔を見た。そんなにひどい顔というわけでもなかったが、――しかし、顔は年相応に老けた方がよいような気もした。若さを競う現代は、何なのだろうか。いずれにせよ、わたしは最近、どんな夢でも夢を見るのを楽しみにしている。

と書いたら、今日、高校の同窓会の会報が郵送されてきた。本来は同窓会に出席した者のみに配布されるものであるが、今年はコロナ禍で同窓会が中止になったので、本来手にしない筈のわたしも落掌したのである。で、いま何となく中身をパラパラ見てみたところ、今年はわたしの卒業年度が当番学年のひとつらしく、驚いたことに全卒業生の写真(長良川河畔で撮影されたものだった)が掲載されていて、わたしも含めたかつての同級生たちの顔をひさしぶりに見ることになった。正夢というほどでもあるまいが、呆れた話である。同級生たちの顔は、もうあまりよく覚えていなかったが。写真のわたしは紅顔の美少年で、ここから遠くまで来てしまったものだなあと思った。


ドラッグストアまで散歩。

東浩紀『哲学の誤配』 / 橋本倫史『市場界隈』

深夜起床。風の音がする。

フィッツジェラルドの後期作品集を読む。フィッツジェラルドはどうしてもあまり好きになれないな。編訳者の村上春樹フィッツジェラルドは上手いというし、確かに小説の中に真実もあるかも知れないが、結局は小説の状況があまりにも自分とかけ離れている。もちろん小説と自分の落差を楽しむという読み方もあるだろうが、しかし虚栄に満ちた成功者とか、妻に対する裏切りとか、アルコールへの耽溺、没落等々、あんまり楽しくない。結局、楽しくないものは読みたくないという、単純な読者のようだ、わたしは。何で小説の中でまで、虚栄や絶望を読まないといけないのか。いや、ほんと素朴な読みですね。

しかし、フィッツジェラルドの登場人物は、性格は意外と単純な感じもする。多くの場合フィッツジェラルド自身を思わせる主人公は、一見複雑で頭がよさそうに見えるが、つまりは欲望に引きずられて自分がコントロールできないだけだ。けれども、「自分のコントロール」とはいったい何かと考えると、難しくなってしまうが。とにかく、本当のところは退屈な小説たちなんじゃないか?

東浩紀『哲学の誤配』読了。韓国人の安天氏による東浩紀インタビューの日本語訳が中心の本である。巻末の安天氏による東浩紀論がなかなかおもしろかった。このところ日本語で新鮮な知的文章を読んでいなかったので、少し渇が癒えたような感じがした。いま、日本語で新鮮な知的文章を書くことはむずかしいように思えるが、それは何故なのだろう。知的な文章自体は大量に書かれているが、わたしはうんざり感をもたずにそれらを読むことはむずかしいように何故か感じる。それは、当の東浩紀氏の文章でも同じことだ。たいへんに優秀で、有用な文章を書かれているが、すぐに忘れてしまう。まあ、わたしの精神の硬直化ゆえかも知れない。

哲学の誤配 (ゲンロン叢書)

哲学の誤配 (ゲンロン叢書)

  • 作者:東 浩紀
  • 発売日: 2020/05/01
  • メディア: 単行本
結局、何でもわかっちゃう、あるいはわかったふりをしちゃうのだな。つまり、様々な概念があって、いや、時には概念を作り出し、とにかくぱっと適用しちゃう。で、何でもわかっちゃう。わたしも低レヴェルながら、同じようなことをしているのかも知れないな。

でも、それだけでは現実に対して、特に何にも罅を入れることはできないのだ。それはつまり、「わたしの意識」に罅を入れること。いや、問題のある表現だと思いますけれどね、いいんですよ。結局、「わたしの意識」が変わらなければ、何の意味もないんです。

曇のち雨。
橋本倫史を読む。

若い橋本氏の本は沖縄の那覇市第一牧志公設市場に店を構える人たちへの聞き書きで、公設市場には自分も昨年観光で訪れた。もっとも、既に古い公設市場は、建て替えのため仮店舗(?)に移っていたが。本書は幸福なオーラルヒストリーということになるのか、わたしのような人間はつい本書のような本を平凡で退屈に思ってしまう悪癖がある。でも、「平凡(な人生)は金」というのは金言なのであり、それを思い出させてくれるような本は意外と少ないのだよなと思わされた。もちろんかかるオーラルヒストリーというのはそれ自体がひとつのナラティブに他ならず、ここで楽しげに語る人たちから、「人生は苦」という側面に光を当てた本を書くことだって充分可能だろう。しかし、それはやはり著者の人生の考え方がこういう本を作らせたのであろうし、もう一度繰り返すけれども、「平凡は金」ということを思わせる幸福な本は、なかなかないのだ。だから、本書は注目を浴びたのだろうと思うし。続けて読む。

ところで、わたしはかつて橋本氏のブログをちょっと覗いたことがあるのだが、そこには現実への不満・絶望に近いものがたくさん表明されていて、なかなかに暗かった。それを思うと、本書はそんな素朴な本ではないのかも知れない。(追記。いまそのブログをまた一瞥してみたが、平明な文章で日常を記録した、なかなかよいものだと思った。)

橋本倫史『市場界隈』読了。上に書いた「幸福なオーラルヒストリー」という言葉は、本書を読了してみると少し浅かったかなと思う。「平凡は金」であるが、「平凡は幸福」というわけでは必ずしもないのだ。それは本書に、しっかり書き込んである。ただ、著者の人々に対する態度が、どこかポジティブなのが一見「幸福」に思わせる要因でもあろうか。いずれにせよ、例えば共同体の構造や繁栄の条件など、社会学的な観点からも読める本であろうし(もっとも、わたしは敢てそんな読み方をしようとはあまり思わない)、歴史の一断面でもあるし、なかなかよいものだという感想は変わらない。なお、本書はもともと(上に記した)ブログに書かれた文章の書籍化のようで、なるほどこれはいまの時代のよさだなと思った。さてどうでもよいことだが、本書を読み終えてみて、著者とわたしでは、人間に対する眼差しの暖かさが、全然ちがうのだなとなんとなく感じた。人間としての出来のちがいというか。個人的に反省しようにも、もはやどうしようもないところである。

市場界隈 那覇市第一牧志市場界隈の人々

市場界隈 那覇市第一牧志市場界隈の人々

  • 作者:橋本 倫史
  • 発売日: 2019/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

曇。日没前、散歩。蒸し暑い。





不穏。

二重の原生的疎外

深夜起床。

人間というものは入力を何重もの(言葉の)フィルターでブロックしていく傾向を、その本来の時点でもっているということだ。吉本さんは「人間の二重の原生的疎外」ということを仰っているそうだが(読み直してみないといけないな)、さて、(人間以外の)動物はどうなっているのか、わたしごときにはどうもよくわからない。少なくとも動物には「二重の原生的疎外」はないようだ。人間の本来的傾向から、それは時代が進んでいくごとに強くなり、言葉によって生ががんじがらめになってゆく(それが、「社会の発展」の別名だ)。しかし、それをいけないことだと言ってしまえば、極端なアナーキズムに陥ってしまうしかない。そして、「昔はよかった」ということになってしまう。いや、ある意味ではそれはどうしようもなく正しいのだが、そんなことを言っても仕方がないのでもある。しかし、高度資本主義というのは、得体が知れないところがあるな。我々は袋小路に陥っているのであるが、ここまで歩いてきて、もはやどうしようもない、これ以上何ともすることはできないし、そんなことはどうでもいいと、浅田さんのような「マイルドな(明るい)ニヒリズム」で、少なからぬ人はやっているわけだ。けれども、強い人はそれでよいけれど、自分たちが陥っている状況に気づかず、ただただ生きづらいだけという(若い)人たちは、それでいいのか。我々は終点まで歩いてきましたよ、まあこんなものらしいですよで、済ましてしまって? わたしはそれではいけないと思い込んできたけれど、余計なことをするなという人が多いのではないかと、ふと思ったりする。却って、怒りをかったりしてなあ。

サブカル」的な子宮の中でまったりとまどろんでいたい、邪魔すんな、そういうことかな。現実なんか、見たくない。見ても、どうしようもない。ただただ、生きづらい。それかな。

中沢さんのいう、「インターフェイス」の問題だ。我々は外部とどのようなインターフェイスを作り上げていくのがよいのか。現代における、難問中の難問であり、それはまだ探索が始まったばかりのところにある。現実としては、世界は徹底的に人工化されていっているし、それはむしろ肯定されている。人間が拵えたもの以外の入力を極端にカットし、人工物がループする強固な構造が出来上がりつつある。それが(つまり高度資本主義であり)、究極の「管理社会」の肯定に他ならない。「サブカル」的想像力の温床である。「サブカル」は、果たしてそれを突き抜けることができるのか?

もうひとつ、東さんのいうがごとく、「家族」は救世主になり得るのか? わたしにはそれはまったくわからない。妻も子供もいないから。管理社会と家族、か。高度資本主義は、家族を崩壊させずにおけるのか。現実として、若い世代になるほど結婚せず、結果的に子供も減っているという事実がある。さても。いや、たぶん国家は生殖を「強制」するようになるだろう。管理社会の必然だ。「国家は存続せねばならない。」SF的世界。


吉本さんの『心的現象論序説』をざっとひっくり返してみたが、「二重の原生的疎外」という用語はないようだ。つまり、言葉による疎外ははっきりとは指摘されていないようである。しかし、「言葉による疎外」と言ってしまってはいけないのかも知れないが。まだわたしはそこまで理解していない。

 
しかし、管理されたって生のささやかな喜びも悲しみもなくなりはしないのだろうな。さて、それでいいのか知らないというか、わからなくなった。余計なことを考えて、どうなる。生きづらくたって、そんなこと知るか。かな。マイルドな(明るい)ニヒリズム。そうやって我々はダメになっていく。

雨。

フィッツジェラルドを読み始める。

夕方、散髪。さっぱりした。

夕食。市販の「麻婆茄子の素」を使って麻婆茄子を作ってみる。多少味が濃かったし、ピリリと辛いところもあったが、まずまずだった。それから、ポテトとベーコンを炒めた(?)料理を作った。これは以前にテレビで見たもの。

早寝。