こともなし

晴。
昧爽起床。朝五時だとまだ暗くなったな。

NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第六番 op.30-1 で、ヴァイオリンはヴォルフガング・シュナイダーハン、ピアノはカール・ゼーマンNMLCD)。よいな。

ヤナーチェクのヴァイオリン・ソナタで、ヴァイオリンはヴィクトリア・ムローヴァ、ピアノはピョートル・アンデルジェフスキ(NMLCD)。■ハチャトゥリアンのヴァイオリン・ソナタで、ヴァイオリンはアダム・グリューチョ、ピアノはマリアム・ハラチヤン(NMLCD)。

第21回 国家は文化芸術を主導すべきか?――政治体制と芸術家たち | デモクラシーと芸術 | 猪木武徳 | 連載 | 考える人 | 新潮社
感銘を受けた。いつもながら、誰にでも書ける文章ではない。「芸術」を云々する知識人はもちろん掃いて捨てるほどいるが、芸術をここまで理解玩味し、国家・社会と歴史と人間に対して深く目配りできる人物は極めて限られてくる。いまでもこんな学者がいるのだな。

図書館。棚から本を抜いてページを繰っているうち、気が滅入ってくる。
支払いのため、近所のコンビニまで歩く。

夕飯はもち米シュウマイ。なかなかうまかったが、食いすぎました笑。

ちょっとだけ書いておこうか。
とある超有名ブロガーの本日付のブログエントリに「縦割りを排し、統一IDなしには暮らせない社会へ」とあって、軽いめまいというかショックを覚えた。

つまり大事なのは「国民全員に統一IDを割り振ること」ではなく
「統一IDなくしては暮らせない社会」にしてしまうことなんです。

こうきたか。
これはすなわち、監視カメラどころではない、日本を一気に世界先端レヴェルの「監視社会」あるいは「管理社会」にしてしまえというプロパガンダである。もちろんそのことをこの超有名ブロガーはわかっているわけで、そこが趣き深かった。例えばエントリには「これで脱税とか、基本できなくなるっしょ」とあるが、これはつまりアナーキズムとか反国家という発想が非常にむずかしくなるということだ。実際にいまの中国では既にそうなっているが、そういう国家がよい、日本もそうなるべきだということである。つらつら思うに、特に若い人たちが、たぶんそれに賛成なのだろうな。いまの日本は、非効率的で古くさい、遅れた国家だという認識がふつうになっているから。まあ脱税くらいなら(まだ)いい。どうせサラリーマンは脱税なんか端(はな)から不可能だし、脱税している奴なんかは「悪人」なんだから、とかいうのは一応正しそうにも思える。しかしアナーキズム……いや、やめておこう。なんか時代遅れのことをまた書きそうだから。
 いずれにせよ、かしこい学者たちの検討によっても、もはや国家のある程度の「監視(ないしは管理)国家化」は不可避であることを認めざるを得ないらしい。わたしはそのあたりのことは、素人考えしかもっていないし、何ともしようがない。けれども、この段階でいち早く時流に乗り、このようなエントリを影響力のとても大きなブロガーが書いてしまうというのは、繰り返すがわたしには軽いめまいというか、ショックであった。ま、頭のよい人というのはいるものだなということである。


しかし、ヤバい時代だよ。我々のようなだらしのない庶民は、本来ならこんなアカデミックで抽象的な概念なんか放っておけばよい筈だよ。そういう世の中を作るのが、ほんとのエリートってものだと思うが。どんどんだらしなく生きていけなくなってきている。酸素がだんだん減ってきて、息苦しさが増していっている。そのうち、日本の愛すべき超下らないサブカルも窒息するんじゃないか? そうなったらおしまいかも。

ジム・フジーリ『ペット・サウンズ』 / 大地あるいは「母性」の死

晴。

NML で音楽を聴く。■バッハのトッカータ ト短調 BWV915、ト長調 BWV916、イギリス組曲第六番 BWV811 で、ピアノはジョアン・カルロスマルティンスNMLCD)。■ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第一番 op.12-1 で、ヴァイオリンはクリスチャン・フェラス、ピアノはピエール・バルビゼ(NML)。1958年の録音。中身の詰まった演奏とはこういうのをいうのだろうな。フェラス+バルビゼはよいデュオだ。ちなみに、バルビゼは青柳いづみこさんのお師匠さんである。

Beethoven: L'intégrale des 10 sonates pour violon et piano

Beethoven: L'intégrale des 10 sonates pour violon et piano

  • 発売日: 2020/08/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
しかし、シュナイダーハン+ゼーマンもまだ聴き終えていないしなあ。こちらも聴かないと。


日本人には超越性が足りない。これは自分を省みても思うことで、やはり超越性=父性を導入していくことは必要なのであろう。日本社会の母性の強さを指摘した河合先生もそのように仰っている。その河合先生の仰る「母性」だが、それは西田幾多郎の「場所」が「包み込むこと」という説明をなされているような、そんな意味での一種の比喩なのか、やはり実際に母性そのもの、母の力というものが強いのでもあるか。超越性は世界の彼岸、あちら側を目指すものであるし、また切断でもあり、一神教の「神」が歴史的に果たしてきた役割である。一方、日本の「八百万の神々」は切断しない。これに切断の機能を接続すると、よくも悪くも日本社会は変質していかざるを得ない。現実に、少しづつそちらの方向に向かっていることはまちがいあるまい。

それでふと思い出したのだが、アニメなどにおけるオタク文化の「妹」(兄に対する)というのは、わたしには非常に不思議なものだな。あれは何を表しているのだろうか。とても父性でないのは明白だよね。柳田国男の「妹の力」というようなものでもない。

多神教一神教を包含するか。そのような試みは、いまだかつてなされたことがない。

スーパー。

昼から医療器具販売店へ。

好天。普段とちがうところへちょっと出かけてみたかったので、愛知県の扶桑町イオンモールまで車で。ミスタードーナツ イオンモール扶桑ショップへ。エンゼルクリーム+ブレンドコーヒー。たまたまかも知れないが、ミスドはガラガラに空いていた。図書館から借りてきた、ジム・フジーリ『ペット・サウンズ』を読み終える。村上春樹による翻訳だ。以前本書の前半を読んで簡単に記したことは知ったかぶりだったので、ここでは特に何も書かない。なかなかおもしろい本でした。訳者あとがきも興味深かった。わたしはやはりポピュラー音楽については全然知らないなと思った。まあ、クラシック音楽だって、知っているとはいえないけれど。

 

本棚から河合先生の『母性社会日本の病理』の文庫本を抜いてきて再読し始めた。これ、前はいつ読んだものなのだろう。本書の元本は1976年の出版であり、河合先生の本としては初期のものであろう。ひとつの社会の成員の心というものはそう簡単に変わるものではないから、本書の議論はいまでもかなりがそのまま通用するし、また一方では確実な変化も感じる。例えば河合先生は「自己実現」というものを、これまでの日本にはあまりない考え方として、かなり肯定的に提出しているが、いまではその「自己実現」に苦しむ若い人たちが少なからず居るというように。まさしく河合先生の仰ってきたとおり、人の心に関しては様々なことにおいて二面性があり、その一方が「これならば確実によい」というような便利なものはまずないのだ。

母性社会日本の病理 (講談社+α文庫)

母性社会日本の病理 (講談社+α文庫)

合理性というのは「父性」と強く関係があるといってよいと思うが、いまは世界的に「父性」の覇権化が進んでおり、母性の強い日本でもそれを無視できないようになっている。これは世界の徹底的な人工化、「大地の死」とも関係していることは確実だ。そして、本書にあるとおり、「大地」は母性、「グレートマザー」なのである。

しかし、考えてみると、人工空間は安全で快適な母体の「子宮」を思わせるところもあるな。グレートマザーとしての母性は非常に暗くて深い、呑み込まれるような危険をもっているが、人工子宮としての空間にはそのような危険はない。母性もまた人工化するということか。あるいは、世界から切断された母性。いずれにせよ、大地の死は同じことである。

デジタル空間。サイバースペース

モーパッサン『オルラ/オリーブ園』

晴。起きたらかなり涼しかった。ちょっと寒いくらい。
10時間くらい寝た。寝ていて底の方から3桁の数字がすごい勢いで上がってきて、それでびっくりして目覚めた。

昨日のブログ記事に大幅に加筆する。


NML で音楽を聴く。■メンデルスゾーンピアノ三重奏曲第一番 op.49 で、演奏はトリオ・オーパス8(NMLCD)。■バッハのトッカータ ニ短調 BWV913、ホ短調 BWV914 で、ピアノはジョアン・カルロスマルティンスNML)。NML の「今週の一枚」に、マルティンスは「20世紀最も偉大なバッハ演奏家」とあって、そりゃほうと思いますよね。既にバッハのすべてのキーボード作品を録音しているそうで、そのどれくらいかはわからないが、NML でもたくさん聴ける。まだ日本語版の Wikipedia には彼の項目がないようで、英語版の Wiki によると、マルティンスは事故による指の障害を克服したのち、さらに1995年に悪漢(?)に襲われて頭部と脳に深刻な怪我を負い、右手が使えなくなったらしい。その半生は映画化されていま公開中だという。さて、とりあえずトッカータを二曲聴いてみただけだが、エモーショナルでドラマティックな演奏であり、しかもその射程は驚くほど大きい。「20世紀最も偉大なバッハ演奏家」(映画の惹句なのかな)と称されるとどうしてもグレン・グールドとの比較になってしまうだろうが、グールドの録音とはまったくちがった価値を持つことは、わずかにこの二曲だけを聴いてみただけでも明らかだ。ただ、(わたしの好きな)BWV914のフーガを聴いても、バッハの「数学的な」側面があまり強調されないのが、これだけでわかると思う。そこがグールドとちがいそうだ。「偉大」といえば「偉大」かも知れないが。

Complete Keyboard Works 12

Complete Keyboard Works 12

とにかく二曲聴いただけだから、あるいは的外れかも知れない。マルティンスのバッハの録音は、しばらく聴いてみることになるだろう。

好天。少し暑い。
昼から、母の診察で病院へ。概ね順調。今日はわたしも付いていったのだが、ぼーっとひとりで待っているとき、脳神経外科の診察を待っている車椅子の子供を見かけた。母親らしき人が付き添い、小学校低学年くらいだったが、言葉が不自由な感じだった。別にだからどうということもないかも知れないが、やはり子供だとなあ。わたしの教え子に、シングルマザーで子供が難病であるのがいるけれども。小学生から高校生まで彼女を教えたのだが、いまはどうしているのかなとちょっと思う。

帰りにドラッグストアに寄る。


日没前、散歩。一時間近く歩いたかな。

これはウチのごそごそ庭。



サルスベリ百日紅)。

キャベツ畑。

馬の尻。

韮、かな。




スカート穿いた女の子たちはブランコを元気に漕いじゃいけないんですよ。撮ったら変態だな。
いまは彼岸花の盛り。


モーパッサン『オルラ/オリーブ園』読了。太田浩一訳。中短篇集。予想していたよりもずっとおもしろかったな。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」(アニメ版)

日曜日。晴。
昨晩は「青春ブタ野郎」を見ていたせいでなかなか寝付けなかったな。

NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンピアノ三重奏曲第七番 op.97 で、ヴァイオリンはレオニード・コーガン、チェロはムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ピアノはエミール・ギレリスNML)。

Beethoven 2020 – Historical Recordings

Beethoven 2020 – Historical Recordings

  • 発売日: 2019/11/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
スーパー。
昼食は冷やむぎ。


青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」を見る。
20200927151915
劇場版。なんとかハッピーエンドということかな。まあ終わっていないけれど。ホント、どうなるかと思った。シリアスすぎてしんどかった。
多世界解釈*1ということかな、で、時系列が錯綜しすぎてちょっとわけがわからなくなった。誰がいつ何を知っているのか。これ以上書くとネタバレになるので止めておきます。エンタメで「死」を扱うのはむずかしいな。確かに感動するものは作れるけれど、わたしはこれまでのテレビ版の方がまだ気楽でいいかも。


あとあまりにもどうでもよくて申し訳ないのだが、「麻衣ちゃんツンデレ説」つーのがありまして。でもこれは、彼女のCVの人もやんわり疑問を呈していたように、僕はちがうと思う。僕はそもそもアスカ的な「ツンデレ」という言葉があまり好きではないのだが、それはいいとして、どうして
20200928080542
こういうことになる女の子がツンデレなんだ? 僕は、麻衣ちゃんのツンデレっぽいのは、好きな男の子に強がってみせる年上の女の子が、ふつうに出ているだけだと思う。全然ツンツンしてない。ついでに、それに対して、彼女にベタ惚れの筈の咲太がみょーに「余裕ぶっこいて」いてかつやさしいので、まあなんつーかよいですねみたいなことに我々はなるのだと思いますよ、わたしは。

夕方、庭の柿の落ち葉を掃いて焚く。
20200927164504
「林間に酒を煖めて紅葉を焼く」という漢詩があったな。ま、それに比べれば無風流もよいところだが。

早寝。

*1:後記。「多世界解釈」というわけではないのかな。ストーリーのキーになっている「観測されなければ存在が確定しない」というのは、量子力学の基本だ。(でも、観測されるというのは例えば古賀ちゃんに見てもらうこと笑ではなくて、とにかく粒子の位置と運動量を確定させるということなのだけれど。)で、あとは、エンタングルした粒子による「量子テレポーテーション」と。これを粒子レヴェルではなく、マクロな存在に適用しているのがこの「青春ブタ野郎」の仕掛けというわけだが、まあそんなことを咎めても仕方がないか。遊びですからね。
 よく考えると、わたしはマクロな存在が量子力学的に「観測される」というのは、どう考えたらよいかよくわからないな。「シュレーディンガーの猫」とかはまさにこれをやっているようにも見えるが、実際は飛び出す放射線ガイガーカウンターでキャッチするときに観測が行われているだけで、わたしには猫の生死が不確定になっているとはどうしても思えないのだが。ま、これは優秀な物理学者たちが考えてきてもわからなかった難問ですね。

こともなし

晴。

NML で音楽を聴く。■バッハのフランス組曲第六番 BWV817 で、ハープはクリスティアーナ・パッセリーニ(NMLCD)。このハープ編曲のフランス組曲アルバム、なかなかよかった。ところでこの演奏の Prelude は何だろう。平均律クラヴィーア曲集だったかな。何でここで弾かれているのか。■イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第六番 op.27-6 で、ヴァイオリンはニクラス・ヴァレンティン(NMLCD)。■バルトーク無伴奏ヴァイオリン・ソナタで、ヴァイオリンはヴィクトリア・ムローヴァNML)。これはすごいな。

Viktoria Mullova Plays 20th Century Sonatas

Viktoria Mullova Plays 20th Century Sonatas

プーランクのピアノと木管のための六重奏曲で、ピアノはラルフ・ゴトーニ、デンマーク国立放送交響楽団木管五重奏団(NML)。

午前中、甥っ子の勉強を見る。
昼食は甥っ子と「ひぐち」へ。わたしは明太ピラフを食べた。

今日はずっと下らんことをしたり、ごろごろしたり。で、夜は下らんアニメ(わたしにとっては神アニメ笑になりつつありまする)を見る予定。

夕飯は市販の素を使った麻婆ナス、中華点心、残り物×2など。うまかったな。


青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」最終話まで観る。
20200926231857
全然完結していませんな。続きは劇場版ということか…。

しかし、何という繊細さかね。原作はラノベらしいが(もちろん読んでいませんが)、すごいもんです。SF的(?)な設定はバカバカしいくらい単純なのだが、それだからこそこの繊細さがあるのだな。

これはタイトルで損をしているというか、得をしているというか。タイトルからだと、全然こんな内容だとは想像がつきませんよ。PVですら、その魅力の一端もうまく伝えきれていない感じ(前もちょっと書いたけれど、OPがすごく言い当てている)。エンタメのキャラクターは別に「お人形さん」でもいいのだろうと思うけれど、この作品の登場人物たちはなかなかそうとはいえない。特に咲太の妹のかえでは序盤のストーリーを見ていると何じゃこりゃという感じで脱力させられるのだが、こんなシリアスに話が回収されるとは。麻衣ちゃんも国民的アイドル(?)という、なんつーアニメ的(?)でしょうもなという設定なのだが、全然「お人形さん」じゃない。彼氏の咲太との掛け合いを見ていると、現実にはほとんどあり得ないくらいの、思春期の感情の揺れ動きの繊細さを感じる。この繊細さは、日本の古典の繊細さに繋がっていっていると、さて言ってみたい気がするが、どうなのでしょうね。
 でも、わたしたちは思春期のとき、こんなに繊細じゃなかった気がするのだよなあ。これから、いまの若い人たちの……みたいなことは言えるのか知らん。まあアニメなんだからそこまで考えなくても、といわれるかもしれないが、けれどもこういうところにこそ世代の特徴が出るのでもないだろうか。

こともなし

雨。

車の修理のため、ネッツトヨタへ。代車を借りる。

母診察。特に問題ないとのことで、すぐに終わったそう。

昼寝。

NML で音楽を聴く。■イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第四番 op.27-4、第五番 op.27-5 で、ヴァイオリンはニクラス・ヴァレンティン(NMLCD)。■シューベルトの「楽興の時」 D780 で、ピアノはフリードリヒ・グルダNML)。グルダよいな。

Various Pieces by Friedrich Gulda

Various Pieces by Friedrich Gulda

ショパンのバラード第一番 op.23 で、ピアノはフリードリヒ・グルダNML)。■シューマンの「交響的練習曲」 op.13 で、ピアノはヴァルター・ギーゼキングNML)。ギーゼキングは不思議なピアニストだな。一切の感情を交えず、楽譜どおりに機械的に弾いているだけなのに、シューマンとしかいいようのない、見事な音楽になっているというか。とかいうのは、あまりにも紋切り型のギーゼキングのイメージだろうか。でも、どうしてもそんな風に聴こえてしまうのだ。 
夕方、修理終了。燃料タンクの「浮き」を交換した。雨の中、代車を返して車を引き取ってくる。

モーパッサンを読む。

早寝。

こともなし

曇。
10時間くらい寝た。

NML で音楽を聴く。■バッハのフランス組曲第一番 BWV812 で、ピアノはエフゲニー・コロリオフ(NMLCD)。美しいバッハ。

スーパー。
昼食は焼きそば。

今から10年前のベーシックインカム論に一字の訂正の要なし: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳)
わたしはどちらかというと BI賛成論者であるが、濱口先生の BI論は他に聞いたことがないようなものである。それは基本的に BI に反対しているが、さすがは濱口先生というべき、本質的な議論になっている。特に「BI論とネオリベラリズムとは極めて親和性が高い」というのは意表を突かれたが、読んでみるとなるほどといわざるを得ない。ただ、わたしもクズとして「お前のようなクズは働くべきでない、おとなしく BI でももらっていろ」という(ネオリベラリズム的)発想に、反論がむつかしい感じがするものまた事実だ。わたしは、濱口先生の懸念のとおり、既に自分への尊厳がなかなか持ち難いことを感じている。(自分ではなく)他者への尊厳がむつかしい時代に、やはり「捨て扶持としての」BI は必須かも知れないとは思う。その帰結はネオリベ的な、極端な格差社会になることであろう。となると、わたしは意図せざるネオリベラリズム論者だったのであろうか?

それこそ「捨て扶持」として、一箇月に1万円〜3万円程度の BI というのは、そのうち導入される可能性が高いのではないか。その程度で(いろいろな意味で)救われる人が多く存在しているのは、わたしは確実だと思う。わたしは濱口先生の指摘によって、ネオリベ的社会の到来の不可避性を考えてみずにはいられなくなった。それは経済的な格差社会であると同時に、新たな階級社会でもあるだろう。

濱口先生の議論にある「労働を通じた社会参加」というのが、先生の立場をよくあらわしている。わたしはこのような(古典的な)発想がずっと有効であることを心から望んでいると同時に、これが壊れかかっていることも強く感じる。少なくともわたしは「労働を通じた社会参加」というものを、既にあまり信じていない。これは、たぶんわたしがあまりにも特殊であろうとは思うけれども。

(注記。濱口先生のこのブログ記事は、何故かわかりませんが半日くらいして削除されました。同じ文章はここでも読めるようです。)

珈琲工房ひぐち北一色店。ジム・フジーリ『ペット・サウンズ』(村上春樹訳)を読み始める。

わたしにとってビーチ・ボーイズというと、山下達郎大瀧詠一経由という他ないな。少なくともそれ自体としてのコアなファンとはいえないが、では好きではないかといわれると、好きというしかない。ビートルズなどと比較すると、いや、比較にならないというくらいには、ビーチ・ボーイズが好きである。ビーチ・ボーイズは決して楽天的なサーファー・ミュージックではないし、本書もまたそういう本だ。だって、「ペット・サウンズ」なんだからね。

これは「Pet Sounds」の収録曲ではないけれども……胸に迫る曲だ。自分の英語力が充分でないのが残念。


第1回 標的にされる「教育」と「メディア」|地方メディアの逆襲|松本 創|webちくま(1/3)
今回もおもしろい。いや、おもしろいといっていいのか。

それよりショックだったのは、同業であるメディア関係者の反応だったと斉加は言う。橋下が彼女を面罵し続けた26分の間、周囲に数十人いた記者は他人事のように傍観し、黙々とパソコンにやり取りを打ち込んでいた。MBSの市政担当記者がわずかに一言フォローしたが、それ以外に「おかしい」と声を上げる者は一人もいなかった。

わたしは大阪・毎日放送がこういうドキュメンタリー番組を40年間も続けてきたことを知らなかった。上の「メディア関係者の反応」というものについて、どう考えてよいのかわたしにはわからないところがある。元から日本のメディアなんてそんなものだったのか、それとも何かが変わってきたのか。それを自分で判断する材料に、わたしはあまりにも乏しいことを痛感する。わたしは日本のメディアというものを、この歳になってもじつはよく知っていないのだ。いや、日本人そのものについても、何が何だかわからなくなっている。日本人というのは、以前からこの程度のものだったのか?という。何というか、この人たち(さて、そういって誰を指すのか)はあまりにも頭が単純粗雑すぎて、わたしはその心情に入っていけないのだ。彼ら彼女らは、むしろエリートだったりするのに。この記事にも東大名誉教授という人が出てくるが、そのおつむの粗雑さにはびっくりさせられる。たぶん、この人はお勉強はとてつもなくよくできたのであろうになあ。ま、昔わたしのまわりにも、こういう人たちはたくさんいた。彼ら彼女らは、いまたぶん世の中を動かしていく地位と仕事に就いている筈であるが。

何か気持ちが暗くなったから、夜は下らないアニメでも見ようかな。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」第8話まで観る。
20200924222958
この「君のせい」っていうオープニングテーマ、いいな。このアニメを見始めたとき何かよくわからなかったのだけれど、「君」ってのがあのブタ野郎だってわかると一気につながりました。ホントにやさしくて、「余裕ぶっこいてる」ブタ野郎だ(笑)。マシンガンで狙い撃ちしてやって下さい、麻衣ちゃん。
20200925110203