北田暁大+解体研『社会にとって趣味とは何か』 / 國分功一郎「NHK 100分 de 名著 スピノザ『エチカ』」 / 釈宗演『禅海一瀾講話』

曇。
よく寝た。九時間くらい寝たな。

NML で音楽を聴く。■カルロ・ジェズアルドの「ほめたたえよ、イスラエルの神である主を」、「神よ、われを憐れみたまえ(ミゼレーレ)」で、演奏はヒリヤード・アンサンブルNMLCD)。■バッハのフルート・ソナタ ロ短調 BWV1030 で、フルートは福永吉宏、チェンバロ小林道夫NMLCD)。よい。■スカルラッティソナタ K.135、K.112、K.27、K.20 で、ピアノはクリスチャン・イーレ・ハドラン(NML)。これ悪くないな。抒情的な感じ。

Scarlatti Sonatas

Scarlatti Sonatas

 

肉屋。スーパー。

ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。カスタードクリーム+ブレンドコーヒー399円。『社会にとって趣味とは何か』の続きを読む。テイストだのライトノベルだのケータイ小説だのジェンダーだのオタクだのロリコンだの、基本的に自分にはどうでもよいのであるが、こうして社会学してみるとおもしろくないこともない。しかし、クラスターを表す名称が、社会学という学問ではあまりにも実体化されすぎているような違和感が拭えない。例えば「オタク」という呼称は、そんなにはっきりしたものであろうか? まあしかしそんなことを言っていては社会学できないので、仕方がないのではある。といって、例えば自分は「オタク」なのかと問うに、そんな面倒なことは考えたくない感じである。ま、自分だけか。そして「テイスト」。例えば自分は優越感に浸りたいがゆえに純文学を読み、クラシック音楽を聴くのか? いや、そう思っていなくても、案外そうなのかも知れない。しかし、上流階級に属している証拠としてそうしているのかと問われたら、笑ってしまう。わたしのどこが上流階級なのか。むしろ孤独な下流、貧乏人にすぎない。「テイスト」が階級意識に関わる問題であるとするなら、わたしの存在がその反証になっていると思う。わたしはいまのセレブの実態をそれほどよく知っているわけではないが、いまのセレブなど文化的にはどうしようもない「下等民」であることは容易に想像がつく。わたしはかつてエリート予備軍だったことがあるので、どういう下らない人間が「エリート」になるか、よく知っているつもりだ。ま、どうでもいいんだが。

「オタク」というのはもともと蔑称であり、いまでもそういうところもあるが、クラスターを表す名称は一般にもともとネガティブなコノーテーションをもっていたものが多い。近代絵画における「印象派」など、その最たるものとして有名であろう。他にも同じような例はたくさんあるにちがいない。

社会学ってのは、唯名論者ではなくてある程度実念論者でなければやっていけないところがあるな。当り前だが。だから、もともと理系の学者を目指していたわたしには違和感があるのであろう。


北田暁大+解体研『社会にとって趣味とは何か』読了。読み終えてみると、やっぱり北田さんだなと思う。本書は北田さんが中心となっている共著で、それぞれ優秀でなかなかおもしろいのだが、正直言って北田さん以外はそれほど大したことはない。それくらいには、わたしも優秀なのだろうが、北田さんくらいになると到底敵わない感じがする。北田さんは(東さんと同じで)僕より少し年下なのだが、とても優秀でしかもよく勉強されているだけでなく、やはり個性がはっきりとあって、論文以外の部分ではこれはもう文学だなと思わせる複雑さがあって好きだ。特に本書第8章の「動物たちの楽園と妄想の共同体」(なんて皮肉っぽい題名!)などは、精密な論理が怒りに近い感情でドライブされていてアグレッシブであり、野次馬としてはとてもおもしろかった。ははあ、こういう論文もありなのねと感心する。もっとも、「中二病的ヘタレ」(あるいはパヨク)である自分などは、北田さんのもっとも嫌悪するタイプの読者であろう。残念ではあるが、まあいいのだ。彼こそが現在における良質のリベラルであることに疑いはない。ヘタレながら応援しております。

 

國分功一郎NHK 100分 de 名著 スピノザ『エチカ』」読了。あるブログで『エチカ』入門として絶賛されていたので、Kindle版を購入した。確かに非常にわかりやすく、内容も濃い…と書いたが、じつはちょっと自分の能力ではむずかしかったですね。まあ、特に丁寧に読んでもいないので、きちんと読んだ人はわかるのではないかと思います。それにしてもスピノザというのは誰からも絶賛されていて、悪く言われるのを読んだことがないのだが、自分にはライプニッツ同様、よくわからない哲学者である。言っていることがわからないというよりも(いや、それはそうなのだろうが)、だから何だという気がするのだ。本書でも國分さんはスピノザを読むことは生きる助けになるというスタンスで書いておられるが、そこが全然わからない。皆さんなら、スピノザをよく理解して、豊かな人生に結びつけることができるのであろう。大したものである。

我々が「神の副詞」であるとかいわれてもね…。まあこれはスピノザの書いていることでも國分さんの読みでもないが。國分さんはスピノザから「神」を分離することが可能と思われているのだろうか。神がベッドのシーツであるとすると、我々はシーツの皺…。まあそうなのかもしれないが…。というか、そうなのだろうが…。
 それから國分さんの解説に、「真の観念を獲得していない人には、真の観念がどのようなものであるかは分からない」という文章がある。これは確かにそのとおりなのだが、結局これは「わかる人にしかわからない」引いては「バカにはわからない」ということに繋がってしまうのではないか。もう一度書くけれども、それは確かに正しい。しかし、そんなことを言ってどうなるのだ。当り前のことではないかと思う。僕は別にスピノザが「真」であるとしてもまったく構わないのだが、スピノザが本当に現代に有効であるのか、どうもわからないのだ。スピノザには「絶望が足りない」とわたしには思われてしまう。晴朗な精神? 賢者? バカでごめんなさい。

わかる人にしかわからない。確かに。わたしにはわからない。

深夜、釈宗演『禅海一瀾講話』読了。文庫本で 700ページを超える分厚い本である。さらに読み返すつもり。

禅海一瀾講話 (岩波文庫)

禅海一瀾講話 (岩波文庫)

大岡昇平『小林秀雄』

晴。

昨晩から Linux Mint 19 で Windowsフリーゲーム等を動かすのに熱中。ゲームがやりたいというよりも、わざわざ LinuxWindows のソフトを実行させるという無駄な試みがおもしろくてやっている。昨日もちょっと触れたけれど、Wine というアプリケーションを使っているのですね。しかし、何でも動くというわけにはいかない。
これはフリーの戦略シミュレーション・ゲームとして有名な「Almagest」をいうのを Wine で走らせた記録。下の「ふしぎの城のヘレン」というフリーRPG は、Windows でしか動きませんでした。全然遊んではいないのですが(笑)。
20181210154346


NML で音楽を聴く。■モーツァルトのピアノ協奏曲第五番 K.175、第二十四番 K.491 で、ピアノはダニエル・バレンボイム、イギリス室内管弦楽団NML)。若きバレンボイムによるフレッシュな名演。これを聴きながら死んだら苦痛なく至福の内に死ねるのではないかと昔どこかで村上龍が書いていたが、さすがにうまいことを言うと思う。ある時期からのバレンボイムは僕は合わないし、それに青柳いづみこさんではないが、指揮が忙しすぎてピアノの練習ができないで当り前ということになっているけれども、この頃はすばらしく元気がよい(でも、若い頃からあんまり練習しなかったのではないかとも思われるのだが)。第二十四番終楽章の短調から長調へ転調する前後、ゾクゾクしますね。昔から大好きなモーツァルトのピアノ協奏曲全集である。

Mozart: Complete Piano Concertos

Mozart: Complete Piano Concertos

なお、アマゾンのレヴューでは酷評されていますね。まあ好きに聴いたらよいのだが。■ブラームス交響曲第四番 op.98 で、指揮はセルジュ・チェリビダッケシュトゥットガルト放送交響楽団NMLCD)。おー、最後は盛り上げて終ったなという感じ。途中、ダレているところはたくさんあった。僕はもっとメリハリのついた演奏が好みだが、確かにチェリビダッケの作り出す音は透明で洗練されている。僕はチェリビダッケはあの止まりそうなスローテンポよりも、ドライブ感があるところの方が好きだ。


ブログ「本はねころんで」の今日のエントリを拝見していたらはてなブログの広告について言及されていたけれど、僕はブラウザが Google Chrome なので「Adblock Plus」という Chrome Extention(拡張機能)を使っている。多くの広告を自動的に非表示にしてくれる有名な Extention である。便利ですよ。「本はねころんで」さんは Firefox を使っておられるように以前拝見したが、Firefox のアドオンにもまったく同じもの(参照)があるので、これらブラウザを使っておられる方にはおすすめしておきたい。はてなブログの広告もまったく見えなくなります。


大岡昇平小林秀雄』読了。文庫オリジナル編集。大岡昇平にせよ小林秀雄にせよ、自分にはあまりにもなつかしい人たちである。大岡が引用している小林秀雄の文章の断片が、何だか悲しくてしようがない。もはや若い人たちには小林秀雄など何の意味もない。本書文庫解説は山城むつみさんで、これは読み応えがあった。山城さんは、現在の同時代人ではない、まじめな文芸批評家である。あまりよくは知らないが。その解説に、「今は、小林秀雄は我々の『師』だが、我々は彼の『弟子』ではないと敢えてはっきり言うべきときである」(p.284)とあるが、自分にはその気持ちがよくわかる気がする。それは「反知性の奈落」(p.284)に落ち込むことであるから、と。しかし、よく考えてみると小林秀雄は本当に「反知性」なのだろうか。けれども、そんなことはいい。最近わたしはよく思うのだが、小林秀雄からわたしが教わったことに、「沈黙」の大切さがある。そもそも、皆んな何でも口が回りすぎる。ある優秀なプログラマの「いやな法則」というのに、「にわかほど語りたがる」というのがあったが、まさしくそれだ。自分もこんなくだらないブログでくだらないことを書きすぎるくらいだが、これでもできるだけ語るまいと心がけているのである。我々の語ることは、よほど気をつけていないとすぐに我々を裏切る。つい、心にもないことを語る。例えばネットなんて、所詮そんなものの堆積にすぎないともいえるし。

小林秀雄 (中公文庫)

小林秀雄 (中公文庫)

こともなし

日曜日。曇。急に寒くなった。というか、ことしの秋が異常に暖かかったのだけれど。
寝坊。午前中は睡眠の後始末。

何だかものすごく眠いので昼寝。


老母の年賀状作成用に、郵便局の「はがきデザインキット2019」を、Wine を使って母の Linux Mint 19 に入れることを試みる。最初はいろいろやってもダメで、母も「もう古い Windows の筆ぐるめをつかうから」ということで一旦は諦めた。けれども自分の Linux Mint 19 に 2018年度版はインストールできているので、ミニノートの Ubuntu Budgie 18.04 に入れてみる。すると、いろいろ検索して調べたりしてインストールできたので、もう一度 Mint 19 で試みてみたら無事インストール。で、かつて何故か印刷ができなくて諦めた過去があったのだが、試してみると印刷も可能で、しかも筆ぐるめからエクスポートした住所録の csv ファイルも(多少の手直しで)読み込め、印刷が可能であることも確認。というわけで、「はがきデザインキット2019」は Ubuntu 系統ならインストールできることがわかりました。ふう。
20181209195246

頑張って「はがきデザインキット」のインストールの記事を書きました。
marginalia.hatenablog.com

こともなし

曇。
昨晩は明け方までプログラミングをしていた。なので寝坊。

NML で音楽を聴く。■バッハのイギリス組曲第三番 BWV808 で、ピアノはウラディーミル・フェルツマン(NMLCD)。■カルロ・ジェズアルドの「聖週間の聖務日課のためのレスポンソリウム集 - 聖土曜日のためのレスポンソリウム」で、演奏はヒリヤード・アンサンブルNMLCD)。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第八番 op.13 「悲愴」で、ピアノはゾルターン・コチシュ(NMLCD)。よい演奏だな。■バルトークの「10のやさしいピアノ小品」で、ピアノは高橋悠治NMLCD)。

晴。
リヒャルト・シュトラウスの「メタモルフォーゼン(23の独奏弦楽器のための習作)」で、指揮はアンドレ・プレヴィンウィーン・フィルハーモニー管弦楽団NML)。この曲のウィーン・フィルによる演奏とあれば聴かざるを得ない。すばらしくコクの深い、まさしく世紀末ウィーンの香りに満ちた名演だと思う。リヒャルト・シュトラウス、ほんとにすごい。

R.シュトラウス:メタモルフォーゼン、傷病兵の仕事場から

R.シュトラウス:メタモルフォーゼン、傷病兵の仕事場から

この曲はドイツ第三帝国の崩壊時に痛みをもって書かれた名曲であるが、退廃音楽とたがわない洗練された美に満ちているところがリヒャルト・シュトラウスであろう。当時リヒャルト・シュトラウスは 81歳であった。世紀末は彼の若い頃であったが、この曲には彼の生涯のすべてが入っているという。老人の弛緩などは微塵も感じられない。■ジェルジ・クルターグの弦楽四重奏曲 op.1、「ミハーイ・アンドラーシュへのオマージュ『弦楽四重奏のための12のミクロリュード』」 op.13、「小オフィチウム(聖務日課) - エンドレ・セルヴァンスキを追悼して」 op.28 で、演奏はモリナーリ四重奏団(NML)。
COMPLETE STRING QUARTETS

COMPLETE STRING QUARTETS

 

珈琲工房ひぐち北一色店。これくらいおいしければわざわざ喫茶店でコーヒーを飲んでもいい気がするな。さて、北田暁大さんらがまとめた『社会にとって趣味とは何か』を読む。北田さんをリスペクトしているので読み始めたが、必要な知識がこちらになさすぎてよくわからない。ブルデュー、めんどくさいですな。しかし、もう十年もすれば老人になるというおっさんが、よくもわからずにこんなものを読んでいるなど、自分はマジで「中二病的ヘタレ」なんだなとつくづく思う。でもまあおもしろかったので 130ページくらい読んだ。

こともなし

曇。

NML で音楽を聴く。■バッハのオルガン小曲集 BWV635-639 で、オルガンは椎名雄一郎(NMLCD)。■グリーグのチェロ・ソナタ イ短調 op.36 で、チェロはマーシー・ローゼン、ピアノはスーザン・ウォルターズ(NMLCD)。■カルロ・ジェズアルドの「聖週間の聖務日課のためのレスポンソリウム集 - 聖金曜日のためのレスポンソリウム」で、演奏はヒリヤード・アンサンブルNMLCD)。
 
昼から県営プール。多少気を入れて泳いだら結構しんどい(笑)。
ツイッター見てるとさっさとこの世からおさらばした方がいいという気になってくるね。どうでもいいけど。


ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(1098-1179)の「神の熱き思いは」、「かくていずこへ歩み行けども」、「わが故郷」、「デウス・エニム・イン・プリマ」、「なぜなら風は飛び行きて」、「ウルスラの血の声と」、「エト・イデオ・プエッレ・イステ」、「主よ憐れみたまえ(キリエ・エレイソン)」、「聖霊に栄光あれ」で、指揮はマルセル・ペレス、アンサンブル・オルガヌムNML)。

Bingen: Laudes de Sainte Ursule

Bingen: Laudes de Sainte Ursule

 
野呂邦暢を読む。野呂の文章を読み込んでそれを自分の奥底に秘めるに至るまで、彼を読み込むひとは決して少なくないと信じられる。わたしも、ようやく野呂邦暢の文章の魅力がわかってきたもののようで、まあ自分などはその程度の者だ。野呂邦暢では現代に対することはできないので、いつも渝わらず野呂が読めるわけではないが、彼の文章が体に入ってくるように読めるときは何ともいえない気分になる。それにしても、彼は四十代の始めで死んだのだ。どうして死んだのか、詳しいことは知らないが、あまりにも早すぎるとは誰でも思うことであろう。いまや世界で活躍することが当然とされる時代で、しかしそれをおこなう者は野呂など読むまい。彼はなぜか、諫早という地方都市にこだわった。ただの偏屈だったのか、それ以上のものがあったのか、それも自分は知らないが、彼の文学がその拘泥と不可分なのは誰でも知っている。さても、なぜか自分は野呂を読む。時々、いや、ほんのたまにであるし、そもそもいま読んでいる本も図書館のものだ。とても野呂好きとはいえまい。
Wikipedia で見ると、享年42。1979年、死の前年に離婚している。死因は心筋梗塞。)

大岡昇平を読む。

青柳いづみこ『高橋悠治という怪物』

曇。のち雨。

NML で音楽を聴く。■モーツァルトのピアノ・ソナタ第四番 K.282 で、ピアノはアリシア・デ・ラローチャNMLCD)。■カルロ・ジェズアルド(1561-1613)の「洗足木曜日のためのレスポンソリウム」で、演奏はヒリヤード・アンサンブルNML)。

Tenebrae

Tenebrae

 
あんまり調子がよくなくて昼寝していたらやたらとエロティックな夢を見た。何だかなあ。

ショスタコーヴィチ交響曲第五番 op.47 で、指揮はアンドリス・ネルソンスボストン交響楽団NMLCD)。ショスタコーヴィチ随一のポピュラー曲であるが、何となくショスタコーヴィチらしくない曲にも感じる。いずれにせよショスタコーヴィチ交響曲では素直に音楽を書いていないので、自分は彼の交響曲はどちらかといえば苦手だ。■バルトークの狂詩曲 op.1 で、ピアノはパスカル・ロジェ、指揮はヴァルター・ヴェラー、ロンドン交響楽団NMLCD)。バルトークはよい。■フォーレのピアノ四重奏曲第二番 op.45 で、演奏はアマラ・ピアノ四重奏団(NMLCD)。


青柳いづみこ高橋悠治という怪物』読了。本書は高橋悠治の評伝というわけではない。高橋本人がまだ存命で活躍中なのであるから、それは当然なので、本書は主にピアニストとしての高橋悠治に対する批評本であるともいえようか。けれども、当然ながらたくさんの資料と本人からの情報で、自分の知らないことばかりであった。そもそも、高橋がピアニストとして超絶的なヴィルトゥオーゾだったということすら、知らなかったのだ! それに、音楽を解体してしまうような奏法を身につけており、一方でそれとは逆なエモーショナルな表現もできるという、そんな存在なのだと。しかし、本書に頻出する現代音楽に関する知識を知らなくて困った。ここに出てくる現代音楽の曲など、半分どころか三分の一も知らない。こう思うと、自分はクラシック音楽の聴き手として、かなり保守的な方なのだなと気づかされる。そもそも、自分が現代音楽を集中的に聴き始めたのが、ようやく三十歳くらいの頃だったのではないか。
 また、先日も書いたが、青柳さんの音楽批評は自分の理解力を大きく超えている。見る方に高い能力を前提とする居合抜きのようなもので、やられても気づかないみたいな。確かに、もはや吉田秀和さんのような啓蒙の時代ではない。自分は孤独な田舎者であり、都会のレヴェルを見せつけられた感じだ。もちろんこれはわたしがいけないのであり、青柳さんのすばらしい音楽の理解力も筆の力も自分などの言及できるところではない。いつもどおり芸もなく、大変おもしろうございましたと著者には感謝しておきたい。

高橋悠治という怪物

高橋悠治という怪物

 
パーセルのレッスン選集 組曲第七番 ニ短調クープランシャコンヌ ト短調、パヴァンヌ嬰ヘ短調高橋悠治の「散らし書き」、ジョン・ケージの「四季」で、ピアノは高橋悠治NML)。2017年の演奏。上の本で言及されていたもの。そんなに不思議な演奏とも思えないけれども。ただ、バロック音楽と現代曲が違和感なく同居してるのが不思議といえばそうである。なお、NML には高橋悠治がメインの CD はあまり入っていない。ちなみに、NML には青柳いづみこさんのアルバムもほとんどない。ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第二番 op.102 で、ピアノはクリスティーナ・オルティス、指揮はウラディーミル・アシュケナージ、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団NML)。これは相当によい演奏。ピアノのメリハリの付け方がすばらしい。
Shostakovich;V.C.1/P.C.2

Shostakovich;V.C.1/P.C.2

こともなし

晴。

またプログラミングで遊んでいました。
marginalia.hatenablog.comえーかげんにせんとあかんね。

あと、ネットを見ていたらコードを表示するフォントに気に入ったのがあって、それを調べてみたのだが、どうも腑に落ちない。Chromeデベロッパーツールとか WhatFont という iPad 用のアプリを使ったのだが、絶対に monospace なんぞではありないのである。で、数時間いろいろやってみたのだが、よくわからないという結論に。たぶんウェブフォントなのだろうと結論したのだが、さて、ウェブフォントってどうやって調べるのでしょうね。というころで詰んだ。

『禅海一瀾講話』を読む。残り少なくなってきた。