こともなし

晴。いい天気。もう十一月も終わりだというのに、暖かい。

スーパー。不満を書いた「お客様の声」を投函してくる。

昼。
ごろごろ。

イオンの「BLACK FRIDAY」でネット注文していた老父用の飛騨の日本酒を、イオンモールまで取りにいってくる。

夕方、散歩。








無意識を涵養する。

俺ダメだにゃーって感じ。死亡。


夜。
U-NEXT で「グレタ・トゥーンベリ 世界を変えるメッセージ」第1話を観る。BBC STUDIO 制作(2021)。
https://video.unext.jp/title/SID0071209
グレタさんを冷笑・嘲笑する人は多い。特に日本では多くの知識人が、気候変動問題に対して楽観的、あるいは冷笑的である。それが「科学的な」態度だと信じているのだ。若い人たちの抗議も、日本では盛り上がらない。SDGs なんてものは、よく知っているのにな。しかし、世界の趨勢はそうではない。圧倒的に多くの科学者が気候変動は喫緊の問題であり、余裕はもう少ないことを認めている。
 グレタさんの、「希望がなくても行動することはできる」という言葉が印象的だった。「行動しなければ変わらない」と。我々は怠惰だ。怠惰でめんどうくさがりなわたしは、いったいどうしたらよいのだろう。