劇場版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を観る

晴。

デヴィッド・ハーヴェイ『ポストモダニティの条件』を読み始める。第五章まで読む。まあ、かしこい人が読めばいい。かしこい人によくある、知性に感情が追いついていない本。美術や文学についていろいろと浅薄な言及(紋切り型)があるが、どこまで自分で体験して感じたものなのか。頭のいい人はたいへんだなあ。

昼ご飯は、釜揚げシラスとオクラの上に温泉卵を載せて、ワサビ醤油を掛けたどんぶり。おいしゅうございました。

図書館。暑すぎて、さすがに市民公園に人がいなかった。
帰りにコンビニに寄って、氷菓子を買ってくる。
 
20220728153041
 
市からコロナウイルスワクチン(四回目)の接種券が届いたので、かかりつけ医のところへ予約にいってきたが、接種は一箇月以上も先のことになりました。

『ポストモダニティの条件』第九章まで読む。

夜。
むずかしい本を読んだのでねみーよ笑。
風呂に入っていたら秋(にはまだ早いが)の虫の声に気づいた。たぶんスズムシ。


劇場版『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(2020)を観る。完結編だな。これだけでも話がわかるようにはなっているが(なので始めの方はどうしても説明的であり、テレビ版を観た人にはちょっとダレるかも)、やはりテレビ版と「外伝」を観ていた方がいいと思う。テレビ版はいわゆる泣けるアニメの代表的作品だが、この劇場版もよくできていた。また、絵がとてもきれいなのも同じ。アニメが苦手な人でも観られる作品じゃないかと思う。