こともなし

晴。
昨晩は平田精耕老師を読んで寝た。

ものごとは何であれ、ちょっとしたことで状況が全く変わります。坊さんたちが寺で同じ衣を着け、同じように頭を剃り、同じことをしていても、同じお説教をしていても、修行を一生懸命やった本物と偽物とでは全くいうことなすことが、外見上は同じでありながら、その内容は全く違ってしまいます。
『雪月花つれづれ』(p.164)

一見同じようで、まったくちがう、ということ。見かけだけ、口先だけということ。

スーパー。肉屋。
いや、今日は暑い。さらに暑くなりそうだ。


昼から県営プール。気温が高すぎて、水が少しぬるいのが残念だった。
しかし頭がカラッポになる。帰り、よく知った道を、ほとんど無意識で運転しているのが気持ちいい。無意識というか、運転にほぼなり切っているというか。
39℃と、バカげた暑さ。


夜。
無職転生』第9話まで観る。2021年の覇権アニメのひとつということで観ているが、確かにおもしろい。最近流行りの異世界転生もの。テンポがすごくゆっくりしていて、地味な展開なのだが、続きが気になるようにできているのはうまい。主人公は赤ん坊として異世界(剣と魔法の世界)に生まれてきて、ゆっくり成長していくのだが、転生前の記憶が完全に残っている。異世界と転生前の人生(オタクでいじめられていたおっさんヒキニートという設定)がどう関係してくるかが気になるところ。