こともなし

曇。蒸し暑い。

スーパー。包丁を研いでもらう。

買い物に行った日の昼食はたいてい半田めん。細めのうどん、太めのそうめんだ。それに、出来あいのちくわ天とエビ天を買って添える。

 
昼寝。
二時頃、驟雨沛然。雷。

ツイッターを見ていて嫌になってごろごろしながら何時間もぼーっとする。ツイッター民、どいつもこいつも俺TUEEEだな…。

暗い部屋、PCのモニタの明かりだけの中で、インスタントコーヒーを啜っている。


NML で音楽を聴く。■メシアンの「クロノクロミー」で、指揮はピエール・ブーレーズクリーヴランド管弦楽団NML)。全然メシアンらしくない演奏で草。メシアンが、構造と音響効果だけに還元されていて、その野太さみたいなのがまるで聴こえない。ブーレーズは、師メシアンから、自分に都合のよいところだけを学んだのだと、いや、よい師弟関係とはそういうものなのだろう。いっておくが、しかし、これがメシアンでないとはいえないのである。メシアンにも、こういう美しいところはあるわけだ。それが、ブーレーズの異常なまでの耳の繊細さで強調されていて、おもしろいという他ない。何というか、さわやかで目の覚めるような演奏だ。

Conductors & Orchestras

Conductors & Orchestras

Amazon
ラヴェルの「クープランの墓」で、指揮はピエール・ブーレーズクリーヴランド管弦楽団NML)。夢のような演奏。色彩感豊かで、最高度に洗練されたスイーツみたいなラヴェルだ。美しい。

夜、雨。
マーラー交響曲第四番で、ソプラノはユリアーネ・バンゼ、指揮はピエール・ブーレーズクリーヴランド管弦楽団NML)。■尹伊桑のオーボエ協奏曲で、オーボエと指揮はハインツ・ホリガーブレーメン・ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団NML)。