こともなし

曇。

家族で出かける予定だったが、雨になりそうなので延期。家で逼塞することに。

NML で音楽を聴く。■ショパンマズルカ op.50、ワルツ op.18, op.34, op.42、op.64、ノクターン op.27、幻想即興曲 op.66 で、ピアノはアンナ・フェドロヴァ(NML)。うーん、よかった。ショパン・アルバムを一枚丸ごと聴くなんて、ひさしぶり。軽い曲の洒落た演奏がよい。特にワルツ八曲がよかった。ショパンのワルツをまとめて聴くとかまずしないのだが、堪能した。イ短調ワルツ op.34-2 など、惻々たる哀愁を感じる。マズルカ・アルバムとか、あったら聴いてみたい気がする。

Shaping Chopin

Shaping Chopin

Amazon
このピアニスト、既にアルゲリッチが目をつけているのね。抜かりないなあ。(追記。ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番の録音も NML にあるけれど、これ、指揮が凡庸すぎて聴けない。)

雨ぱらぱら。
珈琲工房ひぐち北一色店。『戦争は女の顔をしていない』の続き。この本は一時間で50ページしか読めない。これでようやく半分くらいか。先は長いな。

檀上寛『陸海の交錯 明朝の興亡』を読み始める。


夜。
長時間ツイッターを見る。ツイッターはメディアだな。たぶん、わたしともっとも相性が悪いメディアだ。見ていると精神衛生によくない。

いまはいい時代だな。専門家(我々のほとんどは何かの専門家だ)たちが正しいことを言い続けて、世界はどんどんよくなっていく。でも、その一方で我々の心が貧しくなり続けていくということが仮にあるとするならば、それはいったいなんだろうなと思ったり。いや、「心が貧しい」とか、エビデンスで計測できませんよって、云われてしまいそうだな笑。

石牟礼道子 全詩集』を読む。