こともなし

晴。
早寝早起き。朝食に昨日道の駅で買ってきた、つるやのサラダパンを食べる。滋賀のご当地品として、何か奇妙に人気らしい。別に大したものではないけれど、僕は結構好きですよ。

しばらくベッドの上に寝転がっていたら、10分ほどうとうとして、夢を見る。若い人たち(全員私服だった)と講義を聴いていたら、物理学の本についての感想をわたしに求められる。わたしはそんな本は知らないという。そのうち高校時代のクラブの知人が壇上に立って、わたしを壇上に上げてしまう。少し拍手が起きる。わたしは喋ることなど何もないとか喋っているうちに、目が覚める。


スーパー。マックスバリュ

曇。
昼から珈琲工房ひぐち北一色店。雨宮処凛『コロナ禍、貧困の記録』を読み始める。副題「2020年、この国の底が抜けた」。ウェブサイト「マガジン9」に連載された文章をまとめたもののよう。第一章を読んだ。リアルといってもいろいろあるとは思うが、雨宮さんはまさにいまのある種のリアルに確実に触れている文筆家で、わたしはウェブサイトの連載を愛読している。

 
肉屋。いろいろ買ってきた。

夜。
ハヤテのごとく!」(2007)第8話まで観る。子供向けアニメを喜んで観ているわたし…。軽くてサクサク観られるな。こういうバカバカしいアニメを望んでいました。