こともなし

晴。

特別な事件などなにも起こらない、ささやかな日常+エンタメ。
この汚辱に塗れた世界など、どうなろうとわたしには関係ない。世界を変えようとなど思わないし、自分の力で変わるとも思えない。そんなのは、わたしのやることではない。という感覚。

スーパー。今日は涼しいので、スーパーの生鮮食料品のコーナーの冷気が半袖だと寒いくらい。それから、レジで並んでいたら、しれっと目の前に割り込んできたおっさんがいた。


昼からミスタードーナツ イオンモール扶桑ショップ。もっちりフルーツスティック シナモン+ブレンドコーヒー429円。『コレクション瀧口修造6』の続き。写真論を読み終え、映画論へ。
 
20220819161252
イオンモール扶桑の駐車場より。気温は34℃で、これくらいだと過ごしやすい。
各務原大橋からちらっと見た木曽川の水は白く濁っていた。

カルコス。新書本を二冊探しにいくも、一冊は棚になく、一冊は中身を見て買わず。岩波現代文庫エスピン=アンデルセンちくま学芸文庫クリプキウィトゲンシュタインパラドックス』を購入、後者は果たして読むのか。ベンサムの二冊本は以前なら買っていただろう(そのうち買わないとはいわない)。あと、河出文庫新刊の、韓国・日本のフェミニズム短篇小説のアンソロジーを店頭で見かけ、これも拾う。
時々、本屋は気が滅入るな。


夜。
輪るピングドラム」(2011)第3話まで観る。傑作の予感。絵の色彩感が独特で、雰囲気や展開もセンスに溢れている。OP、EDもキマっているし、これは先が楽しみだ。