こともなし

晴。
早起き。昨晩は大江健三郎を読んで寝た。

母検査。

昼寝。

珈琲工房ひぐち北一色店。川端さんの『葉蘭をめぐる冒険』の続き。ラスキンもモリスも興味深いな。わたしはラスキンは『建築の七灯』くらい、モリスは、読んだことあるのだろうか。中世と社会主義の結合。その労働観、資本主義批判。現在のグローバル資本主義批判と似ているところもあり、ちがうところもある。ただ、思想というものの力を感じるな。ラスキンはまさに思想家として人類に貢献したといえるだろう。美的生活、ってのはどうなのだろうな。少なくともわたしの生活は別に全然「美的」などではないし、美的生活というのは意識高い系という感じもする。微妙なところ。一種の機能主義のようにも思われ、そのままだとモダニズムにも繋がっていきそうだ。モダニズムってのも、現実批判だったわけだけれど、もっと徹底的に装飾を排除する。

ラスキンもモリスも、人間の「だらしなさ」というものを肯定できるのだろうか。もちろんだらしないのは褒められたものではないが、それでもだらしなさを否定する人間はわたしはちょっと苦手だ。

ブログ検索してみたら、にゃんと、ラスキン所有していて、既読だった笑。

まったく、わたしなんぞが読書してもこんなものであるな。中身ももちろん覚えていない。

夜。
宇宙よりも遠い場所』第7話まで観る。

濱口先生の書評で知った本。これはおもしろそうだと思って調べてみたら、梶谷先生が解説を書いておられるのか。たまたま、共にわたしの強くリスペクトする学者である。この本、県図書館にあるようだからきっと読もう。

メインPCの Linux Mint を 20.3 にアップグレードする。