こともなし

終日、雨。
 
昼寝。
 
NML で音楽を聴く。■スクリャービンのピアノ・ソナタ第二番 op.19、第四番 op.30 で、ピアノはキム・ユジョン(NMLCD)。よい。将来が楽しみなピアニストだな。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第六番 op.10-2、第七番 op.10-3 で、ピアノはファジル・サイNMLCD)。第五番は(冒頭を聴いただけだが)サイらしからぬ力のない演奏で、パス。しかし、第六番と第七番はマグマが噴出してくるようなそれ。サイもすごいし、こういう演奏をさせるベートーヴェンもすごい。ベートーヴェンは初期もすごいんですよ。(正直いうと第七番の終楽章は、サイ、ちょっと曲に入り込めていなかった感じ。)■コダーイハンガリー民謡「飛べよ孔雀」による変奏曲で、指揮はシャルル・デュトワモントリオール交響楽団NMLCD)。コダーイって無伴奏チェロ・ソナタくらいしかよく知らないんだけれど、管弦楽曲もとてもよいな。盟友・バルトークとはまたちがう。実力者デュトワはさすが、色彩感豊かに、おもしろく聴かせる。
 
 
夜。
あるよいブログでアンヌ・ケフェレックのベートーヴェン、後期ピアノ・ソナタの第三十番 op.109、第三十一番 op.110、第三十二番 op.111 を入れたディスクのレヴューをしてあったので、NML でちょっと聴いてみた。年季の入った、一般にはよい演奏なのだと思うが、正直いって(どれも冒頭を聴いてみただけだが)わたしにはあまりおもしろくなく、聴き続けられなかった。往年の大ピアニストたちの録音と比べてはいけないかも知れないが、ケフェレックが堂々たる正攻法だけに、(ベートーヴェンに対して)力の及ばないのがはっきりしてしまっている。わたしなら、先日聴いた日本の若手、福間洸太朗さんの op.111 の方が、ずっと好きだ。なかなかむずかしいものだな。
 
 
ホリミヤ -piece-』、『政宗くんのリベンジ』2期の PV 観た。『無職転生』2期、『青ブタ』劇場版もあるし、夏は楽しみ。
 
ストライク・ザ・ブラッドII OVA』第5話まで観る。