小澤征爾&大江健三郎『同じ年に生まれて』

晴。

何か、何もしたくなくってごろごろぼーっとしている。

図書館から借りてきた、小澤征爾大江健三郎『同じ年に生まれて』読了。2000年、両者65歳のときの対談集。特に大江健三郎の発言にはいちいち落ち込まされる。確かに、俺たちはいわれるまでもなくクソだ、あなたはえらいだろう、すごいね、しかし、いまさらどうしたらいいんだって感じ。まあ、この歳まで特別何をしたわけでもないわたしは、どうしようもないのかも知れんが。いや、でも、二人のいうとおり、若い人たちはたぶん我々よりはマシですよ、それはまちがいない。(やつあたり)

小澤征爾さんが音楽の根底は「悲しみ」なんじゃないかというのには大いに共感する。というか、わたしは「悲しみ」がいちばん根底的な感情、心の土台だと思っている。
 
バッハのフランス組曲第三番 第四番 ジャンルカ・ルイージのバッハ、悪くない。

NML で音楽を聴く。■藤倉大弦楽四重奏曲第三番「アクエリアス」で、演奏はアマービレ四重奏団、「合い」で、笙は出会ユキ、「ダッシュ」で、アルト・フルートはアンドレア・ビアジーニ、ギターはルイジ・シーニ(NML)。

アクエリアス

アクエリアス

Amazon
 
藤倉大の「フローティング・ファイアフライズ」で、ハープはステフ・ヴァン・ヴィンクト、「竜」で、箏は今野玲央、「さかな」で、バス・クラリネットはヘザー・ロシェ、「エレ」で、ナチュラル・ホルンはアイザック・シエ(NML)。

夜。
藤倉大の「カッティング・スカイ」で、三味線は本條秀慈郎、箏は今野玲央、「インフィニット・ストリング」で、指揮は佐藤紀雄、アンサンブル・ノマド、「ムーン」で、琵琶は久保田晶子、ヴィオラ・ダ・ガンバは和田達也(NML)。藤倉大は「ミナベル」という個人レーベルをもっていて、NML でもたくさん聴けることを知った。

モーツァルトのピアノ協奏曲第二十三番 K.488 で、ピアノと指揮はゲザ・アンダ、カメラータ・ザルツブルクNMLCD)。

バッハのフランス組曲第二番