こともなし

晴。
早起き。

NML で音楽を聴く。■バッハのヴァイオリン協奏曲 ホ長調 BWV1042 で、ヴァイオリンはダニエル・ホープ、ヨーロッパ室内管弦楽団NMLMP3 DL)。

武満徹の「ノスタルジア」で、ヴァイオリンはダニエル・ホープ、指揮はウィリアム・ボートン、イギリス交響楽団NML)。おもしろかった。武満には演奏者の背景を映し出す鏡のようなところがあるかも知れない。この曲、例えば日本人演奏家なら、もっと弦のうねりを強調した演奏になるような気もする。もちろん、この非日本人による演奏が正統でないとか、そんなことをいうつもりはまったくない。却って武満の大きさを感じるというだけのことである。

ブラームスのピアノ四重奏曲第一番 op.25 で、ヴァイオリンはダニエル・ホープヴィオラはポール・ノイバウアー、チェロはデイヴィッド・フィンケル、ピアノはウー・ハン(NML)。2015年のライブ録音。ブラームス室内楽演奏として、第一級のそれだ。終曲とともに爆発的な拍手と歓声が起きるが、さもありなんという。しかし、いまだにブラームスでこれほどの演奏ができる西洋には、敗北感すら覚える、的外れの感想ではあるが。

ダウランドのリュート作品集
 
初夏の暑さ。
銀行。餃子の王将。米屋。


暑くなってきた中、散歩。散歩がめんどうくさかったので、いかないとな。脚が弱るし。代わり映えのしない写真です。














歩いていた20人ほどのかしましい女子高生たちとすれ違ったら、次々と「こんにちはー」って挨拶された笑。
 
夜。
Re:ゼロから始める異世界生活2』第24話(最終話)まで観る。エンタメとしておもしろかったことはおもしろかったが、かなり無理に観た感じ。何といっても、主人公のナツキ・スバルとヒロインのエミリアに魅力が乏しいのがつらい。まあ、人気作品たる所以はわかるのだが、僕の好みではないなあ。まだ、1期の方がおもしろかった。