E・ウィリアムズ『コロンブスからカストロまで(II)』

晴。
音楽を聴く。■モーツァルト:ピアノ・ソナタ第七番K.309(内田光子)。■バッハ:無伴奏チェロ組曲第五番BWV1011(ロストロポーヴィチ参照)。■ドビュッシー:海(チェリビダッケ参照)。これはいい。■モーツァルト:ピアノ・ソナタ第一番K.279(ラローチャ)。■メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第一番op.25(ジャン=ルイ・ストイアマン、コンスタンティン・オルベリアン)。華やかないい曲。ストイアマンは腕が達者。

Mendelssohn: Piano Concertos 1/2

Mendelssohn: Piano Concertos 1/2


県営プール。暑くなってきたので、泳ぐ人が増えてきた。
E・ウィリアムズ『コロンブスからカストロまで(II)』読了。副題「カリブ海域史、一四九二‐一九六九」。本書を読み終っても、これが驚くべき書物であるという印象は変らない。ヨーロッパは、自分たちの恥と罪が克明に記録されている本書を、そう簡単に認めることはできないだろう。実際、本書は、主にアメリカで認められたらしい。
 それにしても、厳しい書物である。本巻はカリブ海域の植民地が次々と独立していく過程を描いているが、著者はそれだからといって、その過程と結果を盲目的に賛美しているわけではない。ここでも、被支配者であった者たちの過ちですら、冷静に指摘・分析してある。甘い要素というものがないのだ。
 しかし、世界史というものは恐ろしい。自分としては、日本語の中に自閉して眠ってしまいたいという誘惑を感じずにはいないが、やはりそうはすべきではないのだろうな。今の世界を一瞥すれば直ちに出てくる疑問だが、民族問題というものは、一市民がどれほど考えるべきことのなのだろうか。幸いなのかどうか、日本ではまだそうした問題はさほど全面に出てきていないが、そういうことでいいのか。いや、遅かれ早かれ、日本も「世界並み」に問題化してくるだろう。本書は奇跡的に文庫化されたが、恐らくは無視されるだろうけれど、これからの我々の試金石になるのではないか。稀有の書と云いたい。
※追記 著者に関するWikipedia