内田樹『下流志向』

晴。大垣。
内田樹下流志向』読了。副題「学ばない子どもたち 働かない若者たち」。本書とはあまり関係がないが、今の時代を象徴するのは、「面倒くさい」という言葉だと思う。そう面倒くさいなら、生きるのも面倒くさくなれよ、と思うときがあるが、実際そういう人も出てきてしまっているのではないか。自分も人のことは云えないし。

下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)

下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫)