音楽

タラの芽はうまいが、何がうまいのかわからない

晴。 よく寝た。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトのピアノ三重奏曲第一番 K.496 で、ヴァイオリンはヴィルモーシュ・サバディ、チェロはチャバ・オンツァイ、ピアノはマルタ・グヤーシュ(NML)。三日前にピリス、デュメイ、ワンで聴いたせいで、この曲が頭…

こともなし

昧爽起床。強い雨。 昼前、妹一家来訪。 近くのスシローのテイクアウトで、皆んなで昼食にする。いろいろ喋る、上の甥っ子は就職、下のは大学が決まってめでたく、そんな話を。いや、子供たちが大きくなるのはあっという間だな。こちらが歳を取るのもあっと…

小澤征爾の繊細さ

未明起床。雨。 画期。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの交響曲第四十番 K.550 で、指揮はチャールズ・マッケラス 、スコットランド室内管弦楽団(NML、CD)。飛び抜けている。■バッハの 二つのヴァイオリンのための協奏曲 BWV1043 で、ヴァイオリンはヒラ…

こともなし

日曜日。曇。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトのディヴェルティメント 変ロ長調 K.254、ピアノ三重奏曲第一番 K.496 で、ヴァイオリンはオーギュスタン・デュメイ、チェロはジャン・ワン、ピアノはマリア・ジョアン・ピリス(NML、CD)。名手たちの肩の凝ら…

阿部和重『Deluxe Edition』

昧爽起床。雨。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの交響曲第四十一番 K.551 で、指揮はチャールズ・マッケラス 、スコットランド室内管弦楽団(NML、CD)。すごい、唖然。終楽章でボロ泣きした。 ●シューマン/交響曲 第3番「ライン」|熊倉優 - NHK交響楽団…

養老孟司&山極寿一『虫とゴリラ』 / 「ゲーマーズ!」(2017)を観る

晴。 精神の回転と流動性を妨げるストッパーを潰していくこと。ここでも基本から。 この数日、寒いな。いったんひどく暖かくなってからのせいもあるかも知れない。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽五重奏曲第四番 K.516 で、演奏はクイケン四重奏団、…

斎藤幸平『マルクス解体』

祝日(春分の日)。雨。 胎金一如。 スーパー。各務原はにんじんの(そこそこ有名な)産地なのに、売っているのは遠い沖縄産。 雨已めどまた降り出す。金網からどぶ川に何かダイブしたと思ったら、セキレイだった。 昼。曇。 NML で音楽を聴く。■モーツァル…

文明と反文明の中間点と日本

深夜起床。 まだ外が真っ暗な中、PC の画面を眺めてぼーっとする。 NML で音楽を聴く。■シェーンベルクの「浄められた夜」 op.4 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット、ヴィオラはウラディミール・ブカチ、チェロはペトル・プラウセ(NML)。シェーンベルク…

こともなし

昧爽起床。晴なれど雲多し。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第十四番 K.387 で、演奏はクイケン四重奏団(NML)。終楽章が聴きたかったので。やわらかい演奏を選んだ、クイケンQ は古楽器アンサンブル。これいいよ。ただ、CD にはハイドン・…

セルゲイ・ババヤンというピアニストを聴く

日曜日。曇。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの 二台のピアノのためのソナタ K.448 で、ピアノはマルタ・アルゲリッチ、セルゲイ・ババヤン(NML)。モーツァルトの傑作の、よい演奏。この曲についてはアルゲリッチはラビノヴィチ=バラコフスキーとの録音…

こともなし

晴。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第二十三番 K.590 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML、CD)。■モンポウの前奏曲集〜No.5, 6, 7, 8, 9, 10 で、ピアノはオレナ・クシュプラー(NML)。2024.2.27 などに聴いてヤナーチェクがよか…

家族で名古屋の志段味古墳群へ / 四方田犬彦『映画の領分』

昧爽起床。晴。 やわらかくてあたたかい領域を得る。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第二十二番 K.589 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML、CD)。 # いい陽気になったので、家族で名古屋市守山区の「志段味(しだみ)古墳群」へ行…

こともなし

寝ている間に一通する。未明起床。 晴。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第二十一番 K.575 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML)。Mozart;Prussian Quartetsアーティスト:Prazak QuartetPragaAmazon■ブルーノ・マントヴァーニ(1974-…

常に求められている的確な応えを返す子供たち

未明起床。 晴。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第十九番 K.465 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML、CD)。よい。■ブラームスのクラリネット五重奏曲 op.115 で、クラリネットはシア・キング、ガブリエリ弦楽四重奏団(NML、CD)。…

こともなし

未明起床。 試験を受けずに逃避する夢を見た。わたしは何から逃げているというのか。 六時だと薄明るくなっている。 晴。 政府の北陸応援割で富山へ行くかと、本日10時から受付開始だったので、楽天トラベルでホテルを調べてみたが、あんまりよい条件のもの…

こともなし

日曜日。晴。 未明起床。 NML で音楽を聴く。■シューマンの「幻想小曲集」 op.88 で、演奏はトリオ・ヴァンダラー(NML、CD)。■フォーレのピアノ三重奏曲 op.120 で、演奏はトリオ・ヴァンダラー(NML)。フォーレ : ピアノ三重奏 作品120 | ピエルネ : ピ…

指揮者マンフレート・ホーネックを聴く

晴。 この一週間くらい、ベートーヴェンの「第九」の第一楽章の一節が、頭の中をぐるぐる廻って離れない。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第十七番 K.458 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML)。String Quartets 1: K 421 K 458 & K…

細野晴臣『映画を聴きましょう』

雨。 未明起床。 凡庸でいるということ。Stay foolish という言葉もあるが、わたしは「凡庸」の方が好きだ。現代人には才知がありすぎて、凡庸さが足りない。 NML で音楽を聴く。■ハイドンの弦楽四重奏曲第六十五番 Hob.III:80 で、演奏はプラジャーク・クヮ…

岡崎武志『古本大全』

曇。 NML で音楽を聴く。■ハイドンの弦楽四重奏曲第六十四番 Hob.III:79 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML、CD)。■モーツァルトの交響曲第三十八番 K.504 で、指揮はチャールズ・マッケラス、スコットランド室内管弦楽団(NML)。瑞々しい、音楽…

「異世界おじさん」(2022)を観る

日曜日。晴。 朝寒く、老父によると畑は一面の霜だったらしい。 NML で音楽を聴く。■ハイドンの弦楽四重奏曲第六十三番 Hob.III:78 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML)。Haydn;Erdody Quartetsアーティスト:Haydn,Prazak QuartetPraga Czech Rep.A…

こともなし

晴。 未明起床。 昼。 ●風の谷のナウシカ (2024 ver.) - YouTube ●銀色のハーモニカ (2024 ver.) - YouTube 詞:松本隆、曲:細野晴臣、唄:安田成美。 ひさしぶりに Ruby をいじる。 夕飯に、畑のワケギ(分葱)の「ぬた」と、紅菜苔(コウサイタイ)のサラ…

オレナ・クシュプラー(Olena Kushpler)という無名ピアニストのヤナーチェクがすばらしい / 岸本佐知子『なんらかの事情』

晴。 昧爽起床。 NML で音楽を聴く。■ヤナーチェクの「草陰の小径にて」第一集で、ピアノはオレナ・クシュプラー(NML、CD)。すばらしいヤナーチェク。現時点でのわたしの理想の音楽にいちばん近いんじゃないか、というくらい驚いた。これからも、このアル…

こともなし

晴。 未明に目覚める。周縁の未踏の空間に白い雫が湧き出してくるのがちょっと気持ちが悪い。一種の煩悩だ。基礎を作り、裏側の清浄な空間に入る。壁抜け、ということを村上春樹が(河合隼雄先生との対談で)いっていたな。しばらくすると自然に既知の領域に…

中沢新一『精神の考古学』

日曜日。雨。 未明起床。昨晩は少し早く寝て、三時間くらいでいったん目が覚めた。 世界軸 axis mundi をきれいに通していくのは、ほんとにむずかしい。それはいつの時代でも簡単ではないだろうけれど、特に土台がめちゃめちゃに壊れている現代、コンテンツ…

山田太一作「今朝の秋」(1987)を観る

祝日(天皇誕生日)。曇。夜の間に降ったらしい。 午前中に雨になる。 昼。曇。 県図書館。借りる本のリストを家に忘れてきてしまった。岡真理先生の『彼女の「正しい」名前とは何か』(新装版2019)、レヴィ=ストロース『人種と歴史/人種と文化』(邦訳201…

熊代亨『人間はどこまで家畜か』 / 成田悠輔『22世紀の民主主義』 / 「はたらく魔王さま!」(2013)を観る

曇。 昧爽目覚める。ひさしぶりに次第に明るくなってくるのを感じながら、そのまま一時間ほどうとうとする。女の子にもたれかかって、うとうとするような、なんか透明な、明るい、そんな夢を見ていたなと思う。そのわたしは、現実よりずっとずっと若いんだ、…

岡野八代『ケアの倫理』

曇。暖かい。 NML で音楽を聴く。■ハイドンの弦楽四重奏曲第六十一番 Hob.III:76 で、演奏はプラジャーク・クヮルテット(NML、CD)。■ラヴェルの「ボレロ」で、指揮はシャルル・デュトワ、モントリオール交響楽団(NML、CD)。すっかり目が覚めた、、忘れが…

こともなし

日曜日。曇。 また灯りを点けたまま眠ってしまった。 スーパー。時雨れる。謝恩券を引き換えて500円ゲット。いまの季節は、店内にひな祭りの音楽が流れている。 2013.12.15 にスーパーの年末福引で当てた(銀賞だったらしい笑) T-fal の電気ケトルが壊れた…

こともなし

曇。 今朝は鳥たちが全然うるさくない。お隣のモチの実はきれいになくなってしまった。ウチの南天の実は残ったかな。みかんの木はダメになってしまって、毎年大量に生っていた実が今年はほとんどないので、鳥たちもつまらなかったかも知れない。 NML で音楽…

こともなし

時雨れる。 中沢さんの『精神の考古学』落掌。読む前からワクワクする。それにしても、L'archeologie de l'esprit とは、壮大な名前をつけたものだ。命名は、亡き吉本さんによる。さて、この本が世界史的な転換点のひとつになるのか、それとも極東におけるき…