2021-05-28から1日間の記事一覧

フィクションの世界で受けた「傷」、物理学と哲学のわかりあえなさについて / オーウェル評論集『鯨の腹のなかで』

晴。いまのフィクションの世界の過剰。我々の生活している世界が基本的にモダンだとすれば、そこから大きくズレている。フィクションの世界が動いているのは根底的には(「フィクションとしての死」も含む)快感原理に沿ってだ。あるいは、我々がフィクショ…