山本義隆『世界の見方の転換2』

曇。
音楽を聴く。■サン=サーンスピアノ三重奏曲第二番op.92(フロレスタン・トリオ、参照)。サン=サーンスは大したことないと云われそうであるが、僕は結構いいと思う。ちょっとフォーレっぽい感じ。巨匠たちが切り開いた道を、素直に歩んでいると云うか。■バッハ:管弦楽組曲第二番(カール・リヒター参照)。リヒターは真面目一本だな。もう少し感覚的でもいいのにとも思うが、これは余計なお世話だろう。しかし、いまや謹厳なバッハ先生という演奏は殆どないので、これはこれで貴重だ。

ぼちぼちと山本義隆氏の『世界の見方の転換』を読んでいる。まだ、途中なのだが、ちょっとメモを。
 よくプロの物理学者でも、天動説と地動説は運動の相対性の問題であり、どちらを選んでも(数学的に)同等と発言されていることが多い。しかし、本書を読んでみれば明らかだが、少なくとも歴史上の天動説と地動説に関しては、これは誤りである。つまり、運動が「相対的」であるなら、すなわちそれは座標変換の問題だということになるが、プトレマイオスの体系とコペルニクスの体系は座標変換で互いに行き来できる理論ではない。例えば、プトレマイオスの体系(天動説)では、諸惑星が並んでいる順番を決定することができない。また、コペルニクスの体系(地動説)にあっては、プトレマイオスの体系でかなり大きなウェイトを占めている、エカント(これは奇妙な概念である)の存在に対応するものがない。どちらもお互いに、根本から異なった体系なのである。佐藤文隆先生も、天動説と地動説のちがいは運動の相対性の問題ではないと言っておられた筈だが、以上のようなことが先生の頭にあったのであろうか。それはわからないが。
 それから、本書は自分の気づいた範囲で、エカントについて明快に記述してある唯一の本である。エカントという語を初めて見たのはクーンの著作においてであったが、クーンの説明はよくわからなかった記憶がある。まあ当時の自分が理解できていなかっただけなのかも知れないし、「唯一の」と云うのもあくまでも管見の限りではある。
※追記 第二巻まで読み終えてみると、少なくとも天体が地球と太陽しかない場合、上の記述は誤っているかも知れない。本書の数学的補遺を見ると、コペルニクスの小周転円モデル(これは地動説であるが、周転円を導入している)と(太陽中心系で表した)プトレマイオスの等化点(エカント)モデルは、離心率 e の二次以上のオーダーを無視すると、両者は近似的に、同一の結果を与えるようである(厳密な座標変換が存在するかは、よくわからない)。太陽系全体を考えた場合は(数式レヴェルで)どうなるのかも、今の自分ではよくわからない。以上、注記しておく。
山本義隆『世界の見方の転換2』読了。本巻はコペルニクスを扱う。コペルニクスが地動説(あるいは太陽中心説)を唱導したことは周知だが、彼は楕円軌道に気づかず円軌道を考えたために、辻褄を合わせるため、周転円をここでも採用している。それはともかく、コペルニクスの理論は、直ぐに教会の反発をかったわけではない。コペルニクス自身、自分の理論は数学的モデルであることを強調しているし、コペルニクス理論は意外に早く受け入れられていったようであるが、それも宇宙論的な真実性というよりは、数学的に「現象を救う」ものとして積極的に解釈された。それが、受容者たちの一般的態度で、それは不自然なものではなかったのである。そしてここでも依然として、天文学占星術と密接に結びついている。ただし、天文学(これは数学によって構築されている)を自然学(これは聖書の記述も含む)の下に置く潮流から、しだいに自然学は天文学の事実を認めなければならなくなる、そうした流れができ始める。ここから最終巻に繋がっていくのだろう。以下続巻。

中沢新一『緑の資本論』再読

曇。
うどん「恵那」にて昼食。

中沢新一『緑の資本論』を読み返す。表題作は「イスラームのために」とあるが、半分以上は西洋資本主義論。「モノとの同盟」からメモしておく。

こんにちの世界で、物質的な増殖はいたるところで、おそるべき速度と量をもって進行しているが、その「物の増殖」を包み込む全体性の直感は失われてしまっているために、モノははじめから物でしかなく、しかもその物は商品となり情報となり貨幣となって、流通とネット上をスピーディに運動していきながら、めまぐるしく変態をとげながらも(商品―貨幣―商品―貨幣―……)価値としての同一性を絶対に失わない。
 このような世界を物質主義と呼んで、それに精神なるものをもって対抗しようとしても無駄なことだ、と私は思う。それよりも重要なのは、物質でもなく精神でもない、モノの深さを知って、それを体験することだ。… (p.187-188)

緑の資本論

緑の資本論


音楽を聴く。■ブラームス:ピアノ協奏曲第二番(ルービンシュタインミュンシュ)。普通の演奏。ルービンシュタインの方向は、ポリーニが完璧な形で到達してしまったので、比べてみるとどうしても粗さが目立つ。また、坂本龍一も言っていたとおり、ルービンシュタインのピアノは音が汚い。この曲の自分のベストは、リヒテルマゼールの指揮で録音したもの。■シューマン:「ゲノフェーファ」序曲(ミュンシュ)。

澁澤訳の『荘子』知北遊篇からの断片

澁澤龍彦編の『オブジェを求めて』を読み返していたところ、『荘子』知北遊篇第二十二からの断章が格好良く引用されていたので、ここに録しておく。澁澤自身の訳と思しい。

東郭子が荘子にたずねて、「いわゆる道とはどこにあるものですか」と。荘子が答えて、「あらざるところなし」と。東郭子はさらに、「どこにあるか指示してください」と。荘子「螻や蟻にある」「ずいぶん下等なものにあるのですね」「稊や稗にある」「これはますます下等になってきたぞ」「瓦や甕にある」「これはいよいよひどい」「糞尿にある」これを聞くと、東郭子はあきれて返事もしなくなってしまった。そこで荘子がいった、「あなたの質問はそもそもピントがはずれている。たとえば市場の役人が屠卒に豚を踏ませて、豚が肥えているかいないかをしらべるときにも、踏みつける場所が豚の下等な部分、尻や脚のほうになればなるほど、全体の肥え具合がよく推察される。それと同様に、道がどこにあるか、とくに限定するにはおよばない。道が物から独立遊離してあるものだと思ったら、それこそ大間違いのこんこんちきだ。道とはすべて物の中にあるものだと料簡するがいい。大言の教えもこれと同様で、周徧咸の三字は名を異にして実を同じくする。いずれも道があまねく存在する意をあらわしているのさ」と。

原発災害に関する山形浩生の記事に対する、ツイッター上における矢作俊彦の反論

原発災害に関する山形浩生の記事(参照)に対する、ツイッター上における矢作俊彦の反論(ここ以下):

続きを読む

ディラック『量子力学』メモ(3)

前回
前に、一次演算子の「固有値問題」として物理的な量が決定されると述べたが、これも先走って云っておけば、そのとき、力学変数はじつは実数でなければならない。なので、実数の力学変数に対応する、一次演算子の条件を調べておこう。

続きを読む

佐藤肇『位相幾何』

晴。地面が霜で真っ白。
佐藤肇『位相幾何』にざっと目を通す。薄っぺらいが中身の濃そうな本。

位相幾何

位相幾何

位相空間論に必要な用語

位相幾何の本に目を通したので、位相空間の初歩的な概念をまとめてみる。以下の用語は見当がつくでしょうか。

位相空間距離空間。開集合、閉集合。近傍。連続写像。同相(位相同型)写像。閉包。稠密。集積点、孤立点。内点(内部)、外点(外部)、境界点(境界)。点列の収束。(距離空間の)完備。開被覆。コンパクト。ハウスドルフ空間。(位相空間の)連結、連結成分、弧状連結。連続曲線。開写像、閉写像。直積集合と射影。積空間、積写像。直和空間。商空間、商集合、商写像。開基。第二可算公理。可分。

等々です。以下は参考にした本。

曲面の幾何 (現代数学への入門)

曲面の幾何 (現代数学への入門)

位相空間論 (岩波全書 331)

位相空間論 (岩波全書 331)

トポロジー (岩波全書 276)

トポロジー (岩波全書 276)


ジェフリー・アングルス氏のブログで、お宝映像を発見しました(参照)。グリモー(Hélène Grimaud)のピアノで、ブゾーニが編曲した、バッハのシャコンヌの演奏です。何という超絶技巧とロマンティシズム。