音楽

こともなし

晴。午前中、甥っ子の勉強を見る。蒸し暑い。 昼過ぎ、散髪。さっぱりした。 NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第二十一番 op.53 で、ピアノはダヴィデ・カバッシ(NML、CD)。いわゆる「ワルトシュタイン」。なかなかおもしろい。■ベート…

こともなし

晴。午前中、甥っ子の勉強を見る。曇。 ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。ふんわりドーナツ ホイップ+ブレンドコーヒー399円。東浩紀さんの哲学的エッセイ集を読む。僕は東さんは才能のある思想家だと思っているし、リスペクトしていないわけ…

カンタン・メイヤスー『有限性の後で』

日曜日。晴。 よく寝た。十時間くらい寝たのではないか。寝ているのがいちばん楽しい気がする。昨晩は中沢さんの『レンマ学』を読んで寝た。第五章まで読んだ。あんまり大袈裟なことを書く気が起きないが、現在存在するのが奇跡のような本だと思っている。わ…

岡谷公二『郵便配達夫シュヴァルの理想宮』

雨。NML で音楽を聴く。■バッハの平均律クラヴィーア曲集第二巻 ~ 第七番 BWV876 - 第十二番 BWV881 で、ピアノは園田高弘(NML、CD)。■モーツァルトの交響曲第三十六番 K.425 で、指揮はジョン・エリオット・ガーディナー、イングリッシュ・バロック・ソロ…

『Ryuichi Sakamoto : Coda』

晴。 昧爽起床。NML で音楽を聴く。■バッハの平均律クラヴィーア曲集第二巻 ~ 第一番 BWV870 - 第六番 BWV875 で、ピアノは園田高弘(NML、CD)。園田高弘はもっと聴かれてよいと思っている。わたしは好きだ。■バッハの「フーガの技法」 BWV1080 ~ Contrapun…

ブレイディみかこ&松尾匡&北田暁大『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう』

日曜日(山の日)。晴。 昧爽起床。NML で音楽を聴く。■モーツァルトの交響曲第三十五番 K.385 で、指揮はジョン・エリオット・ガーディナー、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ(NML、CD)。■シューベルトのピアノ五重奏曲イ長調「ます」 D667 で、ピア…

クリストファー・R・ブラウニング『普通の人びと』

晴。 昨晩は中沢さんの『レンマ学』を読み始めて、興奮してなかなか寝付けなかった。少しづつ読もうと思っているのだが、まず一読するのは仕方がないかも知れない。導入は思ったよりわかる。すでに「群像」連載で全体像をおぼろに掴んでいるからだろう。連載…

南直哉『仏教入門』

晴。朝から酷暑。 相変わらずあまり元気がないが、凹まないようにしよう。午前中、甥っ子の勉強を見る。NML で音楽を聴く。■ショパンのバラード第一番 op.23 で、ピアノはジュディット・ハウレギ(NML、MP3 DL)。このピアニストはまずまず悪くはないのだけ…

こともなし

晴。 印象的な夢を見た筈なのだけれど、よく思い出せない。NML で音楽を聴く。■スクリャービンのピアノ・ソナタ第五番 op.53 で、ピアノはジュディット・ハウレギ(NML)。 午前中、甥っ子の勉強を見る。酷暑なのだが、それでも戸外で働かざるを得ない人たち…

こともなし

晴。 印象的な夢を見る。Ruby 関連とか。NML で音楽を聴く。■バッハの「フーガの技法」 BWV1080 ~ Contrapunctus XIIIa a 3 rectus, XIIIb a 3 inversus, XIV: Canon per Augmentationem in contrario motu, XIV: Fuga a 3 Soggetti, Chorale: Wenn wir in h…

こともなし

晴。 要領がよくてちょっとズルい自分という夢を見て、興味深かった。自分のことだけど自分で自分を知らないなと思う。NML で音楽を聴く。■バッハの「フーガの技法」 BWV1080 ~ Contrapunctus XIV, XIIa a 4 rectus, XII a 4 inversus, Canon II alla Ottava…

中沢新一『増補改訂 アースダイバー』

晴。 蝉時雨がぐわーんという感じ。地上ではたった一週間しか生きていられないのだから、燃焼力がすごい。午前中、甥っ子の勉強を見る。昨晩、中沢さんの『増補改訂 アースダイバー』を読み終えた。あー、常備薬をついに読み切ってしまった。半年くらいかけ…

こともなし

日曜日。曇。 昨晩は中沢さんの『アースダイバー』を読んで寝た。時々、必要なだけほんの少しづつ読んでいる。おもしろいなあ。NML で音楽を聴く。■バッハの「フーガの技法」 BWV1080 ~ Contrapunctus I, II, III, IV, V, VI a 4 in Stylo Francese, VII a 4…

こともなし

晴。 朝から蝉時雨がやかましいくらい。NML で音楽を聴く。■シューマンの「ダヴィッド同盟舞曲集」 op.6 で、ピアノはフィリッポ・ガンバ(NML)。ライブ録音。この曲は名曲なのだが、効果的な演奏がむずかしい曲でもある。これはかなり崩した演奏で、自分は…

ピーター・L・バーガー『聖なる天蓋』

晴。 大学で生物学のある分野が全然わからないという夢を見る。随分と昔に見た夢と同じタイプで、一種の悪夢だろうな。実際はそんな学問の分野とは自分はまったく関係がないので、何か別のところから来ている夢なわけだが。謎。 NML で音楽を聴く。■ベートー…

こともなし

晴。午前中、甥っ子の勉強を見る。昼過ぎ、甥っ子を駅まで送っていったついでに図書館。スーパー。しかし、岐阜はどうしてこんなに暑いのか。テレビを見ていると暑い土地の常連になっているな。今日は車外は 40℃だった。室内との温度差だけで疲れる。ピータ…

現代詩文庫『白石かずこ詩集』

晴。暑くなりそう。 昨晩比較的遅くまで起きていたので眠い。午前中、甥っ子の勉強を見る。 昼食を食べて、さらに一時間ほど今度はおじいに見てもらうことになった。大変ですなあ。蝉時雨がすごい。こちらの鼓膜が破れそうなくらい。緑ではなくて透明なブル…

ギュンター・グラス『蟹の横歩き』

晴。NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第三番 BWV1005 で、ヴァイオリンはヤッコ・クーシスト(NML、CD)。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第九番 op.14-1 で、ピアノはスティーヴン・コヴァセヴィチ(NML、CD)。午前中、甥っ…

こともなし

曇。 へんな夢を見たし、何か全然ダメだな。午前中、甥っ子の勉強を見る。いつも終わると「フゥー」って感じ。よく頑張っているよ。何か自分、ズレているというか。感覚がおかしい。昼寝というか、夕方寝。 NML で音楽を聴く。■モーツァルトのフルート協奏曲…

こともなし

日曜日。曇。NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第一番 BWV1002 で、ヴァイオリンはヤッコ・クーシスト(NML、CD)。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第十五番 K.421 で、演奏はモザイク・クァルテット(NML、CD)。 晴。車外は…

吉本隆明『改訂新版 共同幻想論』

雨。台風接近。NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第二番 BWV1003 で、ヴァイオリンはヤッコ・クーシスト(NML、CD)。午前中はごろごろしていた。■ブラームスの交響曲第二番 op.73 で、指揮はピエール・モントゥー、ロンドン交響…

こともなし

曇。早起き。 昨晩は思うところあって、輾転反側してなかなか寝付けなかった。といっても十二時くらいには寝たのだけれどね。あらためて、むずかしい時代に生きているのだなあと思う。NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第一番 BW…

妹のところへ

晴。暑くなりそう。「だからさあ、『人間の変容』とか、大袈裟なんだって。お前が時代遅れなだけだよ。」NML で音楽を聴く。■バッハのフランス組曲第二番 BWV813 で、ピアノはシェン・ユエン(NML、MP3 DL)。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第十四番 op.…

こともなし

晴。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第二番 BWV826 で、ピアノはクラウディオ・アラウ(NML)。Bach J.S: Works for Pianoアーティスト: Claudio Arrau,J.S. Bach出版社/メーカー: Polygram Int'l発売日: 2006/06/27メディア: CDこの商品を含むブロ…

こともなし

日曜日。曇。NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第三番 op.2-3 で、ピアノはスティーヴン・コヴァセヴィチ(NML、CD)。■バッハのフランス組曲第二番 BWV813 で、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル(NML、CD)。昼寝。珈琲工房ひぐち北一色…

こともなし

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのソナタ ニ短調 BWV964 で、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル(NML、CD)。編曲はバッハ自身によるものなのだろうな。かなりシンプルなトランスクリプションだが。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第十三番 op.138 で、演…

こともなし

深夜起床。昨日から安藤礼二の『大拙』を読んでいるが、つまらなすぎて挫折。というか、頭のよくない自分にはむずかしすぎるのですな。青空を見たことのない人間が、膨大な文献と鋭い知性をもって「青空の本質」を理解しようとしているのが本書である。こう…

こともなし

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのソナタ ハ長調 BWV966 で、ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル(NML、CD)。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第二番 op.2-2 で、ピアノはスティーヴン・コヴァセヴィチ(NML、CD)。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第十二…

土井隆義『「宿命」を生きる若者たち』

曇。 昨晩は澁澤龍彦を読んで寝た。午前中はぼーっとして二度寝してまたぼーっとしておしまい。山形さんが「ノマド」の現実的知見を我々に届けてくれたわけだが、そうするとモンゴル帝国がアジア全域を席巻した「戦争機械」だったというのも誤りなのだろうか…

『エリアーデ著作集第十三巻 宗教学と芸術』 / 『吉本隆明全集 16 1977-1979』

休日(海の日)。曇。 昨晩は吉本隆明全集を読んで寝た。シーモヌ・ヴェイユに関する小文(おそらく講演が元になっているのだろう)に感銘を受けた。吉本さんはのちに『甦るヴェイユ』という著作をまとめておられるが、もう中身は覚えていないので読み直して…