理系

太田博樹『遺伝人類学入門』 / 青山透子『日航123便 墜落の新事実』

晴。 よく寝た。ちょっと脳が疲れているな。おもしろい夢は見たのだが。NML で音楽を聴く。昨日ほどではないけれど、まだサイトに繋がりにくい。■ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第二十五番 op.79 で、ピアノは園田高弘(NML、CD)。#太田博樹『遺伝人類学…

須賀敦子詩集『主よ 一羽の鳩のために』 / 『クァジーモド全詩集』

曇。 変な時間に寝たので、遅く起きる。朝から戦闘機の爆音やら何やらでうるさいなかで寝ていた。NML で音楽を聴く。■ハイドンのピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI:42、ファンタジア(カプリッチョ) Hob.XVII:4、アダージョ Hob.XVII:9 で、ピアノはアルフレッ…

ブライアン・コックス&ジェフ・フォーショー『量子 クオンタムユニバース』 / アントニオ・タブッキ『島とクジラと女をめぐる断片』

雨。 ベートーヴェンの交響曲第一番 op.21 で、指揮は小澤征爾、サイトウ・キネン・オーケストラ。ホントに美しくも楽しくもない。ただただマジメ。ふつうだったらこういうのはイデオロギー的に(?)ダメなのだが、小澤征爾のファンになってしまったのでも…

D.L.グッドスティーン&J.R.グッドスティーン『ファインマンの特別講義』

曇。 また午前3時くらいまで起きていて、昼ちかくに起きるという。あかんね。プログラミングがおもしろすぎるのがいけない。 Ruby で関数型プログラミング(!)という謎の行為がおもしろすぎる。お勉強中。Lisp は楽しいのだが、残念なことに可読性だけがな…

徹夜+センター試験の数学を解く

晴。 昨晩はアホなことをしていて徹夜、昼から夕方まで寝る(不健康だなあ)。夕方起きてからは、昨日のセンター試験の数学をずっと解いていて、夕御飯を食してからはアルコールが入って少し面倒になったが、先ほどまあ何とか解き終えました。ただし、統計は…

『圏論の歩き方』

晴。秋の好天。昼から米屋。餃子の王将。スーパー。ぼーっとするために生きている感じ。のべつまくなしにぼーっとしております。で、寝ると。このまま白痴化するのではないか。老害化するわたくし。#図書館から借りてきた、『圏論の歩き方』にざっと目を通…

岐阜県博物館の特別展「壬申の乱の時代」を見る / 三中信宏&杉山久仁彦『系統樹曼荼羅』

休日(体育の日)。晴。昼から岐阜県博物館へ行ってきました。特別展「壬申の乱の時代-美濃国・飛驒国の誕生に迫る」というのを見てきたわけである。国宝の木簡出土品の展示が今日までなので。岐阜県博物館は関市の「百年公園」という県の森林公園の中にあ…

Swift 三昧

晴。昨日 Swift で作ったプログラムを見返す。結構直すところがある。よくわからないので、ぐぐってばかり。でも前から思っていたとおり、Swift はなかなかいい言語だ。僕はコードの見た目が気になるタイプだと思うのだけれど、Swift の見かけは結構いい。極…

山本夏彦『寄せては返す波の音』

日曜日。晴。 すっきりと目が覚めた。いい気分。 モーツァルトのピアノ・ソナタ第十五番 K.533/494 で、ピアノはエミール・ギレリス。ギレリスはもともとあり余る技術の持ち主だが、ここではそれをまったく感じさせないゆっくりとしたテンポでじっくり弾いて…

数学漬けだった半日

曇。 核戦争になる夢を見た。 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第二番 op.18-2 で、演奏はパーカーQ。 メンデルスゾーンの弦楽八重奏曲変ホ長調 op.20。 リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」op.30 で、指揮はジュゼッペ・シノーポリ。1…

志賀浩二『線形という構造へ』

雨のち曇。また雨。 バッハのブランデンブルク協奏曲第六番 BWV1051 で、演奏はフライブルク・バロック管弦楽団。これで FBO のブランデンブルク協奏曲をすべて聴き終えた。いまの標準的な演奏だと思う。クオリティは高い。#細野晴臣の『HOSONO HOUSE』を聴…

黒川信重『ラマヌジャン探検』

日曜日。曇。 脳みそがリセットされてバカになったな。 モーツァルトのピアノ協奏曲第五番 K.175 で、ピアノはマルコム・フレイジャー、指揮はマルク・アンドレーエ。フレイジャーというピアニストはよく知らないが、早世されたのだな。 ベートーヴェンの交…