理系

志賀浩二『線形という構造へ』

雨のち曇。また雨。 バッハのブランデンブルク協奏曲第六番 BWV1051 で、演奏はフライブルク・バロック管弦楽団。これで FBO のブランデンブルク協奏曲をすべて聴き終えた。いまの標準的な演奏だと思う。クオリティは高い。#細野晴臣の『HOSONO HOUSE』を聴…

黒川信重『ラマヌジャン探検』

日曜日。曇。 脳みそがリセットされてバカになったな。 モーツァルトのピアノ協奏曲第五番 K.175 で、ピアノはマルコム・フレイジャー、指揮はマルク・アンドレーエ。フレイジャーというピアニストはよく知らないが、早世されたのだな。 ベートーヴェンの交…