こともなし

曇。午前中は部屋に大工さんが入った。それもあって、一日中 AOJ をやっていた(0207-0211)。AOJ はひさしぶり。このあたりだとむずかしくなってきて、何とかそこそこ自力で解けているが、わからないのはぐぐる。 AOJ(問題集)21 - Marginalia AOJ(問題集…

こともなし

日曜日。晴。昼から窓拭き。 市民公園の駐車場に車を停めておいて散歩。名鉄六軒駅まで歩いて、電車で戻ってきた。 市民公園ではスマホの画面を覗きながら歩いたり立ち止まったりしている人たちがいた。たぶん、ポケモンGO。移動して潰すと元の領域に接続す…

武満浅香『作曲家・武満徹との日々を語る』

曇。NML で音楽を聴く。■ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第三番 op.18-3 で、演奏はミロ・クァルテット(NML、CD)。よい。■ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第六番 op.30-1 で、ヴァイオリンはロレンツォ・ガット、ピアノはジュリアン・リベール(NML、C…

『ブレイク詩集』

曇。昼から県営プール。水温が低めだったので多少寒かった。泳いでいる人もわたし以外ひとり。NML で音楽を聴く。■ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲第一番 op.49 で、演奏はルビオ四重奏団(NML)。Quintessence Shostakovich: Complete String Quartets発…

瀧口範子『にほんの建築家 伊東豊雄・観察記』

昧爽起床。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第四番 BWV828 で、チェンバロは辰巳美納子(NML、CD)。よい。■バッハの半音階的幻想曲とフーガ BWV903 で、チェンバロは辰巳美納子(NML)。すばらしい。J. S. バッハ:半音階的幻想曲とフーガ/イタリア…

こともなし

晴。NML で音楽を聴く。■バッハの「トッカータ、アダージョとフーガ」 BWV564、前奏曲とフーガ BWV535、「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」 BWV659、パッサカリアとフーガ BWV582 で、オルガンはヴァンサン・ブーシェ(NML、CD)。圧倒的だな。■モーツァルト…

ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』 / 安藤礼二『吉本隆明』

晴。 よく寝た。NML で音楽を聴く。■バッハのフランス組曲第二番 BWV813 で、ピアノはアレクサンドラ・パパステファノウ(NML、CD)。よい。■スカルラッティのソナタ K.56, K.57, K.58, K.59, K.60 で、チェンバロはスコット・ロス(NML)。スコット・ロスの…

こともなし

昧爽起床。雨。NML で音楽を聴く。■バッハのフランス組曲第一番 BWV812 で、ピアノはアレクサンドラ・パパステファノウ(NML)。かなり崩した演奏だし、装飾音も多めに付いているけれど、よい演奏だ。何だかしみじみするところがある。ピアニストはギリシア…

こともなし

日曜日。早起き。晴。 まだ頭に物理が残っている。NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第二番 BWV1004 で、ヴァイオリンはジェラール・プーレ(NML、CD)。■ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第二番 op.18-2 で、演奏はミロ・ク…

安永祖堂『坦翁禅話』

晴。 昨晩は安永祖堂老師の『坦翁禅話』を読んで寝た。坦翁禅話作者: 安永祖堂出版社/メーカー: 公益財団法人禅文化研究所発売日: 2019/03/02メディア: 単行本この商品を含むブログを見る NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティー…

檜垣立哉『ドゥルーズ 解けない問いを生きる』

昧爽起床。NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第三番 BWV1005 で、ヴァイオリンはジェラール・プーレ(NML、CD)。■モーツァルトの弦楽五重奏曲第五番 K.593 で、演奏はリンゼイ四重奏団、ヴィオラはルイーズ・ウィリアムズ(NML…

ミシェル・ウエルベック『セロトニン』

早起き。曇。NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第二番 BWV1003 で、ヴァイオリンはジェラール・プーレ(NML、CD)。■ハイドンの弦楽四重奏曲第六十七番 Hob.III:82 で、演奏はハンソン四重奏団(NML、CD)。 大垣。 ミスタードー…

現代詩文庫『続・白石かずこ詩集』

曇。NML で音楽を聴く。■バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第一番 BWV1002 で、ヴァイオリンはジェラール・プーレ(NML、CD)。■バッハのパルティータ第六番 BWV830 で、チェンバロは辰巳美納子(NML、CD)。よい。広い射程。■スメタナのピア…

こともなし

晴。昨日読んだ pha さんの本からは、思い出すことがいろいろとある。例えば、優秀なサラリーマンとしてバリバリ働いてお金をたくさん稼いでいるのはよいが、使い方がわからず、それを元手に FX 投資をしている知人の話。それでお金がさらに増えればよいけれ…

池内紀『闘う文豪とナチス・ドイツ』 / pha 『持たない幸福論』

曇。池内紀『闘う文豪とナチス・ドイツ』読了。わたしが仮にナチス政権下のドイツに住んでいたとして、いまでは「絶対悪」とされるナチスに反抗できたか、それは実際に生きてみないとわからない。軍国主義下の日本においてでも同じことである。わたしは、か…

こともなし

日曜日。曇。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第一番 BWV825 で、チェンバロは辰巳美納子(NML、CD)。よい。甥っ子の勉強を見る。

こともなし

祝日(勤労感謝の日)。晴。非合理的な領域にも、正しい正しくないはあると思う。それは論理ではなく、直感で判断せざるを得ないが。しかし、その領域のほとんどは探求によってのちに論理化可能な筈であるとも思う。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ…

大岡昇平『成城だより II』

曇。NML で音楽を聴く。■バッハのパルティータ第二番 BWV826 で、チェンバロは辰巳美納子(NML、CD)。揺るぎないよい演奏。大きな射程。■ハイドンの弦楽四重奏曲第二十三番 Hob.III:35 で、演奏はハンソン四重奏団(NML、CD)。よい曲。ハイドンの曲でフー…

こともなし

晴。 幸福な夢を見ていた。せめて夢だけでも幸福だといい。メジロが番いでチクチクチクチク鳴いている。柿の木にいる。NML で音楽を聴く。■モーツァルトのフルートとハープのための協奏曲 K.299 で、フルートはジャン=ピエール・ランパル、ハープはリリー・…

名古屋市博物館へ

晴。好天。 十一時間くらい寝る。ある女の子の夢を延々と見ていた。それにしても寝過ぎ。家族で名古屋市博物館へ、下の甥っ子の習字を見に行く。まあ何かで入賞したので、オジイオバアが見に行くみたいな会だ。ついでに、当所で開かれていた「発掘された日本…

こともなし

曇。 知らない学校(高校?)の夢を見た。NML で音楽を聴く。■モーツァルトのクラリネット協奏曲 K.622 で、クラリネットはジャック・ランスロ、ジャン=フランソワ・パイヤール指揮、パイヤール室内管弦楽団(NML)。モーツアルト:フルートとハープのための…

こともなし

晴。NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第三番 K.156 で、演奏はフェシュテティーチ四重奏団(NML、CD)。 昼から雨。 ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。エンゼルクリーム+ブレンドコーヒー407円。ウエルベック(表記は「ウェルベ…

大岡昇平『成城だより 付・作家の日記』 / 本田靖春『誘拐』

日曜日。昧爽起床。NML で音楽を聴く。■モーツァルトのミサ曲ハ長調「戴冠式ミサ」 K.317 で、指揮はスティーヴン・クレオバリー、ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団、イギリス室内管弦楽団(NML)。Massesアーティスト: Cambridge King's College Cho…

町田康『記憶の盆をどり』

晴。午前中、甥っ子の勉強を見る。数学は学校でよくわかるようになったようで、喜んでいた。テストで点が取れて、自信がつくとよいのだけれどな。#昼から夕方までごろごろ。図書館から借りてきた、町田康『記憶の盆をどり』読了。すごくおもしろかった。文…

こともなし

晴。このブログのサイドバーにある猫スライドショーの設定をいろいろ弄る。画像を追加したり、クリックするとブラウザの別タブで開くようにした。どうでもいいですね(笑)。昼からもずっと PC で遊んでいた。ひさしぶりに Ruby プログラミングもしたし。町…

こともなし

朝、雨。昼から晴時々曇。 ミスタードーナツ イオンモール各務原ショップ。ポン・デ・シュガーボール+エンゼルクリームボール+ブレンドコーヒー351円。町田康の『記憶の盆をどり』を読む。短篇集。すごくおもしろい。僕は既に町田康に爆笑を求めていないの…

こともなし

晴。NML で音楽を聴く。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第二十三番 K.590 で、演奏はフェシュテティーチ四重奏団(NML、CD)。■ハチャトゥリアンのピアノ・ソナタで、ピアノはイヤード・スギャエル(NML)。 午前中ごろごろ。■モーツァルトの弦楽四重奏曲第一番…

こともなし

晴。早起き。NML で音楽を聴く。■ハイドンの弦楽四重奏曲第二十九番 Hob.III:41 で、演奏はハンソン四重奏団(NML、CD)。■スカルラッティのソナタ K.215, K.133, K.259, K.43, K.460 で、ピアノはジョン・マッケイブ(NML、CD)。■シューマンの弦楽四重奏曲…

片山杜秀『音楽放浪記 世界之巻』

曇。 昨晩は岡潔を読んで寝た。感銘を受けた。「情緒」という言葉を独特に使っておられる。わたしには岡潔というと何といっても小林秀雄との対談なわけだが、『春宵十話』以降たくさんエッセイをお書きになったのだな。学生のとき古本屋で『春宵十話』を見つ…

玄侑宗久『荘子と遊ぶ』

日曜日。晴。 昨晩は玄侑さんを読んで寝た。NML で音楽を聴く。■バッハのトッカータハ短調 BWV911、イギリス組曲第三番 BWV808、カプリッチョ変ロ長調「最愛の兄の旅立ちに」 BWV992、他で、ピアノはフリードリヒ・グルダ(NML、CD)。■ハイドンの弦楽四重奏…